どうも、ハクです。

「目標」に対して「とりあえず設定するだけのゴール地点」という印象を持っている人ってたくさんいるのではないでしょうか?

目標を持ったとしても、それは「理想とするゴール」であり、たどり着けなさそうなら「妥協してもいい」ものというイメージがありますよね。

 

それ、ホント幻想だから!

その幻想は一刻も早く破壊しましょう。笑

 

今回は目標を達成することで自由になった僕が、一体どうやって目標を達成する事が出来たのかをご紹介します。

僕は自分自身でも自己投資を惜しみませんし、僕の師匠も自己投資マニアなので色んな情報が入ってきます。

 

↓コレは師匠の極秘PDFファイル

 

今回はそこで得た超有料級の中身になっています。

 

「成功」は「目標達成」なしではあり得ません。

アフィリエイトでは月に1万円を稼げない人が全体の50%と言われているので、そこから抜け出すだけでも「成功」の部類に入っていると定義づけて良いかと思います。

で、そのほとんどが形はどうあれしっかりと目標を達成させ続けています。

 

コレは僕のコミュニティメンバーを見ても分かりますね。

例えば、コミュニティメンバーの中には70歳を超えた方がいらっしゃいますが、この方は

「〇日までにこの作業を終了し提出させて頂きます」

とご自身の目標を必ず僕に告げます。

 

 

そしてその期日が来ると必ず報告をしてくれます。

時には目標を達成しきれずに完成されていない途中経過のものを提出してくるときもあるのですが、必ずデッドラインを決めて、期日になったら報告をくれます。

 

「何だそんなことくらい自分にも出来るよ」と思うかもしれませんが、こんな些細な事が出来ない人っていっぱいいるんですよ。

そもそも期日を決めると「やらなければいけない」という思いに駆られるため、デッドラインを決めたがらないでしょ・・・。

で、そのデッドラインを迎えた際に中途半端なものしか出来ていなかったら報告することをためらう人ばっかりでしょ。

 

ま~、進まない。笑

 

指導する側としては、

  • とにかく報告をくれる
  • 中途半端でも良いから書いた文章を魅せてくれる

ことをしてくれないと何も指導が出来ないんですよね。

 

このコミュニティメンバーの方は「自身の行動にロックをかけて実践している」ってことなんです。

ここから「目標を達成する方法」を掘り下げて解説をしていく上で「行動にロックをかける」という内容も解説していきます。

が、この冒頭部分についてはよくよく考えてみて下さいね。

 

では、僕なりの目標達成する人、目標達成する方法をお教えしましょう。

 

世に溢れる目標達成法

「目標達成法」には色んなものがあります。

最近有名になった目標達成方法は、メジャーリーグで活躍中の大谷選手が高校時代に実践していた目標設定法かな?

名前は「マンダラート」。

 

 

画像を見て頂ければ分かるんですが、真ん中の「ドラ1 8球団」というのが目標です。

で、その目標のマスのまわりを囲んでる青く色が変えられている8マス。

これが目標を達成する為に必要な8項目です。

で、その8項目を達成する為の具体的なアクションがさらに8個ずつ用意されているって感じです。

 

見て分かるように「160km/h」とか「変化球」とか達成しちゃっているわけです。

実際には高卒ですぐにメジャーに行こうとしていたのを日ハムが止めた感じになったので「8球団からドラフト1位」というのは叶わなかったわけですが、

それでも世界的に唯一無二の選手として成長し、メジャーリーグで活躍をし続けているというのはスゴいことです。

 

僕も実際にこのマンダラートにチャレンジした事はあるのですが・・・継続することが出来ませんでした。笑

他にも「目標達成 方法」というワードで検索をかけると色んな方法が出てきます。

 

るページでは「目標達成するために以下の7ステップを踏む」という情報が公開されていたり・・・

  1. 欲を知る!
  2. ゴールと目標を設定する!
  3. 信念を作り上げる!
  4. 結果に繋がる考え方、行動を学ぶ!
  5. 結果に繋がる行動を、正しく実行する!
  6. 結果が出るまで、やり抜く!
  7. 「欲」「ゴール」「目標」を調整する!

