どうも、ハクです。

今回は「ブログアフィリエイトで稼げない理由と具体的な改善ステップ」について解説をしていきます。

 

アフィリエイトはインターネットが爆発的に普及し、誰もが小型のパソコンと言えるスマートフォンを使用する時代になった昨今、ものすごく高い注目を集めるビジネスとなっています。

そのため、新規で参入する人が多くなっているようです。

 

しかし、その反面・・・思うように稼ぐ事が出来ないと言う悩みを抱えている人も多いのが事実。

 

僕は今あなたが見ているブログを運営し、余裕で生活ができる水準以上の稼ぎを出しているため、

ブログを運営して情報商材をアフィリエイトしても売れない・・・

物販アフィリエイトはどのようにしたら売れるようになるのか・・・

低アクセスでも売れるという情報を得たのに、全く売れる気配が無い・・・

という悩みのメールが届きます。

 

そのような悩みのメールを送っている方のブログを拝見したり、実践している方法を聞く限り、

僕の目から見て「稼げない理由」が共通して存在していますので、今回はその理由をまとめると共に

具体的にどうしていけば良いのかを解説します。

 

では、まずは悩みを抱えている人に見られる

アフィリエイトで稼げない共通の理由4つ

を説明していきますね。

 

アフィリエイトを舐めている

 

まず第1「アフィリエイトを舐めている」ってことです。

少々言葉がきついかもしれませんが、これが事実。

アフィリエイトは無料で始めようと思えば、無料で始める事が出来るビジネス。

 

必要なものはパソコンとインターネット回線だけですし、パソコンが無い人はスマホで実践している人もいるほどです。

ブログなどのメディアを無料で利用できるサービスもたくさんありますし、利用する広告は基本的に無料で掲載し放題。

無料で始められると言うことは、「ビジネス」という敷居が高そうなカテゴリの中で非常に輝いてしまうわけ。

 

そのため、どうしても甘い認識でアフィリエイトに参入する人がたくさんいます。

正直、アフィリエイトは無料で稼ぐのが厳しいジャンル。

ましてや初心者が徹底的に無料なものを備えて戦い抜くには大変なジャンルです。

 

ビジネスならば何でも「投資」は重要です。

投資をすることによって「お金を支払ったならやるしかねえ」という闘志に火が付くだけでは無く、

作業を簡略化するツールを利用することで稼ぐための本質的な作業を徹底できます。

 

これは何もあなたにお金を支払わせたいから言っているわけではありません。

アフィリエイトは基本的にブログを運用して稼いでいくビジネス。

 

そのブログが今後10年先も20年先も収益を発生してくれる大きな資産となるためには、お金を支払ってインターネット上に資産を構築する必要があります。

残念ながら無料のブログでは、そのブログサービスを運営している企業に依存してしまうため、共倒れをする場合があります。

 

 

具体的な改善ステップ

「アフィリエイトを舐めている」状態から脱するためには、どうすれば良いのか。

アフィリエイトへの参入の壁が低いことから、それによって安易に参入しようとする人をカモにするための情報発信をしているアフィリエイターがいるのは事実です。

そのような人から正しい情報を得ようと思っても無理。

 

そのため、しっかりとアフィリエイトについての情報を発信している人から情報を受け取って下さい。

「しっかりとアフィリエイトについての情報を発信している人」というのは以下の3点を抑えている人。

  1. アフィリエイトは簡単では無いと明言していること
  2. どこからでも「問い合わせ」が出来るように問い合わせフォームを複数設置している人
  3. 1つ1つの記事に納得が出来るような「主張」とその「根拠」が明示されているか

 

まずは「アフィリエイトは地味で大変なビジネス」ということを正直に伝えている人から情報を受け取るベきです。

アフィリエイトは簡単ではありません・・・ホントに苦しい地味な努力の積み重ねによって構築されるビジネスです。

それを隠しているようでは、他にもたくさんの伝えるべき情報を隠している可能性が高いため、信用しないで下さい。

 

