どうも、ハクです。

今回はWordpressで記事を書いてく方法を解説します。

レンタルサーバーを借りて、独自ドメインを取得し、Wordpressを導入したのであれば、どんどん記事を書いていかなければ勿体ないですからね。

記事を書く上で知っておいた方が良いこと、導入しておいた方が良いプラグインを紹介していきます。

 

記事を書く前に、まずは

導入しておくべき「TinyMCE Advanced」というプラグイン

を紹介します。

導入する手順に関してはコチラの記事を参考にして下さい。

 

「TinyMCE Advanced」は記事を作成する際に装飾するボタンを自由にカスタマイズ出来るプラグインです。

例えば赤い文字にしたり、太い文字にしたり、背景の色を変えたり、

  • 言いたいことを
  • リストにして
  • 伝えることも出来る

プラグインです。

 

僕が設定している装飾ボタンはこんな感じです。

 

 

それぞれのボタンが役割を持っており、適宜装飾をすることによって読者の方が読みやすい記事構成をするように心がけています。

「TinyMCE Advanced」の設定ページを見てみると分かりますが非常に多くの装飾ボタンが存在します。

しかし、実際使用するのはかなり限られたもので・・・僕が良く使用するのは以下のボタンです。

 

ボタン 名前 用途
中央寄せ 文字を中央寄せにする。何か強調したい部分がある時などに使用しています。
太字 文字を太字にする。文章に強弱を付けるのに使用しています。
リスト 箇条書きのリストを作成する。要点を整理したい時に使用しています。
段落 見出しを設定する。文章の構成を分かりやすくするために使用しています。
フォントサイズ 文字の大きさを変更する。文章に強弱を付けるのに使用しています。
番号リスト 番号がついた箇条書きリストを作成する。要点を整理したい時に使用しています。
色つけ 文章に色を付ける。文章の中で強調したい時に使用する。
下線 文章に下線を付ける。文章の中で強調したい時に使用する。

 

 

文章の色

あんまり装飾が過剰になってしまうと逆に読みにくい文章になってしまいます。

このうにいろんな装飾された文章ってみにくいでしょう?

↑この場合は1文にのみいろんな色を使用していますが、記事全体を通しても同じこと。

 

そのため、装飾する色は1記事に付き3つ以内に限定した方が良いです。

デフォルトの色の「黒」強調したい場合に使用する「赤」対立した意見を説明したりする場合に色を分けた方が情報が伝わりやすいと感じた場合に使用する「青」、など必要以上に色とりどりにしないように気をつけてください。

 

下線や太字なども同様で、あまり乱発しすぎるとマジで何を言いたいのか分からなくなるので注意が必要です。

 

 

見出し

「見出し」に関しては↑この「見出し」のように記事の構成を読者に理解させやすくするために利用します。

現在、この記事において『導入しておくべき「TinyMCE Advanced」というプラグイン』という大きな見出しの中に「文章の色」「見出し」という1段階小さな見出しを設定しています。

 

 

 

つまりこんな感じですね。

大きな箱の中にいくつかの箱があるイメージ。

 

 

見出しのタグは「段落」をクリックすると「見出し1」から「見出し6」まで選択が出来ます。

 

 

賢威のテーマを利用している場合は、タイトルが「見出し1」に設定されていますので、記事中の見出しは「2」から始めた方が良いです。

 

そのため、僕は

『導入しておくべき「TinyMCE Advanced」というプラグイン』 → 見出し2

「文章の色」「見出し」 → 見出し3

で構成しています。

 

このあたりは使用するテーマによって変わるんですよ。

ちょっと初心者ならば難しい話になるのですが・・・賢威のテーマを使用しているならば僕と同じで大丈夫です。

違うテーマを使用している場合は「テーマ名 見出し」で検索をかけると最適な見出し設定を紹介している記事が出てくると思います。

ココをめちゃくちゃに設定してしまうと、Googleからの評価に影響が出ますので、あなたが使用しているテーマとそのテーマに最適な見出し設定は把握しておいた方が絶対に良いです。