 

るページでは「目標を達成する為に以下の項目が重要である」という情報が公開されていたり・・・

  • ゴールから逆算して実現可能な計画を立てる
  • うまくいかなくても諦めずに修正する
  • 達成したときのメリットを見える化する

 

らに、あるページでは目標を達成する為に

潜在意識をプログラミングすることが重要だ

と言われていたり。

 

このどれもが正解なので、あとはピンと来るものを実践して頂ければ良いと思います。

ただ、「結果が出るまで、やり抜く!」とか正直根性論のような気がしてしまいます・・・やる気に左右されてしまって結局出来ない事に繋がるんだろうなあ、と言うイメージしかわきません。

 

また、「潜在意識をプログラミングする」・・・これは良いことを言っているんですが、実際にページを読んでみるとめっちゃ説明が浅いので実践に落とし込むのは無理です。

潜在意識に新しい情報を書き込んでいかに習慣化させるのかと言うことは僕も賛成なんですけど、それをきちんと言語化して読者に提供して上げるというのがめちゃくちゃ重要。

その話をするなら「潜在意識って何か」ということを伝え、強制的に新しい情報を潜在意識に埋め込み、過去とは違う習慣を体得することが重要だということを順を追って伝える必要があります。

 

しかも、本当に習慣づけをするためには定期的にメンターのような存在にフィードバックを受けて、現在地を確認しながら前に進むことが大切です。

結局、半年以上の時間を要してそこまで解説をしているのって数百万円を支払わないと聞けないようなセミナーになっちゃうんですよね・・・。笑

僕自身も自己投資をしているし、僕の師匠も自己投資マニアなので、高額セミナーの情報はたくさん入ってきます。

 

そういうものから情報を摂取していて感じるのは「やっぱり高額なだけあるな」・・・ってこと。

ウェブに転がっている様な浅ーい情報じゃないんですよ。

 

そこで僕がウェブ上の情報に切り込んでいこう・・・ってことで今回の記事執筆に至っています。

検索エンジンで何位になるのかは分かりませんが、あなたにこの情報が届いたことを嬉しく思います。

では、早速解説をしていきます。



目標達成の5ステップ

 

まずあなたにお伝えしたいのは、この記事に書かれている内容が絶対100%の正解ではないってこと。

納豆が好きな人もいれば、納豆が嫌いな人もいるように、性格や経験によって情報や方法が上手く合致する人としない人がいます。

そのため、ココに書かれていることを実践してみて「合わないな」と思ったら別の手法を実践してみることをお勧めします。

 

でも、まずは騙されたと思ってやってみて下さい。

やってみないことには何も始まりません。

頭だけで考えて全てを悟ったような気になっている人がいますが、そういう人はいつまでたっても行動に移すことが出来ない最悪の人間なので、まずは実践に移してみるクセを付けて下さい。

コレは目標を達成するためにもかなり重要なことなので理解して下さいね!

 

そして、ついに公開します・・・僕が提唱する目標達成法の5ステップです。

たったの5ステップです。笑

 

その5つのステップとは・・・<目標設定編>と<行動実践編>に分かれます。

<目標設定編>
ステップ1:具体性を持つ
ステップ2:100%コントロールできるものにフォーカスする

<行動実践編>
ステップ3:行動をロックする
ステップ4:思考ノイズの排除
ステップ5:余計な行動の排除

 

必要なものだけを残し、かなりシンプルにまとめました。

では、1つ1つ解説をしていきましょう。

 

目標達成の5ステップ<目標設定編>

ステップ1:具体性を持つ

目標を達成するためには、達成するための「目標」なければ意味がありませんよね。

実はこの「目標を設定する段階」で既に「達成出来るかどうか」の7割が決定します。

 

で、達成出来ない目標というのがだいたい「ぼかした表現」なんです。

目標設定をする際には「ぼかし表現」をしないことが大前提。

「ぼかし表現」というのがどんなものか分からない人が多いと思いますが・・・会社の会議で良く出てくるような単語です。

 

  • 徹底する
  • 主体的に行なう
  • 意識する
  • きっちり・しっかり実践する
  • 効率化する
  • 目指す
  • 参考にする
  • 努力する
  • うまいことやる
  • 積極的にやる

・・・これらの言葉を聞いて具体的なイメージが頭に浮かんだ人はいますか?