次に「問い合わせが簡単」であるか。

メールがくるその返事が大変なので、「ちゃんとした情報を読者に伝えたい」と言う思いを抱いて居る人しか複数の問い合わせフォームを設置しません。

そのため、このポイントはしっかりとした情報発信をしている人かどうかを見極める大きなポイントとなります。

 

そして「記事に納得」が出来るかどうか。

納得が出来る記事というのは、書き手の心情が絶対に反映されています。

 

その心情を表現するために「主張」をし、主張に理由付けをすることによって根拠を持たせる必要を理解している「書き手」というのは、情報を発信している人の中でもとりわけ信頼が出来ます。

なにより、参考になりますよね。

あとは徹底的に真似をすれば稼ぐ糸口が絶対に見つかります。

 

この3点をしっかりと抑えているアフィリエイターはめちゃくちゃ参考になる部分があるはず。

読んでいるだけ、見ているだけ学びがあるので、是非ともそのような情報発信者を探し、そこにある問い合わせフォームからコンタクトを取ってみましょう。

アフィリエイターは実績を求めていますので、話を詰めればコンサルなどを受ける事が出来る可能性もあります。

 

ちなみに、僕への「問い合わせ」はコチラから是非。笑

 

発信している情報の質が低い

 

第2は「発信している情報の質が低い」と言うことです。

読者は情報を求めているため、あなたのブログに訪れます。

それなのに、平気でその読者を手放してしまうような質の低い情報を発信していては稼げるものも稼げません。

 

あなたも必ず経験があるはずです。

特定の情報を知りたくて検索をかけたところ・・・上位に表示されるページを読んでも全く好奇心が満たされず、満足感が得られないという経験が・・・。

 

それと同じようにこんな経験もあるはずです。

特定の情報を知りたくて検索をかけたところ・・・、あなたが想定していた以上の情報を提供してくれて、満足感で一杯になり、ついついそのブログ内の別ページを読んじゃいたくなる経験が・・・。

 

これこそまさに「情報の質」の差です。

 

じゃあ、一体その差って何なんでしょう・・・。

普段無意識に文章を読んでいると思うので分からないですよね。

今度、意識して読んでみることをお勧めします。

 

具体的な改善ステップ

「質の高い情報」を発信するためにはどうすれば良いのか。

生まれながらにして自然とそのような記事を書く事が出来る人もいるのですが、多くの人は「質の高い情報提供をしよう」として実現しています。

その反面、「質の低い情報」を発信している人は、ただアクセスさえ稼げれば良いという意識で情報提供をしています。

 

この明確な「差」は、読み手目線であるかに凝縮されます。

では、読み手目線になるには?・・・この2点を抑えて下さい。

  1. 読み手が考えていそうな事を想像する
  2. 関連検索キーワードを確認する

 

読み手目線になるには、読み手の気持ちを想像するしかありません。

  • どんな事を知りたくてこの記事を読んでいるのか
  • この記事に書かれている情報を知りたい人はこんな情報も知りたいのではないか

それを想像し、先回りして情報を提供して上げる事によって読者は情報でお腹いっぱいになる事が出来ます。

 

これが高い満足感を演出します。

 

また、「読み手の気持ち」を具現化したキーワードが存在します。

それがGoogleやYahoo!で検索した場合に、そのページ下部に出てくるコレ。

 

 

 

これはそのワードで検索をした人が、他にも調べる傾向が強いワード。

つまり、あなたが狙っているキーワードの「関連検索キーワード」を調べれば、どんな情報を欲しているのかが分かるって事。

 

ただ、最初から「関連検索キーワード」に頼るのではなく、読み手の気持ちをイメージすることは重要です。

その結果、読み手のことを理解しようとする気持ちがにじみ出た文章になります。

読み手に寄り添った文章が書けると言うこと。

 

「あ、ココでこの単語の説明した方が良いか」とか、「こういう言い回しをした方が読みやすいんじゃないかな」とかね。

その1つ1つの小さな積み重ねが、大きな結果を生むと言うことを覚えておいて下さい。

 

文章がしっかり書けていない

 

