目次

 

ブログを上手にやるということは、
たった一つの良い記事を書くことではない。

何日にも渡って、人びとを助けることだ。
~SEOの異端児「アーロン・ウォール」~

 

どうも、ハクです。

今回の記事は僕が大好きな名言から始めました。

「ブログを作る」というテーマで解説をしていきますが、ブログって言うのは単なるシステム上に存在するものではなく、人々を救い、助けることさえあると言うことを肝に銘じて置いて下さい。

 

一言に「ブログの作り方」と言うのは簡単なんですが、

  • どうやってブログを構築すれば良いのか分からない
  • 読まれるブログの作り方が分からない
  • 問い合わせが来るブログの作り方が分からない
  • 収益化の為に何に力をいれればいいのか分からない

と言うように、読者の方の着目点はそれぞれ大きく異なると思います。

 

なので、今回はその全ての問題を解決していきます。

 

つまり・・・

初心者の方はブログを構築する方法から収益化させるためのブログの作り方まで理解出来るし、

経験者の方はどうすればより大きな収益化が出来るのかが理解出来ます。

 

「ブログの作り方」という大きなくくりを因数分解し、

  1. 実務的なブログの作り方
  2. 広告収入を得るブログの作り方
  3. 反応を得るブログの作り方
  4. 見やすいブログの作り方

の4つに分けて解説をしていきます。

 

 

実務的なブログの作り方

まずは「実務的なブログの作り方」のセクションを解説していきます。

【こんな事を解説します】

  • ブログの構築方法が分かる
  • WordPressと無料ブログの構築ステップが分かる
  • スマホでもブログを構築出来る

※「既にブログを運営してるよ!」という経験者の方は、このセクションは飛ばしてOK。
 次に続く「反応を得るブログの作り方」からお読み下さい。

 

まず、ブログを運営するに当たって理解しておきたいのは

  • WordPressでブログを構築する ← 有料
  • 大手のブログ運営サイトでブログを構築する ← 無料
  • スマホでだけでブログを構築する ← 無料

の3つがあるということ。

 

WordPressによるブログの構築は「一戸建て」のようなイメージ。

自分でドメインを登録し、お金を払ってサーバーを借りることによってブログを構築・運営します。

「一戸建て」から連想出来るように、あなた自身の資産となるため、ブログが成長してきて売りに出せば数百万円の値が付く場合もあります。

僕が最もおすすめする方法です。

 

大手の無料ブログ運営サイトでブログを構築するのは「マンション」を借りるイメージ。

「マンション」から連想出来るように、大きなマンションの一室を借りてそこで生活をするような感じ。

マンションのように、運営サイドの意思によって出て行かなければいけなくなったりするので、あなた自身の資産にはなりません。

お金が無い場合や、とりあえずブログを運営してみたいと言う方にはおすすめします。

しかし、運営サイドの方針でブログの維持が出来なくなってしまうので基本的にお勧めはしていません。

 

スマホのみでのブログを構築して運営するのは「仮説住宅」のようなイメージ。

スマホのみでブログを運営するというのは「出来なくはない」のですが、PCで運営する場合と比較して「スピード」や「楽さ」が段違いなので本気でおすすめはしません。

ただ、環境的にどうしてもスマホで運営したい・・・と言う方は「スマホで運営しやすいブログ」をお教えしますので参考にして下さい。

 

では、Wordpressでのブログの作り方からご紹介します。

 

wordpressでブログの作り方

WordPressでブログを作る
必要な時間 1日~3日
必要な費用 13000円~15000円程(年間)
おすすめ度 ★★★★★

 

WordPressでブログを構築する場合は以下のステップを踏みます。

ステップ1:URL・ドメイン(サイトの住所)を決める
ステップ2:サーバー(サイトの土地)を借りる
ステップ3:ドメインとサーバーを紐付ける
ステップ4:WordPressを導入する

 

ステップ1

ドメインというのはインターネット上の住所を指します。

一戸建ての場合は完全にオリジナルの住所なのに対して、マンションに住んだら同じ住所の人がたくさんいますよね。

そんなイメージでを抱いて頂けると、オリジナルの住所を取得するという「資産性」の意味合いが分かるかなと思います。

 

僕がお勧めしているドメイン取得先はムームードメイン。

コチラの記事で取得方法をご紹介しています。

 

ステップ2

住所を登録して一戸建てを建設する訳ですが、その際には土台となる土地が必要ですよね。

インターネット上の場合、土地に当たるのがサーバー。

サーバーをレンタルして、そこに住所を登録することによってブログという家が建てられる状態になります。

 

僕がお勧めしているレンタルサーバーは「エックスサーバー」。

コチラの記事で登録方法をご紹介しています。

 

ステップ3

土地と住所をゲットしたは良いものの、そのままだとそれぞれが別々に存在しているような状態になります。

この別々に存在しているドメインとサーバーを紐付けて上げる事によって、あなただけの土地にあなただけの住所を登録する事が出来るようになります。

 

ステップ4

あとはWordpressというソフトを導入します。

エックスサーバーの場合は1クリックでWordpressを導入出来ますので非常に便利。

WordPressというのは、プログラミング上で複雑なシステムを作り上げなければ運営出来ない「ブログ」というものを、簡単に導入出来るソフトを指します。

自分で0からプログラムを構築するのはさすがに無理なので、このWordpressを利用してブログを運営している人が圧倒的に多いです。

 

ステップ3とステップ4に関してはコチラの記事で解説をしています。

 