 

イメージ出来るかどうかは人によるので、イメージ出来るならこれでも良いです。

このような抽象的なぼかし表現でもイメージ出来る人は、

  • 抽象的なものをイメージする力がもともと強い
  • 一般的なレベルよりも進化が進んでいるためイメージ出来る

という人です。

 

「進化」と言うのは特定の項目、ジャンルについてでも当てはまります。

例えば僕は「ありがとう。愛してる。」と心の中で呟くという謎の習慣を実践しています。笑

この指にはめるカウンターで毎日毎日計測しているのですが、開始して3~4ヶ月程度で30万回ほど呟きました。

 

 

そのため、「感謝を徹底する」という「ぼかし表現」が入った目標でも実践していく事が可能です。

これには先ほど少しだけ解説した「潜在意識」というものが関わっています。

僕の場合は「感謝」が潜在意識に根付いて意識をしなくても良いほど習慣化しているため「ぼかし表現」でも目標としてやりとげることが可能です。

 

だって、例えば「毎日歯を磨く」なんてことをわざわざ目標に設定する人はいないでしょ?

「特定の項目についての進化」というのはこういうこと。

 

しかし、僕のような「感謝をする習慣」がない人は「感謝」を意識する事から始まります。

これは「潜在意識」という無意識的な部分ではなく、「顕在意識」と言うハッキリと意識をする部分で認識をしなければ実践をしていくことが出来ません。

つまり、「感謝を徹底する」では目標を達成する事が出来ずにそのうち辞めてしまうのがオチです。

 

その場合は、「1日に30回『ありがとう』を言う」という具体的な言葉・数字を加えたものを目標とする必要があります。

そうでなければ何をしたら良いのか分からない状態に陥るんですよ。

「感謝を徹底する」なんて抽象的な目標を設定したところで、いきなりずーっと「感謝」を意識する事はできないわけ。

 

こうしていつものような「どうせ達成する事が出来ない目標設定」が誕生するんです。

一見前向きのようなイメージを抱く「ぼかしワード」はたくさん存在します。

これらは前向きなイメージを抱くだけ厄介なワードです。

絶対に目標設定に使う事は避けましょう。

 

ステップ2:100%コントロールできるものにフォーカスする

「ぼかし表現」「ぼかしワード」を避けたなら・・・次はあなたが100%コントロール出来るものに焦点を当てることを意識して下さい。

じゃあ、「100%コントロール出来るもの」と言うのは何か・・・今から2つの例を表示するので、どっちがあなたが100%コントロール出来るものなのか考えてみて下さい。

 

  • 月収10万円以上を稼ぐ
  • このサイクル(1日目:キーワードを出す、2日目:記事の構成を考える、3日目:本文を書く)を繰り返す

 

あなたが100%コントロール出来るものはどちらなのか分かりましたか?

その答えは・・・2番ですよね。

2番が100%コントロール出来るものなのに、いざネットビジネスに参入した人が設定する目標って1番ばっかりなんですよ。笑

 

面白いですよね~。

「ネットビジネスをやろう!」と考える人は、ほとんどが今よりも多くの収入を望む人ばかりなので目標設定が金額ベースになっちゃうんですよ。

 

しかし、ネットビジネスにおける収益って言うのは

  • 検索エンジンの影響はどうなのか
  • どのような文章を書けるか
  • メルマガを発刊するのか
  • どんな人がそれを読んでくれるのか
  • ターゲット設定は適切なのか

・・・などなど、スキルの獲得や運にさえも左右されるものです。

 

そのため、目標として設定してしまうと不安に駆られてしまいます。

しかも会社を辞めることを視野に入れていたり、何か明確な理由でお金が絶対に必要になる場合はますます不安感を募らせます。

だからコミュニティメンバーにはタイミングを見て「金額ベースの目標を持っても良いけど、その場合は努力ベースの目標も持って下さい」とお伝えしています。

 

コミュニティメンバーの中には、20代の主婦の方がいます。

僕に問い合わせをくれる前からアフィリエイトを実戦していたのですが、検索エンジンの影響で収益が3分の1になってしまったそうです。

コミュニティに参加をしたばかりの頃は、ある事情によってお金が必要であるためかなり焦っていました・・・。

 