分からなければ僕に聞いて下さい。

ハクへの問い合わせはコチラ

 

 

中央寄せ

中央寄せはあまり使うとこがないと思いますが、僕はこのように見出しには設定したくは無いけど記事を整理するためのポイントとして利用しています。

 

 

見出しに設定すると、Googleがその言葉を優先的に読み込みます。

見出し内の言葉を拾って検索エンジンに表示させたりすることがあるんですよ。

そのため、アフィリエイター歴が長くなってくると無闇矢鱈に見出しを設定せずに、見出しタグを使用する言葉は吟味して選んでいます。

 

ただ、それを気にして記事を書けないくらいなら、気にせず深く考えないで読みやすさを優先して見出しを設定した方が絶対良いです。

そこまで深く考える必要も無いので、初心者であれば気にとめないでガンガン記事を書いていって下さい。

このあたりは結局経験を積まないと理解しずらい部分ですしね・・・(^_^;)

 

また、先ほど示した「中央寄せ」の文字のフォントサイズが大きくなっていることにお気づきでしたか?

文字の大きさも無闇に変えない方が良いですが、大きいとやはり目がいきますから、効果的に強調したい部分に装飾を施して下さい。

 

 

リスト

リストは要点を整理する際に重宝しますし、リストタグを使用することでGoogleからの評価も高くなる傾向があります。

賢威のテーマを使用していると、

  • このような
  • チェックが付いたリストなども
  • 簡単に作成が可能です。

 

リストはどんどん積極的に使用した方が良いです。

まあ、あんまりあり過ぎても見づらいですが・・・。汗

リストがあるとパッと目がとまりますよね。

「あ、ここが要点か」と思う読者が多いと思います。

 

読者の目がとまる部分ってのは重要です。

記事をその先読み進めてもらえるどうかがソコで決まりますから。

だからこそ、読者が望んでいそうな情報をリストとしてまとめて伝えることで、記事を読み進めてくれる読者がグッと増えます。

 

このように「TinyMCE Advanced」というプラグインを利用して見やすい記事を作成しましょう。

ここまででいくつか例を紹介しましたが、正直僕がやっている方法が正解とか無いですから。

あなたがいち読者としての立場で読みやすければそれが正解だと思って下さい。

 

 

では、ここからは

WordPressで記事を作成する手順

を解説していきます。

 

WordPressで記事を作成するには、Wordpressのダッシュボードにある左のバーの「投稿」にマウスのポイントを合わせると表示される「新規追加」をクリックします。

 

 

テキストエディタとビジュアルエディタ

まずWordpressで記事を作成する上で知っておかなければいけない事は「テキストエディタ」と「ビジュアルエディタ」があることです。

「テキストエディタ」ではこんな感じにコードがむき出しで見えています。

 

 

↑この部分と全く同じ箇所を「ビジュアルエディタ」で開くとこうなります。

 

 

この違い、分かるでしょうか。

「テキストエディタ」ではコードで書かれるのですが、「ビジュアルエディタ」ではそのコードが実際にブログ上で表示されるように見ることが出来るんです。

僕はいつも「テキストエディタ」で文章を書いて、最後の装飾をする際に「ビジュアルエディタ」で記事を編集します。

 

おそらく個人的な好みがあると思います。

自分のやりやすいように記事を編集していく方法を模索するのが大切です。

※ちなみに僕はWordpress上で文章を書くとネットの回線によって書いた文章が全て水の泡になってしまう事もあるので、Crescent Eveというメモ帳のようなソフトで文章だけを書いて、それをコピペして「ビジュアルエディタ」で編集することが多いです。

 

もしも、Wordpress上で文章の作成をした方がいい人はこまめに「下書きとして保存」をクリックすることをお勧めします。

 

 