WordPressによるブログ構築は契約するプランや取得するドメインによって価格が変わりますが、年間の費用はだいたい13000円~15000円程で運営が可能。

月単位でかかる費用は約1000円程度

資産性が高く、収益化させることが出来るのでこの程度の費用ならば是非とも先行投資をして頂きたいところです。

 

ただ、お金をかけずにブログを運営したいという人もいるでしょう。

そこで僕が提案したい「無料で運営出来るブログ」を2つご紹介します。

1つは「はてなブログ」、もう1つは「ヤフーブログ」です。

 

はてなブログの作り方

はてなブログでブログを作る
必要な時間 30分
必要な費用 無料
おすすめ度 ★★★☆☆

 

はてなブログのメリットは

  • 「はてなブックマーク」と呼ばれるシステムによって拡散されやすい
  • はてなブログ運営者のコミュニティがある

と言うことです。

 

この2つを有効活用することによって大きなアクセスを呼び込むことも可能ですので、無料でブログを始めたい人には最もおすすめできるサービスです。

はてなブログでブログを構築する場合は以下のステップを踏んで下さい。

ステップ1:はてなブログへアクセス
ステップ2:ユーザー登録をする
ステップ3:ブログの作成

 

ステップ1

まずは「はてなブログ」へアクセスをします。

リンクはコチラ。
↓ ↓ ↓
http://hatenablog.com/

アクセスが出来たら上に表示されている「ブログ開設(無料)」をクリックします。

 

 

で、この画面が表示されるので「はてなID登録」をクリックします。

 

 

 

ステップ2

 

次に

  • はてなID
  • パスワード
  • メールアドレス

を入力し「私はロボットではありません」にチェックを入れます。

 

その後、「入力内容を確認」をクリックします。

※「週間はてなを受け取る」はチェックを外して構いません。新機能などのメールが届くだけなので。

 

ユーザー登録確認画面が表示されますので、「登録する」をクリックします。

すると登録したメールアドレスにメールが送られていますので確認して下さい。

 

 

メール内に記載されている「本当登録用のURL」をクリックします。

 

ステップ3

 

で、表示されるページで必要箇所に入力をします。

  • ブログのURL:好きな文字列でOK。末尾の「hatenablog.com」の部分も選択が可能です。どれを選択しても大きな変化はありません。
  • 公開したい範囲:「全ての人に公開」でOK
  • 「私はロボットではありません」にチェック
  • 「ブログ作成」ボタンをクリック

以上で完了です。

 

ブログ作成後は登録メールアドレスにメールが送られていますので確認をして下さい。

 

ヤフーブログの作り方

ヤフーブログでブログを作る
必要な時間 60分
必要な費用 無料
おすすめ度 ★★☆☆☆

 

日本人は謎にGoogleよりもYahoo!ユーザーが多いです。

ヤフーブログのサービスでは「ブログ」だけではなく「ホームページ」も作成する事が出来るのが大きな特徴。

ホームページとブログの違いというのは微妙な差なんですが、大量にページを更新せず写真などを掲載して情報を発信したい場合はホームページを選択すると良いです。

ブログはどうしても文章主体になってしまいますので、更新してなんぼ、文章を書いてなんぼの世界になります。

 

また、ヤフーブログでは公開範囲を「友達登録のみ」に選択する事が可能。

ヤフーブログを開設するには以下のステップを踏んで下さい。

ステップ1:Yahoo!JAPAN IDを登録
ステップ2:ヤフーブログへアクセス
ステップ3:ブログ開設をしたいニックネームをクリック

 

ステップ1

まずはYahoo! JAPANのトップページにアクセスして、右側にある「新規取得」をクリックします。

 

 

必要項目を入力します。

 

  • 連絡用メールアドレス:フリーメールのアドレスでOK。
  • Yahoo JAPAN ID:何でもOK。このIDがメールアドレスに反映されます。
  • パスワード:何でもOK。
  • 郵便番号:あなたの郵便番号を入力下さい。※適当でOK
  • 生年月日:あなたの生年月日を入力下さい。※適当でOK
  • 名前:ニックネームでOKです。
  • 性別:性別を選択して下さい。
  • お知らせメール(Yahoo!ダイレクトオファー):チェック不要です。
  • Tカード:どちらかを選択下さい。

以上を入力したら「Yahoo!JAPAN IDを登録」をクリックします。

すると、登録したメールアドレスに確認用コードが送信され、後の画面での入力に使用しますので確認できるようにしておいて下さい。

 

また、Tポイントを利用される場合は「利用手続き」の画面で「同意して登録」をクリック。

Tポイントを利用されない場合は「登録しないで先に進む」をクリック。

 

次にメールに送信された「確認コード」を入力する画面に飛びますのでコードを入力下さい。

以上で登録が完了です。

 

ステップ2

まずはヤフーブログへアクセスします。

「今すぐブログを開設する(無料)」をクリックして下さい。

 

 

ステップ3

で、登録してあるニックネーム横にある「ブログ開設」をクリックします。

 

以上で完了。

 

スマホでも簡単!ブログの作り方

クルーズでブログを作る
必要な時間 30分
必要な費用 無料
おすすめ度 ★☆☆☆☆

 

僕は基本的にスマホでブログを作る事はお勧めしません。

しかし、最近アメブロよりもアクセスが集まることで有名になってきた「クルーズブログ」ならばスマホでもブログの作成・運営に向いていると思いますのでご紹介します。

たわいもない事を多頻度で発信したい人などには非常におすすめ。

まあ、それだとほぼ収益化は出来ませんが・・・。汗

 