大丈夫かな・・・と思っていましたが、その不安は的中し、ついには作業の手が止まってしまいました。

その時に来た実際の内容がコチラ。

 

 

この方は元々文章力があり、情報発信のセンスに溢れている方でした。

ブログを見る限り検索エンジンの順位が下がったのは更新頻度やコンテンツボリュームなどが原因である可能性が大きかったため、とにかく作業を続ける事で収益が上がることが予想できました。

しかし、金額だけに目がいってしまうと手が止まり、作業が出来なくなってしまうんです。

 

いかに、金額ベースと平行して努力ベースの目標を設定する事が重要であるかって話。

僕が返信をした内容は以下です。

 

 

自分が100%コントロール出来るものにフォーカスしておけば、無駄な不安感に左右されることなく作業の手が止まることはありません。

っていうかそれが目標を達成することに繋がるので、何を差し置いてもやるしかないんですよ。笑

 

でも金額ベースの目標を持っていると、実際の作業にそれが反映できません。

「具体的に何をやれば良いの?」って状態になってしまいますよね・・・今何かをしたところでその目標を達成する事が絶対に出来ません。

ネットビジネスというのは、毎日の積み重ねが収益を生み出してくれるビジネス。

FXのように「今この瞬間」にトレードしたからって大金が生み出せるビジネスではないんですよ。

 

だから不安を全身で感じるしか方法がなくなってしまうんです。汗

この状態に陥ると本当に最悪な状態を招き、何にも出来なくなってしまいます。

 

あと安心感を増す方法は、自分の豊かさに気付く事。

そもそも論としてネットビジネスをしなくても幸せを感じることは出来るんですよ。

日常の食事には困らず、紙や本、パソコン、電気、ガスなどのものに囲まれ、多少の不自由はあるにしても生命に関わる重大な悩みはないんです。

 

もちろん金銭面的に不自由は多少あるのでしょうが、それだって最悪パートしたりものを売ったりすれば何とかなります。

人というのは豊かで幸せです。

自由よりも不自由を探す方が絶対に少ないはずなんです。

 

呼吸が出来ます、心臓が動いています、上を見たら空があります、山はキレイで、地面は平で、太陽が輝いています。

 

しかし、視点はついつい限られた不自由の方にいってしまいます。

1度、自分の豊かさに目を向けてみて下さい。

そして、周りに溢れている物や人に感謝をしてみて下さい。

 

そうすると自ずと鼓動はおさまり、安心感が増加するはずです。

大丈夫。今のままでも完全です。

その上で何かの目標を達成したいがために、あなたはこの記事を開いているのです。

 

もう無敵ですね。笑

レベルアップするためにも、どうか自分で100%コントロール出来るものにフォーカスをした目標を設定して下さい。

 

ここまでが<目標設定編>。

目標設定編で解説したステップは以下の2つでした。

ステップ1:具体性を持つ
ステップ2:100%コントロールできるものにフォーカスする

 

この2点を消化して目標を設定し、<行動実践編>へ移っていきます。

行動実践編は以下の3ステップを実践していきます。

ステップ3:行動をロックする
ステップ4:思考ノイズの排除
ステップ5:余計な行動の排除

では、<行動実践編>の1つ1つを掘り下げていきますよ!



目標達成の5ステップ<行動実践編>

ステップ3:行動をロックする

目標達成をするために第一に重要なポイントは「行動をロックする」ということです。

「行動をロックする」と言うことは、決めた事を四の五の言わずやる、やりきると言うこと。

こう言うと「出た~、体育会系のノリ・・・」と感じる人もいるかと思いますが、出来るだけ噛み砕いて根拠を添えて解説をしますのでご安心を。

 

っていうか「気合いだ!やれ!」とかいうアドバイスなんて誰でも出来ますからね。笑

ホント、楽なアドバイスですよね。

こういう指導しか受けたことがない人もいるかと思いますが、コレは指導者側に説明するのに足る知識や経験がないからです。

 

何かの行動をするときに「えー自分は自信が無いから行動に移すのは不安なんです・・・」と言う人がいます。

いいですか・・・自信があるから結果が出るのではなく、結果が出るから自信が付くんです。

だから、全ての「自信」には先に行動が伴うということをまず意識して下さい。

 