第3が「文章がしっかり書けていない」と言うことです。

「しっかり」という抽象的な言葉を使いたくは無いのですが・・・もうホントそれがぴったりな感じがします。

 

ただ、「しっかり」という言葉では何がいけないのか、じゃあどうすれば良いのか、と言うことが全く伝わらないので

「しっかり」という抽象的な言葉を掘り下げていきましょう。

 

稼げない人の文章は共通して悪い部分があります。

それは・・・

  • 日本語として破綻した文章
  • 主語や修飾語などがめちゃくちゃに配置された文章
  • 改行を効果的に使用しておらず文字だらけの印象を与える文章

と言う点。

ただ特徴だけを伝えられてもイメージが湧かないと思いますので、例を出しましょう。

 

コレは僕が実際にライターさんに発注をかけて上がってきた記事の中の1節。

「歌手の安室奈美恵は、今も大人気の歌手であることは皆さんもご存じのはず。そして、とても人気なのが彼女の最新の曲ですよね。「LOVESTORY」や、リオデジャネイロオリンピックのテーマ曲として有名な「HERO」などが世間では人気であると思います。しかし、私の好きな曲は、彼女の過去曲にあります。
安室奈美恵は、やっぱりデビューから小室時代の時が最強であり、素晴らしいと思います。
最近の曲も、大衆ウケしますし、聞いていて聞き心地がいいし、耳に残る曲が多いと思います。でも、ただ、それだけのように思えてしまいます。
今の曲もよいと思いますが、やっぱり時代を超える名曲ってほどでもないんです。」

 

もうね、最悪。笑

 

何が最悪って・・・分かるでしょ?

この文章を見て、続きが読みたいと思う人は1人もいないと思います。

まあ、安室さんのファンならば「意見を聞きたい!」と思うかもしれませんが、文章そのもを読んでこの文章に好感を持つ人はいません。

 

具体的な改善ステップ

では、先程の文章を「具体的な改善ステップ」として改善していきましょう。

 

1文目 歌手の安室奈美恵は、今も大人気の歌手であることは皆さんもご存じのはず。
解説 「ご存じのはず」という日本語はあまり使用しません。文末に持ってくるならば冒頭に持ってきて副詞として使った方が得策。

また、有名人と言えども「さん」などの敬称を使いましょう。

改善した文章 「皆さんもご存じのように、歌手の安室奈美恵さんは今も大人気の歌手。」

 

2分目 そして、とても人気なのが彼女の最新の曲ですよね。
解説 この文章は日本語として破綻している印象を与えます。

1文目「安室奈美恵さんは今も大人気の歌手」。2文目「人気なのが最新曲」。

この文章を「そして」で繋げています。

ちょっと頭がクラッとするほど、僕にはどうしてこんな文章になったのかがわかりません・・・。汗

改善した文章 「それを象徴しているかのように、彼女の最新曲は非常に高い人気を博しています。」

 

3文目 「LOVESTORY」や、リオデジャネイロオリンピックのテーマ曲として有名な「HERO」などが世間では人気であると思います。
解説 この文章は、最新曲は「一般的認知度が高い」ことを強調した方が、その後に続く「しかし」という逆接が映えます。

また、今回は控えましたが「LOVESTORY」にも「HERO」ほどの解説文があった方が良いかもしれませんね。

改善した文章 「代表的なのはリオデジャネイロオリンピックのテーマ曲として起用された『HERO』。一般認知度が高く、多くの人が口ずさめるほどの人気ぶり。」

 

4文目 しかし、私の好きな曲は、彼女の過去曲にあります。
解説 短い文章なのに「、」が多いのは辞めましょう。

「最新曲」と「過去の曲」を対比させて文章構成をしていきますので、4文目は2つの文章に区切って「過去の曲」を強調させます。

改善した文章 「しかし、私が好きな安室奈美恵さんの楽曲はそのような認知度の高い最新の曲ではありません。私が好きなのは、彼女の過去の楽曲。」

 

5文目 安室奈美恵は、やっぱりデビューから小室時代の時が最強であり、素晴らしいと思います。
解説 特に言及する点はありません。
改善した文章 「やっぱり小室さんが手がけたデビュー当時が最高です。」