クルーズでブログを開設する場合は以下のステップを踏んで下さい。

ステップ1:クルーズブログへアクセス
ステップ2:ユーザー登録をする

 

ステップ1

まずはクルーズのトップページへアクセスします。

で、右上にある「会員登録」をクリックします。

 

 

次に表示される画面では「外部のサービスでログイン」を選択してもOK。

ただ、今回は「新規会員登録」を選択した体で解説をします。

 

 

「新規会員登録」をクリックすると「空メール送信」というボタンが出てきます。

 

 

このボタンにマウスのカーソルを合わせて右クリックを押すと「メールアドレスをコピー」という項目が出ますので、コピーをしてフリーのメールサイトから空メールを送ります。

するとメールが届きますので、登録作業を進めていきます。

 

 

 

ステップ2

 

必要な項目を入力していきます。

  • ニックネーム:全角12文字以内
  • ログインID:何でもOK
  • パスワード:半角6~20
  • 性別:選択して下さい
  • 生年月日:入力下さい
  • 地域:選択して下さい

入力後「次へ」をクリック。

 

ジャンルを選択して「確認する」をクリックします。

 

 

コレでブログ開設手順は完了です。

あとはブログの設定をして情報発信をすることが出来ます。

 


以上の4つが「実務的なブログの作り方」。

何か分からない事があれば僕にメールをしてすぐに疑問を解決して下さい。

僕への問い合わせはコチラ

 

このどれかのステップを踏めばブロガーの仲間入り。

おめでとうございます!もう意のままに情報発信が出来ます。

 

では、続いて「広告収入を得るブログの作り方」を解説します。コレが出来ればブロガーからアフィリエイターへと進化出来ます。

経験者の方は「広告収入を得るブログの作り方」もスキップして大丈夫です。

では、早速いってみましょう!



広告収入を得るブログの作り方

【こんな事を解説します】

  • ブログで広告収入を得る方法が分かる
  • ASPってなに?
  • 広告の種類が分かる
  • おすすめのASPが分かる

 

ココまでの解説でブログ自体の作り方は理解出来ているか、もしくは既にブログを開設しているかと思います。

「広告収入を得るブログ」はブログを作ってしまえば、そこに広告を掲載するだけで実現出来ます。

 

広告掲載するには以下のステップを踏んで下さい。

ステップ1:ASPってなに?
ステップ2:広告の種類を知る
ステップ3:おすすめのASPに登録する
ステップ4:広告を掲載する

 

ステップ1:ASPってなに?

ASPと言うのは「広告主」と「アフィリエイター」を繋いでくれる仲介サービスのこと。

 

 

このASPが無いと我々のような個人のアフィリエイターは、1つ1つの企業に「広告を貼らせて下さい」と土下座をして回るはめになるので、僕らにとってASPはものすごく有り難い存在なんです。

 

しかもアフィリエイター側からは利用料を一切搾取せず、無料で広告を利用させて貰えます。

アフィリエイターはあくまでも企業の宣伝を手伝っているという位置づけなんですね。

多くの金額を得ているアフィリエイターには個別で担当者がつき、サポートをしてくれるシステムもあるため、一定額以上の収入を得ることができれば雪だるま式に収益を増加させることが可能です。

 

ステップ2:広告の種類を知る

ASPについては理解が深まったでしょうか。

続いて理解すべき点は「ASP」によって色んな強みがあるという話です。

 

えばアフィリエイトをやろうと思ったら誰もが通る道である「A8.net」。

 

このASPは「商品」の広告に特化しており、その商品をブログ上で紹介して、それが売れることによって収益が発生します。

実際には保険の契約などもあるため、「売れる」というよりは「それぞれの条件が成立したら」収益が発生します。

これを「成約型広告」と呼びます。

アクセス数には依存せず、いかに読者に信頼を寄せて貰えるのかが重要。

 

た、「A8.net」と並んで誰もが通る道であろうASPが「Googleアドセンス」。

 

このASPは「成約型広告」とは違い、広告をクリックさえされれば収益が発生するというタイプの広告です。

これを「クリック型広告」と呼びます。

「クリックされれば収益発生」と言うとスゴく簡単なイメージがあると思いますが、1クリックあたりの単価は数十円程度ですのでまとまった収益額を稼ぐのはなかなか大変です。

「クリック型広告」の場合は読者からの信頼と言うよりは、とにかくアクセスを集めれば収益化が可能。

 

この2つの広告の種類があることを理解した上で次のステップを踏んで下さい。

 

ステップ3:おすすめのASPに登録する

僕がお勧めしているASPはコチラの記事にまとめています。

どの広告を利用するか迷っている場合は、一旦いろいろなASPに登録することをおすすめします。

複数のASPを登録する際はGoogleのスプレッドシートなどを利用して情報を整理する様にして下さい。

 

 

 

ステップ4:ブログに広告を掲載する

広告の種類を理解してASPに登録をすれば、あとはブログに広告を掲載すればOKです。

広告を掲載する場合はそれぞれのASP上でコードを表示させ、それをコピペしてブログに貼り付ければ掲載出来ます。

 

例えばGoogleアドセンスの場合は・・・コレがコードで、

 

ブログ上ではこんな感じで表示されます。

 

 

以上が「広告収入を得るブログの作り方」。

何か分からない事があれば僕にメールをしてすぐに疑問を解決して下さい。

僕への問い合わせはコチラ

 

コレでブログを構築し、広告を掲載することが出来る様になりました。

しかし、これだけで収益が発生出来るほどアフィリエイトは簡単なビジネスではありません。

 