言い訳をする人はまず動いてみろって話ですね。

じゃないと「自信」は生まれないし、目標を設定した意味もなくなります。

そして行動したことによって初めて「検証」が出来るようになります。

 

つまり、行動しないと全てが「机上の空論」になってしまうということ・・・。

目標を達成し続けて成功したいのであれば、哲学者のように理論や道徳ばかりを語るのではなく「実践者」「体験者」にならなければいけません。

 

行動の前に

  • 行動するためのやる気をあげる事が出来れば・・・
  • いや、モチベーションが・・・
  • 自信がないから・・・

とか考えるような人はどんどん体験・実践することが後回しになってしまい結果が出るのが遅れてしまいます。

 

だからこそ、まずは行動にロックをかけます。

行動している最中に「あれ?もしかしてこれ間違っているかも?」と思うこともあるかもしれません。

しかし、行動をロックしてやりきります。

今日も明日もやりきります。

 

その結果「失敗」しても良いんです。

行動したことによって「失敗」という結果に行き着くことが出来たのですから、次は「どうすれば良いのか」を考えて別の行動を起こせば良いわけ。

どんなに大きな成功をおさめた人だって結局はこの繰り返しです。

 

だって、それ以外に方法は無いですから。笑

数学みたいなものです。

成功するための公式を見つけるためにたくさんの計算を試してみる・・・結果、どの計算が不必要なのかが分かり、最短の公式が見つかります。

しかしそれには色んな方向でしらみつぶしに計算をしてみて、何が「失敗」なのかを見極めなければいけないんです。

 

いかに「行動をロックしてやりきること」が大切なのかが分かったでしょうか?

これが全ての成功の素。

コレが出来ない人はいつまでも「机の上の議論」しか出来ないってこと。

 

しかし、どうすれば行動をロック出来るのか分からない・・・と言う人は、僕がお勧めするアクションアイテムを購入して活用してみてください。

 

アクションアイテム1:ポストイット

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

3M ポストイット ノート 超徳用パック CP-33SE
価格:939円(税込、送料別) (2018/9/17時点)

 

楽天で購入

 

 

 

僕の場合は今日のうちに「明日やること」をポストイットに書き出して、それに対してロックをかけています。

ポストイットはパソコンや机に貼りだして目に見える場所に貼っておきます。

 

 

僕のお勧めは粘着力が強力のもの・・・ちょっと値段が高いですが数百円で購入できますので活用してみて下さい。

書き出すことで頭の中の思考を追い出すことにも繋がるので作業の効率化が出来るようになります。

 

アクションアイテム2:タイマー

2つ目は「タイマー」です。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料メール便専用】 タニタ でか見えタイマー ホワイト TD-384WH
価格:580円(税込、送料無料) (2018/9/17時点)

 

楽天で購入

 

 

 

これは時間の線引きに活用します。

時間設定は個人の集中力が出来る範囲で設定し、時間が来たら適宜休憩を入れ、また作業に戻るというサイクルを繰り返します。

「〇時△分まで作業をしよう」と思うと、時計にやたら目がいってしまうので、時間が来たら自動で教えてくれるタイマーは集中力を上げてくれます。

 

「スマホでタイム設定出来るじゃん!」って思うでしょうが、スマホをいじると言うことが既に余計な思考ノイズを生みます。

作業に集中するためにも専用のタイマーを購入しましょう。

 

ポストイットとタイマーは作業の効率化を測れて、なおかつ行動をやりきることに役立ちます。

しかも、「余計な思考」を排除してくれるので是非ご活用下さい。

次に解説する項目はまさに、余計な思考の排除をしていくということに焦点を当てていきます。



ステップ4:思考ノイズの排除

<行動実践編>の2つ目のステップは「思考ノイズの排除」です。

既に「行動にロックをする」の項目でもちょろっと解説をしたのですが、この「思考ノイズ」ってヤツが超絶厄介。

この記事をご覧の方の中には「ノウハウコレクター」も多いかと思います。

 

ノウハウコレクターとは、成功するためのノウハウをとにかく買いあさってるのにも関わらず成功していない人を指します。

「思考ノイズ」はまさにこのノウハウコレクターを生むための大きな要因。

 

なぜなら、成功するノウハウを持っているのにもかかわらず、他の成功するノウハウに目移りする状態を生むのは

  • 他の選択肢がある誘惑
  • 結果が出ない事による焦燥感
  • 今の方法が正しいのか分からない疑心

が原因だからです。

 

僕はこのブログで「成功するノウハウ」が溢れているのに、実際に成功していない人がごまんといる原因について散々解説していますが、まだあなたがそれを読んでいないのであればちょっと考えてみて欲しいんです。

なぜノウハウは溢れているのに成功している人はそれに比例して増えないんでしょう・・・?