 

6文目 最近の曲も、大衆ウケしますし、聞いていて聞き心地がいいし、耳に残る曲が多いと思います。
解説 「、」が多いです。最初の「、」は無い方が文章をすらすらと読めます。

この文章は基本的に「最近の曲は耳に残る曲が多い」という構造に、他の要素を付け足しています。

しかし、他の要素が変な組まれ方をしているので、もの凄く読みにくい印象を与えます。

読みにくい印象を与えている場合は、文章の基本となる「主語」と「述語」を出来るだけ近い場所におくことを心がけると改善出来ます。

改善した文章 「大衆受けしている最近の楽曲は、確かに聞き心地が良くて耳に残ります。」

 

7文目 でも、ただ、それだけのように思えてしまいます。
解説 「、」が多いです。2つ目の「、」は無い方が読み手にストレスを与えません。

インパクトを与えるために、主張が弱まる「思う」という部分をカット。

改善した文章 「しかし、ただそれだけ。」

 

8文目 今の曲もよいと思いますが、やっぱり時代を超える名曲ってほどでもないんです。
解説 何だかふわふわしたような印象を受ける文章ですね。

せっかく独自の主張があって面白い切り口を魅せているのに、このようなふわふわした印象がある文章が積み重なると全体が一気に駄目になってしまいます。

改善した文章 「時代を超える名曲。その仲間に果たして最近の楽曲が入るのかと言うと・・・私には疑問が残ります。」

 

では、改善した文章を1文目~8文目まで繋げます。

 

「皆さんもご存じのように、歌手の安室奈美恵さんは今も大人気の歌手。それを象徴しているかのように、彼女の最新曲は非常に高い人気を博しています。

代表的なのはリオデジャネイロオリンピックのテーマ曲として起用された『HERO』。一般認知度が高く、多くの人が口ずさめるほどの人気ぶり。

 

しかし、私が好きな安室奈美恵さんの楽曲はそのような認知度の高い最新の曲ではありません。

私が好きなのは、彼女の過去の楽曲。

やっぱり小室さんが手がけたデビュー当時が最高です。

 

大衆受けしている最近の楽曲は、確かに聞き心地が良くて耳に残ります。

しかし、ただそれだけ。

時代を超える名曲。その仲間に果たして最近の楽曲が入るのかと言うと・・・私には疑問が残ります。」

 

改善する前の文章は、文末が「です」「ます」ばかりでしたが、僕が書いた文章は文末が単調にならないように工夫されています。

同じ調子の文末が3つ4つ続くと起伏の無い文章になり、頭に残りにくいものになってしまいます。

 

また、改行にも要注意。

大体3つか4つ文章を書いたら大きく改行をしています。

こうすることで文字ばかりの印象が薄くなり、読みにリズムが生まれます。

 

改行について詳しくはこちらの記事で解説をしています。


僕が書いた文章の後に

  • 時代を超える名曲とはどんな定義を持っているのか
  • その定義に「過去の楽曲」と「最新の楽曲」は当てはまるのか
  • 差が生まれている理由の考察

が続けば、読んでみたいと思いませんか?

 

文章を「しっかり」書くと先を読みたいと思わせることが出来るんです。

 

扱っている案件が悪い

 

第4は「扱っている案件が悪い」点が上げられます。

アフィリエイトは結局扱う商品が重要。

 

どんなに素晴らしいブログで、どんなに素晴らしい文章で、どんなに質の高い情報を提供したところで、その商品が見向きもされないようなものならば売ることは極めて難しいです。

 

そのような案件を売る事が出来るキーワードやターゲットは存在します。

それを見つけることが出来たら、完全にライバルが不在なので独占できるわけですが・・・

それにはお金をかけてマーケティングをしたり、何度もトライ&エラーをする必要があります。

 

売ることが出来れば強いですが、売るまでの作業はしんどくてコツが要ります。

 