ここからは収益を大きくするためのブログの作り方を解説していきます。

経験者の方も目から鱗の内容を掲載しています。

是非参考にして下さい。

 

反応を得るブログの作り方

【こんな事を解説します】

  • ブログを開設してまず何をすべきがが分かる
  • 読者が欲しがっている情報をどのように届ければ良いのか分かる
  • 「心を動かすこと」が「体を動かすこと」に繋がるのが分かる

 

ブログを始める以上、発信した情報に読者が反応してくれるような発進をしたいですよね。

この「反応」というのは、読者の心が動き、体をうごかすような反応を指します。

 

僕は「読者から問い合わせが来るブログ構築」を得意としています。

 

問い合わせの1部 ↓

 

なぜ問い合わせが来るのかというと、僕が発信している情報を読んで読者が「面白い!」「ためになった!」「もっと読みたい!」と思ったからです。

まずは心が動く・・・そして「問い合わせる」という体の反応が起こるわけ。

 

コレが出来る様になると読者から信頼を集める事が出来るようになります。

だって実際に会ったことも無い人にメールを送っている訳ですから・・・それって信頼を寄せている以外のなにものでもないですよね。

 

何だか難しそう・・・と感じるかもしれませんが反応を得るブログのポイントはたったの2つ。

  • 欲しい人に欲しい情報をあなたの意見を交えて届ける
  • 問い合わせフォームを設置する

 

欲しい人に欲しい情報をあなたの意見を交えて届ける

この項目を因数分解すると以下のような5つの要素に分けられます。

 

【「欲しい人に欲しい情報をあなたの意見を交えて届ける」を因数分解!】

  1. プロフィールを作る(コンセプトを明確にする)
  2. 市場調査を怠らない(どんな情報が欲しいのか)
  3. 誰に届けたいのかをハッキリさせる(キーワード選定)
  4. 説明書のような情報発信をしない(気づき・発見)
  5. 読んだ後で何をすべきかを明確にする(アクションステップ)

 

①プロフィールを作る(コンセプトを明確にする)

ブログを構築したのならばまず作るべき記事は「プロフィール」。

収益化には関係ないから必要ないじゃん!と思う人もたくさんいるかと思いますが、「プロフィール」というのはブログのコンセプトを明確にするという意味で重要なはたらきをします。

 

コンセプトが明確になると、情報発信者の意思が明確になりブログに1本の芯が通り、あなたの主張に一貫性が出てきます。

「一貫性」というのは文章を書くコピーライティングという仕事では基本中の基本。

ある記事では「稼ぐためにはとにかく記事を量産せよ!」と書いているのに、ある記事では「稼ぐためには量よりも質が大事だよね」って書いてあったら読者から信頼を集める事は出来ません。

 

 

えるなら「俺はロジックが大事。やっぱり世の中全部理路整然とした論理が大事だよね。」と言っている意識高い系のヤツが「きゃ~!お化け怖い~!」と言っているようなもの。笑

「え、お前の得意な論理は何処行ったの?」ってなりますよね。

ホントにロジックが大事だと言っている人は「お化けが存在するのは論理的におかしい。もしいるなら死者の魂のはずだから脅かそうとしているわけではなく、そこに存在している意味があるはずだ・・・」という思考になるはず。

 

その人物像を構成する上で辻褄が合わなくなってしまうと周囲の人間としては興ざめというかドン引きをしてしまうわけ。

だからこそ、プロフィールを構築して「このブログはこういう情報発信をしていくよ」っていう明確な指針を出すと言うことがとても大切です。

そうすることによって情報を受け取る側も「このブログが発信している情報は自分の欲しがっている情報だ、もっと受け取りたい!」と思ってくれます。

 

「あなたが発信する情報」と「それを欲しがっている人」を結びつける第一段階としてプロフィール記事はとても重要な位置づけというわけです。

プロフィール記事の作り方はコチラの記事で解説しています。

 

②市場調査を怠らない(どんな情報が欲しいのか)

ただ書いたからと言って、
誰かが見に来てくれると期待してはいけない。

あなたは受動的過ぎる。
SmallBizTrends.comの創業者「アニタ・キャンベル」

 

ブログのコンセプトが明確になったら、あなたが発信したいと思っているジャンルや分野に関しての市場調査を行ないます。

なぜ市場調査を行なうのかというと、そもそもあなたが発信している情報を欲しがっている人がいなければ発信しても意味が無いから。

全く意味が0とは言わないですが、欲しがっている人がいない情報を発信したところであなたのブログへアクセスが増えないんですよ。

 

それは店を開店して商品をバッチリ揃えていてもお客さんが一人も来ないということと同じ事。

それって商売をやる意味がないですよね。

 

だからこそ、市場調査をして需要があるところに切り込んでいくということが非常に大切です。

 

誰に届けたいのかをハッキリさせる(キーワード選定)

で、需要があるところに切り込んでいくために行なうのが「キーワード選定」。

どのワードでどのくらいの検索量があり、そのワードで他の情報発信者はどんな発進をしているのかを調査します。

 

色んなところで「キーワード選定」の重要性が解説されていますが、未だにキーワードの調査・市場の調査をせずに情報発信をする人がたくさんいます。

いい加減それは自己満足の情報発信をしていることに気付いて欲しいですね。

 

キーワード選定はこの動画によって解説をしています。

 

 

キーワード選定をおこなう事によって「あなたが発信する情報はどんな人に受け取って欲しいのか」がハッキリするため、より明確な軸を持って情報を発信することが可能になります。

ライバルの発信も調査し、自分ならどのように発信をするのかを洗い出し、一人のターゲットに語りかけるような情報発信を心がけましょう。

 

説明書のような情報発信をしない(悩みの発見・自分事に思わせる気づき)

実際に文章を書くに当たって最も心がけて欲しいのは「説明書のような発進をしない」と言うことです。

説明書って読んだらどう思いますか?