 

成功は簡単に手に入れられるものでは無いからだと思いますか?

 

・・・違うんです。

行動をロックできていないからなんです。

要はノウハウを手にしただけで満足してしまって、実際にやりきっていないんです。

 

イエットも同じ。

こんなにありとあらゆるダイエット法があふれかえっているのに、ダイエットに成功する割合はわずか7%~9%だと言われています。

なぜ失敗するのかというと「食事制限が続かなかった」「なかなか結果が出ずにあきらめた」という焦燥感や疑心が原因です。

 

ベース:過去にダイエット経験がある(n=1,908)/複数回答
https://honote.macromill.com/report/20160920/引用

 

「行動のロック」と「思考ノイズ」はある意味セットで動いています。

だからこそ、ココまでのステップをしっかり踏んで、まずは行動をロックして欲しい・・・。

そして行動をロックするために「思考ノイズ」の排除を徹底的に行なって欲しいんです。

 

行動がロックできていれば思考ノイズに犯されることはないし、思考ノイズが排除出来ていれば行動がロックできます。

で、行動がロックできない大きな要因となる思考ノイズの3パターンをお教えしますので理解し、排除するように気をつけて下さい。

まずは知る事が始まりです・・・知っていれば対処していくことは可能ですので見える世界が変わってくるはずですよ!

 

思考ノイズの3パターンはこれです。

  • 他の選択肢がある場合(誘惑)
  • なかなか結果が出ない場合(焦燥)
  • 今の方法が正しいか分からない(疑心)

 

誘惑

現代は歴史上もっとも情報に溢れた時代です。

そのため、選択肢で溢れています。

選択肢があると言うことは「良いこと」に感じるかと思いますが、実はそれは思考ノイズでしかありません。

 

他の選択肢がちらついた時点で「そっちの方がいいかも・・・」という誘惑が頭に浮かびます。

しかし、今やっていることが正しいのか間違っているのか、他の選択肢に切り替えた方が良いのか悪いのかは「やってみないと」分かりません。

だからこそ行動をロックして、とにかく「やってみる」ことが最優先なんです。

 

焦燥

なかなか結果が出ない・・・という焦燥感もまた思考ノイズの代表的な思考。

ネットビジネス・・・特にアフィリエイトの場合は最低でも3ヶ月はやり続けてみなければ結果が出てきません。

しかし、多くの人がたったの3ヶ月でさえ「結果無し」で継続し続ける事が出来ないんですよ。

 

これが思考ノイズの力。

結局その焦燥感に負けて、他の選択肢に流れていく人が後を絶たないんです。

 

疑心

焦燥を生む大きな要因となるのが「疑心」です。

人は「正しいのか分からないもの」に対しては常に疑心を抱きます。

ここまで読んでくれたなら「正しさ」を机の上で判定することがどれだけ意味の無いことか分かるでしょう。

結局、行動したことによる体験・結果がないと「正しさ」の判定が出来ないからです。

 

 

この「誘惑」「焦燥」「疑心」があると思考ノイズに犯され、作業の手が止まってしまいます。

先ほどお伝えした「金額ベース」の目標を持つと言うことは、思考ノイズの「焦燥」を生みやすいことが分かるでしょうか。

そこから今実践してる方法への「疑心」が生まれ、やがて「誘惑」に負けてしまい他の選択肢に移行してしまいます。

 

その結果誕生するのは・・・成功という結果をいつまでも手にする事が出来ない「ノウハウコレクター」です。

 

では、そこから抜け出すには・・・?

