どうも、ハクです。

どうやらGoogleが検索エンジンの仕様に変更をもたらしました。

その変更部分とはスニペット表示。

アフィリエイターなどのSEOを考慮したブログ運営者にとっては「meta description(メタ・ディスクリプション)」と言った方がなじみ深いかもしれませんね。

この部分の文字数の制限が変更されたのです。

具体的に何が変更したのかを解説し、それがSEOに与える影響を考察します。

 

Googleのスニペット表示とは

スニペットという単語はアフィリエイターにとってもあまり馴染みのない単語だと思います。

具体的には、何かのワードで検索をした場合にココに表示される部分。

 

 

Googleはこのスニペットの部分をウェブページの解説もしくは引用と定義しています。

端的に言うと、そのページにどんな事が書かれてるかを説明した部分って事ですね。

 

検索をかけるとぶわーっとたくさんのページが表示されるため、どのページを読もうか・・・と自然にスニペット部分に目を向けている人も多いと思います。

僕はかなり注目して見ますね。

なぜなら検索エンジンが絶対的にその内容の質だけを評価して検索上位に表示させているとは限らないことを知っているから。笑

 

まあ、最近ではどんどん検索エンジンのアルゴリズム(法則性)が変化しており、検索ワードにしっかりと答えられているページを上位に表示させる傾向が強まっていますけどね。

ホント、質を求めてブログ運営をしている身からすると有難い限り。

 

反対に「質」ではなく、ただただ検索エンジン対策をしていたアフィリエイターは大きな損害を受けているようですね。

僕の知り合いのアフィリエイターはごり押しの被リンク作業によって検索エンジンから評価を書く遠くしていたので、めちゃくちゃ影響を受けており、収益は一気に下がったと言っていました。

このような人には本当に申し訳ないですが、出来る限り早く検索エンジン上位からいなくなってほしいものですね。(;´∀`)

 

話がそれましたが、スニペットとは読者がどのページを読むのかを選ぶ上でかなり重要なポイントになる部分ってことです。

このスニペット・・・どの文章が表示されるのかと言うと一概には言えないというのが正直なところ。

しかし、多くの場合「meta description(メタ・ディスクリプション)」が表示されることが多いです。

 

meta description(メタ・ディスクリプション)とは

meta descriptionとは、内に記述されるそのページの概要を現す文字情報のこと。

WordPressの場合、扱っているテーマによってmeta descriptionを記述する部分は異なると思うのですが、「All In One SEO Pack」というプラグインを導入していれば、記事投稿画面の下の方に「ディスクリプション」と表示が出てきます。

 

このmeta descriptionに記載した情報がそのままスニペットに表示されるとは限りませんが、meta descriptionに記載した内容がそのページ内の情報を端的に表していると判断された場合はそのまま検索結果に表示されます。

だからこそ、「meta descriptionに何を記載するのか」はアフィリエイターにとって重要視すべき点。

多くのページでそんな解説がされていますね。

 

1点忠告をしておくと、meta descriptionがSEOに影響を与えるとはほとんどないと言われています。

以前はかなり影響を与えていたのですが、今ではほとんど影響はありません。

 

ただ、そもそもタイトルに含まれないようなかなりニッチなワードを検索した場合は

ページ内にそのワードが含まれていると、その部分がスニペットに表示され、しかもそのワードが太文字表記で表示されることがあります。

 

例えば「めぐっちゃん回」というワードで検索をかけます。

こんなワードをタイトルに入れて記事を書く人なんてほぼいないわけで。

そのため、スニペットに「めぐっちゃん」「めぐり」「ちゃん」と入っているものが検索の上位に挙がってきます。

 

 

つまり、meta descriptionが少なからずSEOに影響を与える部分もあるってこと。

そのため、アフィリエイターの間では検索にかかりそうなワードをmeta descriptionに入れた方が良いと考えられているんです。

 

スニペット表示が160文字から250文字に変更

 

そんなアフィリエイターにとって重要な要素の仕様が2017年12月に変更しました。

それ以前はmeta descriptionに記載する文字数は160文字以下にしろ!という御触れが回っていました。

なぜなら、それ以上の文字数を入れてしまうと検索結果に表示されるスニペットが途中で途切れて「…」と見切れてしまうんです。

 

これではページの概要を端的に説明したスニペットを効果的に利用できないということで、meta descriptionはスニペットに表示される160文字以内にせよ!と言われていたんです。

しかし、その160文字という文字数が250字に変更されたんです。

 

実際に検索をしてみると分かりますが、220字~230字程度のスニペットが出てきます。

ただ、全てのページに適用されているわけではなく、特定のページに対してスニペットの文字数が多くなっているようです。

これについての法則性は・・・正直あまり良く分かってはいません。

 

変更に伴ってmeta descriptionを変えるべきか

マックス250文字詰め込めるならば、以前書いていたmeta descriptionを修正して250文字に設定した方が良いのでは?

という質問が来そうなところ。

 

これは一概には言えません。

確かにスニペットにたくさんの情報があることが読者の興味を引き付ける事につながる可能性は大いにあります。

それにたくさんの文字を入れることによって検索キーワードに引っかかる可能性も高くなるため有利に感じるでしょう。

 

しかし文字数が多いことによって、そこだけで得られる情報に満足して逆にページを開かないという現象も起きかねません。

それに端的にまとまった情報ではなく、ダラダラと書かれたスニペットはクリックスルーを招くこともあるかもしれません。

 

そのため、meta descriptionを160字以内で書いていた以前の記事については変更する必要はないのではないか・・・と僕は思っています。

今後、この仕様の変更によってどんな影響が起きるのかは随時情報を追っていこうと思っていますので、何か分かったらまた追記いたします。

 

現状、どうしていけばいいのかをまとめると

  • 2017年12月以前の記事についてmeta descriptionは文字数を増やす必要はない
  • 2017年12月以降の記事についてはmeta descriptionの文字数の上限が250字であることを意識して端的にページ内の情報をまとめていく

という事です。

 

少々専門的な話になりましたが、meta descriptionはアフィリエイターとして知っておいた方が良い情報なので、何か質問などありましたらどしどしメールください。

ハクへの問い合わせはコチラ

 


 
今ではこうして色んな方に感謝されながらネットビジネスを教えていますが、ココまでくるのにはもの凄く遠回りをしてきました。 
 
その振り幅の広い経験値から、あなたに「稼ぐためにはコレをすべき」とどうしてもお伝えしたい事がありまして・・・ 
今回は僕のメルマガに登録をして頂いた方に無料プレゼントという形でお届けすることにしました。 
 
  • ネットビジネスを実践してもなかなか稼げない・・・という人
  • 初めて取り組むから何から初めてら良いのか分からない・・・という人
には、是非とも受け取って欲しいプレゼントをご用意しています。   
 
僕がうまくいかなかった時期から、どのようにして成功することができたのか。 
ここまで読んでくれたあなたにこっそり教えます。 
 
さらに、シークレット特典もご用意しています・・・詳細はこちらをお読み下さい。