 

おそらく・・・

  1. 専門用語ばっかりで読みずらい!
  2. ふむふむ・・・分からない事が理解出来た!

という2点だけだと思います。

 

ず情報発信する上で認識して欲しいのは「専門用語」を使わないということ。

1回1回専門用語を検索して調べるのと、1度も検索せずにそのページを読むだけで理解出来るのとではどっちが読みたいと思いますか?って言ったらすぐ分かりますよね。

専門用語を調べるなんて面倒くさいことこの上ない。

だからこそ、読者にその余計な手間をかけさせないために噛み砕いた情報発信をすることを心がけることが大切です。

 

、もう一点。

説明書のような「疑問だけを解決出来る情報発信」をしていると読まれただけで試合終了な発信止まりになります。

それで良いって言う人はそれで良いのですが、この項目は「反応を得るブログの作り方」を解説しています。

読むだけで終わるような情報発信をしていると、間違いなく読者から反応は来ません。

 

じゃあ、どうすれば反応が得られるのかというとそれは単なる説明で終わらない情報発信をすることが大切になります。

そのためには「読者の悩みの解決」にプラスして「新しい発見」が必要不可欠。

 

僕がよくやる手法としては「あなたはこんな悩みがありますよね。その原因って○○だと思いますか?でもね、実はその原因は△△なんですよ」と、原因をスライドさせて読者の興味や関心を高める方法です。

ネタバレになるのであまり公開はしたくないのですが(笑)・・・

悩みの原因をスライドさせることによって「新たしい発見・気づき」を読者に与えるだけではなく、僕だけしかその悩みを解決出来ないと読者に思わせる事が出来ます。

そうなれば読者にとって唯一無二の理解者になることが出来るので、「もっと情報をくれ!」という状態になります。

 

また、「疑問だけを解決出来る情報発信」しないためにもう一つの大きな武器があります。

それはあなた自身の「主張」・・・説明書には絶対に「主張」は存在しません。

「このやり方が正式だけど、こっちのやり方をした方が僕は好きです。」なんて文章は説明書には絶対無いでしょ。笑

 

説明書では読んでも心は動かないけど、ブログや書籍を読んで心が動くのはこの「主張」があるのかどうかが大きく関わっています。

っていうか「主張」が無ければ、それを読む意味がなくなるんですよ。

全ての情報発信が事実だけを伝えるニュースみたいな状態になってしまうから。

 

で、主張をしたなら必ず根拠を付け加えて下さい。

例えば「このやり方が正式だけど、コッチのやり方をした方が僕は好きです。なぜならコッチを選択した方が2分も短縮出来て効率が良いからです。」という感じ。

主張を入れようと思ってただ闇雲に「コレが好き」「こうした方が良い」と言っても、そこに根拠が無ければただの自己満足の情報発信になってしまいますからね。

 

読んだ後で何をすべきかを明確にする(アクションステップ)

ここまでの項目を満たしていけば、読者が欲しがっている情報発信ができ、読者の心が動くような情報発信ができると思います。

そこにさらに加えるとパワーを発揮するのが「アクションステップ」。

 

アクションステップを入れることによって

  1. 具体性が増す
  2. 行動に移す事に繋がる

という2点を補完する事が出来るようになります。

 

色んな情報に触れて来たと思いますが、具体的ではない情報ってすごくストレスを感じませんか?

「で、俺は何をすれば良いの?」って思っちゃうような情報。

そのような情報がめちゃくちゃあって、たらい回しになった挙げ句僕のブログに辿り着いてお問い合わせを下さる方もたくさんいます。

それを考えると如何に「具体的なアクションがあるかどうか」が重要なのだと分かるかと思います。

 

クリックでも何でも良い・・・。

何か少しでも行動をさせることができれば、セールスという大きな目標を達成させることも容易に可能になります。

 

僕のブログでは至る所にアクションステップが掲載されています。
↓ ↓ ↓ ↓

 

心理学で有名なDaiGoさんが良い例で・・・最近、DaiGoさんが動画で情報発信をしていることをご存じでしょうか?

でね、その動画って言うのが無料の段階→有料の段階に分かれているんですよ。

「これ以上見たい方はお金を払って頂く必要があります」みたいな感じ。

 

DaiGoさんは知識が豊富だし人の心の動きというものを熟知しているので、無料の段階で視聴者の心を動かします。

  • え、そんな情報初めて知った!
  • もっと知りたい!
  • その切り口面白い!

