どうも、ハクです。

いやあ、副業時代ですね。笑

もはや企業に依存するような生き方では安心を得られず、自分の未来は自分で切り開くしか方法がない時代になってきました。

 

それに、企業に一生を捧げるような生き方をしていると、企業に身を滅ぼされ自分の将来が不安すぎて精神的に崩壊していく人がたくさんいます。

国もすっかり信頼を失い、今では中国に経済で負けるのが当たり前になってしまいました。

 

そこで日本人が目を付けているのが「副業」。

 

自分の未来は自分で切り開き、自分でお金を稼ぐ方法を身につけたいと思っている人が多いんですね。

そこで、アフィリエイトはめちゃくちゃ人気の副業。

 

その理由は・・・

  1. パソコンとインターネット回線があれば取り組める
  2. 在庫無しで取り組める
  3. 自分の作業進度に合わせて取り組める
  4. やろうと思えば無料で取り組める

という4つの理由が上げられます。

 

しかし、同時にアフィリエイトは挫折をする人が多い副業としても有名です。

挫折者が多い理由としては、無料で手軽に始められるが故に簡単に取り組もうとする人が多いからというのが最大の理由として考えられます。

今回は、アフィリエイトの中でも僕がこのブログで推奨している「情報商材アフィリエイト」について、挫折をしないために理解すべき事を解説していきます。

 

情報商材アフィリエイトで挫折をしないために

 

「挫折」・・・それは何かをやろうとしたときに途中で辞めてしまうことです。

辞めた理由が「トコトンまでやって自分に合っていないと理解した」という納得した上でのものでしたら良いのですが、

やろうと思ったけど何となく辞めてしまった場合は挫折感が強く植え付けられ、負けたような感覚になりますよね。

 

僕の持論として「挫折」には慣れない方が良いです。

 

なぜなら、「負け」に慣れると何をやっても負けて良い負けるのが当たり前という感覚に陥り、一生懸命取り組まなくなるから。

それに負けるのが当たり前だと何もチャレンジしなくなってしまい、本当につまらない人生を送ることになってしまいます。

人生に彩りを持たせるためにも、絶対に「挫折」「負け」には慣れてはいけません。

 

では、なぜアフィリエイトで挫折をする人が多いのか・・・。

その理由としては「よく知らなかったから」という理由が大きな割合を占めると思います。

 

アフィリエイトで挫折者が多いのもまさにその理由が当てはまります。

無料で始められて月収10万円?!とテンションが上がり、その勢いのままアフィリエイトに参入すると・・・

その地味で辛い作業に打ちのめされてしまうわけ。笑

 

だからこそ、情報商材アフィリエイトを実践して挫折をしないために。

  • 初心者 → 情報商材アフィリエイト
  • アドセンス → 情報商材アフィリエイト
  • 物販アフィリエイト → 情報商材アフィリエイト

という3つの情報商材アフィリエイトへの参入パターンに分けて、何を知っておくべきなのかを解説していきたいと思います。

 

初心者が情報商材アフィリエイトに参入した場合

 

初心者が情報商材アフィリエイトに参入した場合に考えられる挫折の理由は

  • 継続が出来ない
  • 情報商材について知識不足(ネタがない)

という事が上げられます。

 

継続が出来ない

初心者の場合はアフィリエイト自体あまりよく知らないため、アフィリエイトが地味で辛いビジネスだと言うことを知りません。

だから継続して作業することが出来ないんですよね。

って言ってもビジネスは何でも地味な作業が伴うため、そういう人は何をやってもお金を稼ぐことが出来ないんですけどね。(^_^;)

 

一点勘違いして欲しくないのは、アフィリエイトは正しい方法を継続していけば絶対に収益が積み重なるって事。

しかし、作業自体は地味。

地味な作業って一体どんな作業なの?という声が聞こえてきそうなので一通りの作業を解説してみましょう。

 