WordPressは優秀なので、自動で記事の保存もしてくれるのですが、それでも僕は過去に2回ほど長文が消えています。笑

ネット回線が絶妙に不具合で、自動の保存が機能せず、その上で「下書きとして保存」や「公開」ボタンを押してしまったがために、書きためた文章が一切無い状態で記事が保存されてしまったという・・・。

まあ、結構な奇跡的な偶然で無ければ起こらない状態ではあるのですが、僕の友人もこれで文章が消えちゃった経験をしていますので、対策をするに越したことは無いと思います。

 

先ほど紹介した「TinyMCE Advanced」によって導入した装飾ボタンは、基本的に挿入したい文章の部分をドラッグして装飾のボタンを押せば挿入可能です。

このあたりは記事で説明するよりも感覚として覚えていった方が良いので、どんどん実験的にやってみることをお勧めします。

 

 

記事とタイトル

当たり前に感じるかもしれませんが、タイトルと本文を入力するのは以下の画像の赤枠です。

 

 

基本的にこの2つの部分を埋めさえすれば記事の体裁は成り立ちます。

 

タイトルに関しては基本的に30字プラスマイナス2文字を意識して下さい。

つまり28文字~32文字

なぜなら、検索エンジン上に表示される文字数がそのくらいの文字数だからです。

 

 

必要最低限の文字数で完結にその記事の内容に関して現わしているタイトルを付けた方がGoogleからの評価は高くなる傾向があります。

 

タイトルは検索エンジン上で表示される上でめちゃくちゃ重要です。

例えば、上記の画像の赤線が付いたタイトルならば「マクドナルド」「クーポン」「印刷」「ファミレス」などのキーワードを盛り込んでいます。

そのため、「マクドナルド クーポン」で検索をした場合や、「マクドナルド クーポン 印刷」などで検索をした場合にヒットする可能性が高いです。

タイトルを付ける際には、その記事はどんな検索をかける人に必要なのかを考えて付けていきます。

 

本文に関しては正直何文字でも良いのですが、僕が意識しているのは6000文字

6000文字っていうとかなりビビってしまうと思いますので、初心者であればまずは2000字程度を意識して書いてみて下さい。

僕も最初は2000字を目標に記事を作成していたのですが、気がつけば6000字が1つの指標になるように・・・。笑

 

なぜ6000字かというと、読者が飽きずに読める範囲内であり、なおかつ十分な情報を供給できるからです。

文字数は多い方がGoogleに評価がされやすいです。

それに、1つの記事の読み応えを考えると・・・やっぱり2000字じゃ足りなくなるんですよね。

芸能ニュースとかサクッと読みたい記事ならば良いのですが、しっかりと分かりやすく情報を伝えていくとどうしても長くなってしまいます。

そして本当に情報を必要としている人に取っては読み応えのある記事の方が有り難い訳です。

 

その丁度良いさじ加減が僕個人としては6000字が目安かなと思っています。

ただ、どうしても長くなり・・・結果的に2万字を超えるような大作が出来上がってしまう場合もあります。笑

その記事を構成している文章に無駄がないならばそれでも良いと思います。

ただ、無駄ばかりがあって長くなってしまっているならばどんどん削って読みやすい記事にすべきですね。

 

このあたりは経験なので、とにかくどんどん書いていくことが良いと思いますよ!

難しいことを考えると手が止まってしまいますしね。

 

僕のブログでは文章の書き方についての情報量も多いので、経験を積みながら活用していって下さい。

 

 

画像の挿入手順

画像の挿入は、「メディアを追加」をクリックして

 

 

「ファイルをアップロード」をクリックして、「ファイルを選択」をクリックします。

 

 

挿入したい画像を選択して、「開く」をクリック。

 

 

「メディアライブラリ」に画像が追加され、チェックが入っているのでそのまま「投稿に挿入」をクリック。

 

 

これで画像の挿入が出来るようになります。

 

 