そう思った視聴者がわずか数百円~数千円の有料動画へ移行していきます。

 

で、最終的にはDaiGoさんが執筆した新刊本を購入しているっていう寸法。笑

それぞれの段階を見るとすごく巧みなセールスが仕掛けられていることが分かります。

無料動画の段階 → 視聴者の心を動かす → 有料動画を見せる
有料動画の段階 → 安い料金だからまあ良いかと思わせて財布を開かせる →そこでも視聴者の心を動かし損はなかったと思わせる
新刊本 →本当の狙い、DaiGoさんの懐にどんどんお金が入ってくる

という感じ。

 

まずは無料の段階で価値のある情報を提供し、少額でも良いから財布を開かせる。

すると、さらに大きな金額も払いやすくなってしまうと言うのが人間の心理なんです。

 

だからこそ、ここまで解説してきたことを1つ1つ実践して下さい。

  • ブログを構築していない人はまずブログを作る。
  • ASPに登録していない人は登録する。
  • あなたが発信する情報のコンセプトを整える。
  • で、市場調査とキーワード選定を行ないそれを欲しがっている人に届ける。
  • そして取扱い説明書のレベルの情報発信から脱し、読者の心を動かす。
  • その上にアクションステップを置き、読者に小さな行動をして貰う。

 

コレが「反応を得るブログの作り方」の基本的な構造です。

 

 

、もう1つだけ忘れていることがあります・・・それは「問い合わせを頂く」こと。

読者からの最高の反応は「問い合わせをしてくれる」ということ。

商品が売れることよりももっと最高な反応こそが「問い合わせをもらう」ことです。

 

問い合わせがくるということは「読者の心を動かす事が出来ている」証拠だし、「信頼を頂いている」という証拠。

それに加え、

  • リアルな悩みがわかる
  • セールスが出来る

という2つの大きなメリットがあるので、情報発信者は絶対に目指すべきところ。

 

そのためには「問い合わせフォーム」を設置しましょうってことですね。

 

問い合わせフォームを設置する

取り合わせフォームの設置に関してはコチラの記事で解説をしています。

 

問い合わせフォームを設置するとか当たりまでしょ!と思う人もいるかと思いますが、お問い合わせ窓口を「読者が必要性に駆られた瞬間」に設置していますかって話なんですよ。

例えばこの記事でも各所に「何か分からない事があれば僕にメールをしてすぐに疑問を解決して下さい。僕への問い合わせはコチラ」というリンクを掲載しています。

 

逆に言うと、疑問がわきそうなところに問い合わせのリンクを差し込まないと問い合わせなんか来ないと思っておいて下さい。

その瞬間に問い合わせが出来ないと読者は疑問さえも忘れてしまいますから。

 

あとは随所に「問い合わせのリンク」があることによって「この人は読者の声を聞こうとしている」という印象を与える事が出来ます。

実際に読者の声というのはリアルな悩みが分かるので、情報発信者にとってはすごく貴重です。

 

そのため

読者の心を動かす事が出来る → 問い合わせが来る → セールスが出来る、悩みが分かる → さらにいい情報発信が出来る

という最高のスパイラルを生み出す事が出来ます。

 

「問い合わせフォーム」を軽視しているアフィリエイターが多いですが、これを有効活用しない手はないと思って下さい。

この「問い合わせフォーム」が読者と情報発信者を繋ぐ架け橋です。

それをしっかりと認識して下さい。

 


以上が「反応を得るブログの作り方」です。

これさえ実践出来れば怖いものなし!って思うでしょ?

でも、実際には読者は最初の3秒で記事を読むか決めています。笑

 

だから、どんなに良い情報発信をしていようが、最初の3秒をしっかり作り込まないと先を読まれないという最悪の状態に陥ります。笑

そこで最後に「見やすいブログの作り方」を解説して終わりたいと思います。



見やすいブログの作り方

【こんな事を解説します】

  • 読者が読み進めるか決める3秒の間に出来ること
  • ブログ全体を読み進めてもらう為に出来ること

 

見やすさ=読みやすさ。

ココまでの情報でもうお腹いっぱいの人もおおいかと思いますが、この「見やすいブログの作り方」の理解を深めないと大変な事が起こります。

どんな大変なことかと言うと・・・あなたが一生懸命書いた記事がゴミ同然と化してしまうってこと。

 

こんな恐ろしいことが他にあるでしょうか。笑

そんな恐ろしいことが起こらないように、「冒頭」と「全体」という2つのセクションに分けて解説をしていきます。

 

冒頭の勝負に負けたら情報発信者として死を覚悟せよ

「現代広告の心理技術101」というマーティングやコピーライティングを学ぶ人ならば誰もが持っている書籍を書いたドルエリックホイットマンは

「広告を見ている人のうち60%はヘッドラインしか読んでいない」ことをご存じだろうか?興味のある事柄に「目が留まらない」限り、ザットしか読まないのだ。つまり、あなたの広告を目にした60%は最初の数ワードしか読まない。なんてことだ。

と語っています。

 

広告業界の権威がこんなことを言っているんですから、僕らが発信する情報なんてほぼ読まれないと思っておいた方が良いんです。笑

60%は最初の数ワードしか読まない…つまり、時間にすると人はわずか3秒程でそのブログの第一印象を決めてしまい、離脱していくんです。

あなたのブログは本当はもっとおもしろい?

ちゃんと見てもらえればもっと認めてもらえる?

 

いやいや違うんですよ。

冒頭が勝負なんです。

そこで読者が「読みたくない」と思ってしまったらどんなに時間をかけて記事を書いたとしても、それはゴミ同然と化してしまうんですよ。

 

だからこそ僕はあなたにこの言葉を贈ります。

冒頭を制するものは情報発信を制す

「スラムダンク」の赤木先輩を知っている人ならばどこかで聞いたことがある言葉ですね。笑

 

コレを聞いただけだったら「じゃあ、キャッチーなタイトルを付けて、広告の文章みたいな感じで始めれば良いのね」と安易に考えてしまうと思います。

しかし、それが出来たらみんなが名コピーライターなんですよ。笑

皆が出来ないからこそ、コピーライターの権威達は年間数百億もの巨大な金額を稼ぎ上げているわけ。

 