当然、そこに時間を費やすならば稼げない期間が続きます。

経験値が無くてコツが分からないのであればなおさら。

そのため、そこに時間を費やすくらいならば扱う案件を変えてしまった方が早く稼げると言う話です。

 

人気な案件は扱っているライバルが多くて稼ぎにくいと言われますが、全く見向きもされないような案件よりはずいぶんマシです。

ただ、ライバルが良すぎると検索エンジンからほぼアクセスが見込めない状態になってしまうため、案件を選ぶのはなかなか難しいのは確か。

って言うか、案件に関してはやってみろとしか言えない部分があります・・・(^_^;)

 

その中で必ずヒットしていくものが出てきますし、ブログが成長して行くにつれて他の案件もヒットするようになっていきます。

ただ、当たりを引きやすい案件はあります。

そこで僕が実際に案件選びの軸としている3つのポイントを解説します。

 

具体的な改善ステップ

その3つのポイントとは・・・

  1. その商品に対してあなた自身が魅力を感じているか
  2. 口コミや評判はチェック出来るほどの量があるか
  3. オファーは強いか

です。

 

まずは、「あなた自身がその案件や商品に対して魅力を感じているのか」が大きなポイントになります。

結局自分が惚れ込んでいない商品を売ろうとしても全く熱意がこもりません。

それで読者にセールスをしていくのはなかなかに困難な道程となります。

 

他人に漫画や映画の作品を勧める場合も、お気に入り作品を勧めるのか、全く見たことがない作品の情報をネットで集めて勧めるのかでは全然勧め方が変わりますよね。

それと同じこと。

案件・商品選びは、まず自分自身が惚れ込めることを重要視すべきです。

 

次に「口コミ量」をチェックします。

インターネットが爆発的に普及し、誰もがスマートフォンを持ち歩く時代。

良い商品なのか悪い商品なのかはスグにネット上に公開されて拡散されます。

 

つまり、そもそも口コミの量が十分に無い商品というのは売れていない商品である可能性が非常に高いです。

さらに、その口コミの中で「商品を肯定するような良い口コミ」の割合が多いモノをピックアップすると人気の高い商品・売れ筋の商品を選ぶことが可能。

需要がある商品、ということですね。

 

そして「オファー」をチェックします。

オファーとは「返金保証」とか、「今なら50%オフキャンペーン」とか、商品を購入する際の条件提示のこと。

コピーライティングの業界では、「お粗末な文章を強力なオファーでカバーすることは出来るが、弱いオファーを最高の文章力でカバーすることは出来ない」と言われています。

 

それほど、オファーは商品を購入する人間にとっては最重要な要素。

案件選びの際には絶対にチェックすべき点です。

 

案件選びについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

 


 

今回はアフィリエイトで稼げない共通の理由と具体的な改善ステップを解説しました。

共通の稼げない理由はこの4点。

  1. アフィリエイトを舐めている
  2. 発信している情報の質が低い
  3. 文章がしっかり書けていない
  4. 扱っている案件が悪い

 

稼げていない人は絶対にどれかの要素に当てはまります。

 

目標を達成できていない人は、1度自分のブログを見直してこの要素が無いか確認して下さい。

今回の記事で何か分からないことがあればスグにメールを下さい。

ハクへの問い合わせはコチラ

 

 

 


 
今ではこうして色んな方に感謝されながらネットビジネスを教えていますが、ココまでくるのにはもの凄く遠回りをしてきました。 
 
その振り幅の広い経験値から、あなたに「稼ぐためにはコレをすべき」とどうしてもお伝えしたい事がありまして・・・ 
今回は僕のメルマガに登録をして頂いた方に無料プレゼントという形でお届けすることにしました。 
 
  • ネットビジネスを実践してもなかなか稼げない・・・という人
  • 初めて取り組むから何から初めてら良いのか分からない・・・という人
には、是非とも受け取って欲しいプレゼントをご用意しています。   
 
僕がうまくいかなかった時期から、どのようにして成功することができたのか。 
ここまで読んでくれたあなたにこっそり教えます。 
 
さらに、シークレット特典もご用意しています・・・詳細はこちらをお読み下さい。