改行

初心者でも出来る簡単な読みやすい記事構成として覚えておいて欲しいのが「改行」です。

 

例えばこのように一切の改行をせずにだらだらと文章を書き綴っていったらどう感じますか?どこで文章を区切って良いのかわかりにくくて、結局何を言いたいのか分かりづらくなってしまわないでしょうか。これこそ改行の力な訳です。いくつもの文章がこのように改行無しで繋がってしまうとどんなに素晴らしい情報を届けていたところで読み手は離れていってしまいます。

 

だから、1つの文章が終わったら改行する。

つまり「。」で改行するってことです。

これを意識しましょう。

 

でも、1つの文でもの凄く長くなる場合は、

このように「、」で改行をして余白を作っていくことも重要です。

まあ、つまりは読みやすけりゃ何でもいいってことです。笑

 

僕の記事を見てもらえれば分かると思いますが、一定の間隔で間が↑このように空いていますよね?

これは「ビジュアルエディタ」で1行文改行すると空く間隔です。

適度にこのような余白を作って上げると読み手はとても読みやすくなりますので、有効的に使用して下さい。

僕の場合は3~4つの文を書いたら、ビジュアルエディタで1行文改行するように意識しています。

 

ただ、文章には情報が宿っていますから、余白を作る事で内容が伝わりづらくならないようには心がけています。

その場合は大きな余白を作らずに5つや6つの文を書くこともあります。

 

ちなみにビジュアルエディタで改行をする場合に「Shift + Enter」を押すとテキストエディタで改行をするような細かい改行が可能です。

場合に応じて使い分けるようにしましょう。

 

 

タイトルを設定し、本文を入力したら、記事のURLを英語に編集し、「公開」ボタンをクリックします。

 

 

URLを英数字にするのは、単純に短くなるからです。

日本語のURLだと、表記は日本語なんですが実際にそれを形作っているのは長い英数字です。

URLが長いよりは短い方がGoogleへの印象が良い・・・らしいです。笑

 

そのため、記事URLは必ず編集するようにして英数字・・・出来れば記事と関係のある英単語とかにしましょう。

 

全ての情報の入力が終了したら、「公開」ボタンをクリックすれば、もはやその記事は全世界に公開される情報となります。

アフィリエイターの第1歩ですね。

 

 

まとめ

今回はWordpressで記事を作成する手順を解説しました。

読者が読みやすい記事を作成する上で重要となる「装飾」の部分を最初に解説しました。

装飾は「TinyMCE Advanced」というプラグインを導入して、装飾ボタンをカスタマイズ出来るようにして作業の効率化を図りましょう。

 

装飾は読み手が読みやすくなるメリットがありますが、やり過ぎると返って読みにくくなってしまうので十分に注意して下さいね。

 

WordPressで実際に記事を書いていく手順は以上の情報を踏んでいけば可能だと思いますが、もしもどうすれば良いのか分からない部分が出てきたら僕に聞いて下さいね。^^

もっと文章をよくしたいなどの質問、メールも大歓迎です。

ハクへの問い合わせはコチラ

 

 


 
今ではこうして色んな方に感謝されながらネットビジネスを教えていますが、ココまでくるのにはもの凄く遠回りをしてきました。 
 
その振り幅の広い経験値から、あなたに「稼ぐためにはコレをすべき」とどうしてもお伝えしたい事がありまして・・・ 
今回は僕のメルマガに登録をして頂いた方に無料プレゼントという形でお届けすることにしました。 
 
  • ネットビジネスを実践してもなかなか稼げない・・・という人
  • 初めて取り組むから何から初めてら良いのか分からない・・・という人
には、是非とも受け取って欲しいプレゼントをご用意しています。   
 
僕がうまくいかなかった時期から、どのようにして成功することができたのか。 
ここまで読んでくれたあなたにこっそり教えます。 
 
さらに、シークレット特典もご用意しています・・・詳細はこちらをお読み下さい。