だったら、僕らは違う部分で勝負を仕掛ける必要があります。

そこで活用して欲しいのが4つの学習タイプ。

コレは1970年代のアメリカ教育論者デイビッド・コルブが提唱した経験学習モデルのこと。

 

人は4つの学習タイプに分類されます。

その4つのタイプとは・・・

  • なぜタイプ → 理由やメリットを求める
  • なにタイプ → 全体像、具体的な内容や証拠を求める
  • どうやってタイプ → 具体的な手順や方法を求める
  • 現実的タイプ → 最初の一歩を踏み出すきっかけ、とりあえず何をしたら良いのか

人はこの4つのタイプのうちほぼ全てを備えているのですが、割合が高いものがそれぞれ違っています。

 

でね、この学習タイプに響くように冒頭を作り上げるというのが、僕が実践している方法。

具体的にはこんな感じ。↓

  • どんな人に向けた情報なのかを明確にする
  • 読んだことで得られるメリットを協調する
  • いきなり証拠を突きつける
  • もくじ、見出しを入れる
  • 読んだ後どんな未来像を手にするのかを明確にする
  • 画像を挿入する

 

どんな人に向けた情報なのかを明確にする

まずは「どんな人に向けた情報なのか」を明確にすべき。

これは4つの学習タイプ云々という話ではなくて、「あなたはこの記事を読むべき読者です」という事を明確にして上げると読み進めてもらえる可能性が高まります。

もしも、ココで明確に線引きした読者像から漏れた場合は「読まない」という行動をします。

しかし、そもそもあなたが想定している「読者像」では無いなら読み進められたところであまり意味はないので思い切って線引きして下さい。

 

読んだことで得られるメリットを協調する

なぜタイプ向け。

インターネット上の記事というのはだいたい5000字程度で作られています。

なかなか長い・・・。

 

だからこそ、冒頭で「読み進めたらこんなことが分かりますよ」というメリットを明確にすることによってなぜタイプが動き出します。

自分が求めているメリットが書かれていると分かれば、先を読まないバカはいないんですよ。

 

例えばこの記事は

 

ってな感じ。

 

 

いきなり証拠を突きつける

なにタイプ向け。

冒頭でいきなり主張をして、その確かな証拠を突きつける。

そしたらなにタイプが動き出します。

 

例えば「問い合わせがばんばん来るブログで稼げてないブログは無い!」と高らかに宣言をして、めっちゃ問い合わせ来てる画像と収益画像を見せつけるって感じ。

ぐうの音も出ませんよね。笑

で、「問い合わせが来るブログを作るにはどうすれば良いのか」が分かる内容だよ~ってメリットを教えて上げればなぜタイプも動き出しますね。

 

もくじ、見出しを入れる

なにタイプ、どうやってタイプ、現実的タイプ向け。

目次は記事の全体像なので、全体像を知りたがるなにタイプには非常にありがたい情報になります。

目次をさらっと読めばメリットも分かるしね。

 

あと、目次には「どうすれば良いのか」という情報もふくまさっている場合が多いので、どうやってタイプも動き出します。

現実的タイプは「自分が今すぐ読みたい箇所」へ動き出せます。

目次を入れていないページって結構ありますが、僕が目次を冒頭に入れているのは以上が理由です。

 

読んだ後どんな未来像を手にするのかを明確にする

現実的タイプ向け。

メリットともとれるような項目ですが、読んだ後読者がどうなっているのかを強くイメージさせて上げる事が出来れば、今すぐ行動に移したい現実的タイプが読み進め、読み終えた後何をすべきかを探し始めます。

本文にアクションステップがあるとより現実的タイプが満たされる情報発信になります。

 

画像を挿入する

これはどんな画像を扱うのかによって響くタイプが異なります。

ただ、画像というのはキャッチーで情報が入ってきやすいので効果的に利用する事によって一気に読者の心を掴む事が出来るようになります。

 

しかし画像が効果的だからと言って何でもかんでも画像を挿入するのは逆効果。

ましてや冒頭に意味の無い画像を挿入したところでその効果は0だと認識して下さい。

読者はほぼ脳死状態で記事を読んでいるため、画像というのは脳死状態の読者に情報が入りやすい貴重な瞬間。

だからこそ、読者に絶対に受け取って欲しい情報を画像にまとめて提供するように心がけて下さい。

 

以上が情報発信者として生き続けるための術。

冒頭を制するために何が出来るのか・・・というお話しでした。

でね、肝心の冒頭を乗り越えたなら、後はどんどん先を読ませるためのブログを構築していく必要があります。

 

そこで考えて欲しいのがブログとはほぼほぼ文章によって構成されているって話。

だからこそコピーライティングという技術がスゴく重要視されているわけですが・・・そんなに重たいテクニックを学ばなくても、少し意識を変えるだけで驚くほど文章と言うのは読みやすくなります。

その「ほんの少しの意識を変えるべき部分」を4つ上げてご紹介します。

 

冒頭の壁を越えたならどんどん先を読ませる

その4つの項目とは・・・

  1. 文章のまとまりと適度な改行
  2. 文章は簡潔に
  3. 話しかけるように書く
  4. 同じ語尾を連続して使いすぎない

です。

 

文章のまとまりと適度な改行

コレはブログ特有のお話しですが・・・僕のブログでは文章を3つ書いたら大きな空白を空けています。

何となく読み進めていると思いますが、適度に大きな空白をとることによって真っ黒な印象を与えないように気をつけています。例えばこんな風に文章が続きまくるとスゴく読みづらいでしょ?ページが真っ黒になってしまい、スゴく窮屈な印象を与えるし、何処の行を読んでいたのか分からなくなってしまう事ってありませんか?