情報商材アフィリエイトをする場合、売っていく商品は情報商材です。

情報商材は悩みを解決する方法だとか、お金を稼ぐノウハウをPDFのファイルにまとめたデータのこと。

それを売っていくって事は、当然それを購入して読み込む必要があります。

 

購入した情報商材を読み込みどんなノウハウなのか、どんな人が購入するべきなのかを理解し、それを読者に紹介するためのページを作成します。

しかし、商品を売り込むだけのページだったら読者はいい気がしませんよね。

やたら売り込みばかりしてくるセールスマンって嫌じゃないですか。

 

そのため、情報商材を勧める記事だけではなくて読者が欲しそうな情報も提供するページを作成します。

あなたが勧めようとしている情報商材を買う人はどんな悩みを抱えているのか、どんな情報を欲しがっているのかを予測したり、実際に検索してみたりして情報を収集します。

特定の情報について1ページ1テーマで可能な限り6000字程度の文章を書いていきます。

 

それを毎日ひたすら続け、100記事以上を更新した・・・もしくはブログを開設してから3ヶ月経過したら徐々にアクセスが増え続けて成約が出来るようになっていきます。

しかし、ただ3ヶ月まっていても何も変わらないので、100記事に届かないとしてもただひたすら作業を続けて少しでもコンテンツを増やしていく必要があります。

そうしないとアクセスを受け入れる窓口が無いので、全然ブログが成長していきませんから。

 

情報商材を読み込む → 文章を書く

ひたすら情報収集する → 文章を書く

アフィリエイトと聞くと何だか怪しい印象を抱く人もいると思いますが、実際はこのような地道な作業の繰り返しです。

 

しかも、より売れるようにするためにはより魅力的なコンテンツを作り込んでいく必要があるので、

  • 文章スキルの向上
  • 画像編集

もコツコツと続けて行く必要があります。

 

このような裏側を知らずにアフィリエイトに飛び込むとその圧倒的な作業量に絶望し、辞めていく人が多くなってしまうわけ。

 

情報商材について知識不足(ネタがない)

情報商材アフィリエイトは、先ほども解説したように情報商材を売っているアフィリエイト。

情報商材にはダイエットの方法や、フラダンスの上達法、筋トレ方法などなど・・・いろんなものがありますが、その中でも僕が実践しているのがアフィリエイトの情報商材です。

つまりアフィリエイトのノウハウが書かれた情報商材。

 

その場合、アフィリエイトについて知識が無ければ「記事を書く」という作業を実践していくのが大変です。

もちろんフラダンスの上達法ならフラダンスについて。

ダイエットの方法ならダイエットについて知らなければ、文章を書いて読者に情報を提供していくのがなかなか大変。

 

まあ、そんな事言ったらアフィリエイトというのは文章をかいてブログを更新していくビジネスなので、何のアフィリエイトをやるにしても大変なんですが・・・。

だからこそ、ネタを仕入れるために本を読んだり、ネットサーフィンをして情報収集する必要が出てきます。

実際、それが出来れば知識が無くてもやっていくことは出来るんですが、いかんせん面倒になってしまい挫折をしてしまう人が続出してしまうんですね。

 

初心者が陥る挫折の大きな理由は以上の2つ。

「作業の地味さ」と「ネタがない」という事が継続を断念させ、挫折へと導いていきます。

 

ちなみに情報商材については購入しなくても読者に勧めていくことは可能ですが、僕個人の意見としては絶対に買うべき。

なぜだか読者に「買っていない」ことがバレちゃうんですよね。(^_^;)

だから初心者の方は費用も嵩むってことも知っておいた方が良いかもしれません。

 

アドセンスアフィリエイト実践者が情報商材アフィリエイトに参入した場合

 

さて、続いてはGoogleアドセンスを始め、「クリック型」の広告を利用したアフィリエイトを実践した人が、情報商材アフィリエイトに取り組み始めた場合に理解すべき点を解説します。

 