だからこそ、適度に改行して空白を作ります。

 

しかし、

そうは言っても空白があり過ぎるとスクロールするのが面倒くさいし、

 

 

スカスカの情報しか提供していない印象を与えます。

 

 

だからこそ、文章のまとまりと適度な改行に心がけて下さい。

適度な空白は3つの文章1つの空白です。

このブログの文章構成をそのままパクって頂ければ読みやすい構成が出来上がりますよ。

 

文章は簡潔に

専門書や小説などは1文がやたら長い文章があったりしますが、ブログ上の文章は基本的に1つの文章にいくつものメッセージを加えてはいけません。

1つの文章で伝えるのは1つのメッセージ。

そうやって簡潔な文章を心がけ、ダラダラとした文章を書かないように気をつけなければいけません。

 

何度も言いますが、ネット上の情報を読んでいる人はほぼ脳死状態。

そんな脳死状態の人に1コの文章で何個もメッセージを伝えようとしても全く伝わらないんですよ。笑

 

例えば・・・

僕は今日アイアムサムという名作を見ている途中にひらめき、近所のスーパーに行ってコーラとポップコーンを買い込んで急いで家に戻り、まるで映画館にいるような気分に浸りながらアイアムサムの続きを見ました。

 

これだと読者は「あー何言っているか分からないー、あー、あー。」という状態になります。

そこで、1つ1つの文章を短くすると・・・

僕は今日名作映画のアイアムサムを見ました。途中で映画館気分を味わいたくなったのでDVDを止めて、スーパーにいきました。そこでコカコーラとポップコーンを購入。帰宅した後は映画館のような気分に浸りながらアイアムサムの続きを楽しみました。

 

Twitterが140文字制限というのは非常にネット向きなルール。

暇つぶしでだらだら眺めている人に取ってはそれくらいの情報量が丁度良いんです。笑

ブログで発信する文章もTwitterを参考に短く簡潔に発信した方が遥かに先を読まれます。

 

話しかけるように書く

そして「話しかけるように」書くことを心がけて下さい。

「話しかけるように」というのは、文章形式ではなく「話し言葉」で書くと言うことです。

・・・と言うのも、われわれが普段触れているのは「書き言葉」よりも圧倒的に「話し言葉」の方が多いですよ。

 

慣れ親しんでいる方が馴染みやすい、馴染みやすいと言うことは読みやすいと言うことです。

ブログで文章を書くと、急に「~でしょう」とか「である」とか「きわめて」とか話し言葉ではなかなか使わないような硬い表現を使う人が多いです。

そりゃあね、会社の書面で砕けた話事をを利用するのはいけないことですが、ブログの文面で硬い表現をを臨んでいる人は0です。

言い切ります・・・0です。笑

 

だから敬語は使いますが、友人に話しかけるようなイメージで文章を書いていく。

コレがブログ上の文章には大切です。

 

同じ語尾を連続して使いすぎない

ここまで1万文字以上をかけて解説してきましたが、実は「~です」というありがちな語尾は3つ連続までしか続いていません。※多分ね。笑

同じ語尾は4つ以上続いてしまうと、読み手側の意識としては単調なリズムが続いてしまい非常に眠くなってしまうんです。

そのため、多種多様な語尾でここまでお送りしていたんです。

 

健気な工夫をしてるな・・・とちょっと僕のことが愛おしくなってきませんか?笑

読まれるブログにはそのような小さな工夫が随所に用いられているんです。

 

アフィリエイトブログの作り方解説まとめ

今回は非常に長い記事になりました。

・・・と言うのも

ソーシャルメディア上に資産を持つとしたら、
私はブログから始める。

クリス・ブローガン New Marketing Labsの創業者

この名言にもあるように、ブログというのは圧倒的にインターネット上で資産性の高いメディアであり、なおかつアフィリエイトでは土台となるメディア。

 

だからこそ、「ブログの作り方」というテーマはかなり熱が入ってしまいました。笑

今回の記事では「ブログの作り方」という大きなテーマを4つに因数分解して解説しました。

  1. 実務的なブログの作り方
  2. 広告収入を得るブログの作り方
  3. 反応を得るブログの作り方
  4. 見やすいブログの作り方

 

この4つを1つ1つステップを踏んで実践していくと自然と収益があがるブログが出来上がります。

まさに「0から収益化まで」というタイトルに相応しいというか・・・ここまで解説しないと「0から収益化まで」というテーマは語り尽くせないって感じです。笑

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

この記事に関して何か分からない事があったらお気軽にお問い合わせ下さい。^^

僕へのお問い合わせはコチラからどうぞ。

 


 
今ではこうして色んな方に感謝されながらネットビジネスを教えていますが、ココまでくるのにはもの凄く遠回りをしてきました。 
 
その振り幅の広い経験値から、あなたに「稼ぐためにはコレをすべき」とどうしてもお伝えしたい事がありまして・・・ 
今回は僕のメルマガに登録をして頂いた方に無料プレゼントという形でお届けすることにしました。 
 
  • ネットビジネスを実践してもなかなか稼げない・・・という人
  • 初めて取り組むから何から初めてら良いのか分からない・・・という人
には、是非とも受け取って欲しいプレゼントをご用意しています。   
 
僕がうまくいかなかった時期から、どのようにして成功することができたのか。 
ここまで読んでくれたあなたにこっそり教えます。 
 
さらに、シークレット特典もご用意しています・・・詳細はこちらをお読み下さい。