アクセスを集めれば良いという訳では無い

まず最初に理解しておくべき点は、アクセスを集めればどんどん情報商材が売れていくわけではないってこと。

クリック型の広告を利用していると、兎にも角にもアクセス集めに翻弄されますよね。

そのため、アクセスを集めるための手段や知識はどんどん積み重なっていきます。

 

しかし、情報商材アフィリエイトの場合は提供する情報が芸能関係などとは違い、そもそも検索の需要が少ないです。

だって、1日に「宮崎あおい」という言葉で検索をかける人と、「フラダンス」という言葉で検索をかける人の数を想像したら・・・検証するまでもなくその答えは分かりますよね。(^_^;)

だから、100記事200記事と記事を書いていっても「クリック型広告」を活用したブログのように爆発的なアクセスは集まりません。

 

ただ、少ないアクセスでも報酬を比較すると情報商材アフィリエイトの方が遥かに高い収益を獲得出来るようになりますが・・・

単純にアクセス数だけを比較するとめちゃめちゃ少なくなるのでモチベーションの維持が大変かもしれません。

 

購買意欲が高いキーワード選定が必要

また、読者を集めていくキーワード選定もかなり違います。

クリック型広告を利用したブログは、少しでも多くの人が検索をかけるであろうキーワードを選定していきますが・・・

情報商材アフィリエイトの場合は成約に結びつきやすいキーワードを選定していきます。

 

商材を紹介しない「情報提供の記事」については、検索の需要があるものを探しだしてキーワードを選定していくのでアドセンスを利用したブログ構築と基本的に変わらないのですが、

実際に商品を成約させていくキーワード選定についてはアクセスが来やすいというよりも、それを欲しがっている人とマッチングさせるようなキーワードの選定が必要になるんです。

 

この点も理解しておかないと、まじでアドセンスブログと同じやり方でブログを構築していくと全く成約が決まらないクソブログが出来上がってしまうので十分注意が必要です。

 

文章力が必要

アドセンスを利用したブログでも文章力があるに越したことはないのですが・・・

絶対に意識すべき点は「集客」ですよね。

文章力はほどほどに、アクセス集めに翻弄したはず。

 

しかし、情報商材アフィリエイトでは文章力がそれなりに必要になってきます。

なぜなら、そうしないと読者が読まないから。

読ませないと情報商材が成約することはありません。

 

そのため、あの手この手で読み進んでもらえるような文章を書けるように技術を向上していく必要があるんですよ。

キーワード選定もそうですが、文章の内容も本当に考えて行かないと全く成約出来ません。

アドセンスブログと同じ感覚で情報商材アフィリエイトに取り組むとえらいことになってしまいますのでご注意を。

 

 

以上3点。

アドセンスによるアフィリエイト実践者が情報商材アフィリエイトに参入した際に知っておくべき点。

アドセンスの場合、読者が興味を持ちそうな広告を自動で表示してくれるシステムです。

 

しかし、情報商材アフィリエイトの場合は自分で掲載した広告しか表示出来ません。

だから、「如何に興味がある人を集めるのか」、「如何に興味を持たせられるのか」が重要になってきますので、その点をよくよく理解しておきましょう。

 

物販アフィリエイト実践者が情報商材アフィリエイトに参入した場合

 

物販アフィリエイトも情報商材アフィリエイトも基本的には同じです。

僕は情報商材アフィリエイトに参入する前に物販アフィリエイトに取り組んでいました。

そこで月に40件の成約が出来るようになってきたのですが・・・その時に気付きました。

 

「あれ・・・報酬5万じゃん。」

 

僕のやっていたジャンル、売れていた商品の特性上40件売っても5万円の報酬にしかならなかったんですよ。笑

これじゃダメだと思って、単価の高い情報商材アフィリエイトに変更しました。

基本的に同じような戦略で成約件数を伸ばして一気に月収が爆上げしました。

 

あ、ちなみに今では物販アフィリエイトでも単価の良いものを公立に成約に繋げているため、そっちも収益の軸になってくれています。

 

そのため、情報商材アフィリエイトと物販アフィリエイトの実践方法自体はそこまで変わりが無いのですが、2点知って頂きたい点がありますのでご紹介します。

 

情報という形のないものを売る

まずは「情報」という形のないものを売るということですね。

 

読者は「モノ」では無くて「情報」に対しては

  • 何だか胡散臭い
  • 怪しい・・・
  • 詐欺的なニオイがする

と警戒心を強くする傾向があるためより売りづらくなってしまいます。

 

また、物販アフィリエイトの場合は企業自体も一生懸命宣伝しているので既に知っている人が多かったり、信頼度が高いです。

しかし、情報商材の場合は個人が販売しているモノが多いので、基本的に宣伝活動はおこなわれておらず、圧倒的に認知度は低いです。

 

だからこそ、しっかりアフィリエイターがその商材について説明して読者に十分の情報を提供する必要があるって事。

読者から信頼を得るということをより意識して取り組んでいくことが重要なので、文章力についてはもっと磨くべきだと思います。

 

特典作り

あとは特典作りですね。

基本的に物販アフィリエイトでは特典は付けないですよね。

僕は物販アフィリエイトでもある手法を使って購入者にはお得な情報を提供していますが、普通はそんな事はしません。

 

しかし、情報商材アフィリエイトは今や特典合戦になっています。笑

個人的にはあまりこの流れに同調はしたくありませんが・・・同調しないと売るのが難しくなっているので乗らざるを得ません。

やっぱり「無料」で魅力的なコンテンツが付いてくるとなると購入者は引きつけられます。

 

そのため、我こそは我こそは・・・と「より質の高い特典作り」に躍起になり、特典合戦が展開されています。

物販アフィリエイトから情報商材アフィリエイトに参入すると最初はこの特典作りが大変かもしれませんね。

どの程度の量と質を備えて特典を作れば良いのか分かりませんからね・・・。

 

しかし。

自分独自の色を出していくことが出来るので面白みもあります。

ただ、合う合わないなどもあると思います。

合わないと判断する人は情報商材アフィリエイトに取り組んでも挫折してしまう結果を招くと思うので参入は辞めておいた方がいいですね。

 

以上2点が物販アフィリエイトから情報商材アフィリエイトに参入した場合に理解しておいた方が良い点です。

 

 

今回は

  • 初心者 → 情報商材アフィリエイト
  • アドセンス → 情報商材アフィリエイト
  • 物販アフィリエイト → 情報商材アフィリエイト

の3種類に分けて情報商材アフィリエイトに参入した場合に理解しておかないと挫折をしてしまうだろうという部分について解説をしました。

 

情報商材アフィリエイトを実践して挫折をしないために参考にして頂けると幸いです。

 

この記事に関して何か分からないこと事があれば何でもメール下さい。

今の状況を相談して頂き、情報商材アフィリエイトに取り組んだ方が良いのか・・・などのメールでも大丈夫です。

基本的に48時間以内には返信をさせて頂きます。

ハクへの問い合わせはコチラ

 


 
今ではこうして色んな方に感謝されながらネットビジネスを教えていますが、ココまでくるのにはもの凄く遠回りをしてきました。 
 
その振り幅の広い経験値から、あなたに「稼ぐためにはコレをすべき」とどうしてもお伝えしたい事がありまして・・・ 
今回は僕のメルマガに登録をして頂いた方に無料プレゼントという形でお届けすることにしました。 
 
  • ネットビジネスを実践してもなかなか稼げない・・・という人
  • 初めて取り組むから何から初めてら良いのか分からない・・・という人
には、是非とも受け取って欲しいプレゼントをご用意しています。   
 
僕がうまくいかなかった時期から、どのようにして成功することができたのか。 
ここまで読んでくれたあなたにこっそり教えます。 
 
さらに、シークレット特典もご用意しています・・・詳細はこちらをお読み下さい。