それには「行動をロック」してやり続けるしかありません。

 

行動をする際にはモチベーションを上げる必要があると思っている人もいるでしょうが、

モチベーション ⇒ 行動、ではなく、

行動 ⇒ モチベーション、であると言うことをこちらの記事で解説をしています。

 

 

上記の記事で解説している一部分を引用すると・・・

多くの人がパソコンのキーボードを叩き始める事が出来ない・・・最初の1個のキーボードを叩くという「行動」よりも、最初の1個のキーボードを叩くための「気持ち」を高めることに一生懸命になる。

なんですか、最初の1個のキーボードを叩くための「気持ち」って。笑

どんな「気持ち」ですか、それ。

さっさと叩けよ、って思いません?笑

 

ちょっと乱暴な主張かもしれませんが、机上の空論しか論じることが出来ない人が多すぎるので、そうではなくてさっさと動けよって話なんです。

ドイツ観念論の生みの親・・・イマヌエル・カント氏は毎日必ず決まった時間に散歩をすることで有名でした。

 

 

あまりにも決まった時間に散歩をするので、近所の人はカント氏が散歩する姿を見て時計の針を調節したと言われています。

まさに「行動をロック」している最たる例ですね。

しかし彼が散歩をする時、毎日「よーし散歩するぞー、うおおおおお!」と気合いを入れていると思いますか?笑

 

絶対やってないですよね。

もしもカント氏が「昨日までは普通に出来たけど、今日はちょっとやる気が出ないからやすんじゃおう!」という軽いノリでやっていたら絶対に毎日決まった時間に散歩をし続けることは出来なかったはずです。

しかし、カント氏は行動にロックをかけているんです。

 

そこに気合いとか感情とかは一切必要ありません。

「昨日は同僚とのみに行ったから今日はやすみたいな・・・」という誘惑や、

「今日はあれもやらないと、これもやらないと・・・散歩してる暇あるのこれ・・・」という焦燥や、

「今日は世間がやすみだから交通量が多いな・・・もしかすると事故るかも、辞めとこうかな」という疑心などは一切ない。

 

思考が入り込む隙間がないくらいのロックをかければ、もうやるしかないんですよ。笑

 

いかにロックできるのか、いかに最初の1歩を踏むのか、そしていかにそれを「普通」だと認識するのか・・・ただそれだけなんです。

で、思考ノイズを排除して行動をロックして実践し続ければ、やがて「失敗」か「成功」という結果を手にする事ができます。

そこで「成功」できれば、おそらく目標を達成出来ているでしょう。

 

しかし「失敗」した場合・・・それを放っておくと単なる「失敗」で終わりますが、それを糧にさえ出来れば確実にあなたの血肉になり、「成功」へ近づくことになります。

それを続けさえすれば、必ず「成功」にたどり着けるようにこの世界はプログラムされています。

つまり「失敗」はちゃんと消化出来れば「成功」に生まれ変わるってこと。

 

・・・と、言うことはあなたが目標達成に最後にすべき事は「余計な行動の排除」です。



ステップ5:余計な行動の排除

「成功」にたどり着くためには、たくさんのあらゆることを実践しなければいけない・・・そう考える人はすごく多いです。

しかし、実際に1つの成功を手にして、なおかつ成功者が周りにたくさんいる環境に身を置いてみて感じますが、「成功法則」は余計な事を引いていくことが重要なポイントなんです。

 

ついつい、目標を達成させる・成功するためには「足す」方に意識が向いてしまいますが、実は「引く」ことが最短ルート。

↑ココ、テストに出るので赤ペンでチェックしておいて下さい。笑

 

あれもこれも・・・という「足す」思考でいると、頭の中がわっちゃわちゃになってしまって

  • 何を優先すべきなのか
  • 何に重点を置くべきなのか

が分からなくなってしまいます。

 

頭の中がわっちゃわちゃになると選択肢が増えてしまいます。

と、言うことは・・・それは思考ノイズになってしまうってことですね。

 

だからこそ「引く」思考が大事。

行動を続ければ余計な行動や余計な思考、余計なものがよ~く分かってきます。

それを引いてやって、より洗練された質の高い作業が出来るようになれば、結果をだす最短ルートを突き進むことが出来るようになります。

 

これが達成出来るかわからないけど「とりあえず設定する目標」という残念な認識の目標を、絶対に達成させるための最後のステップ。

 

目標達成法まとめ

いやあ、長かったですね。

ココまで読んでくれた方ありがとうございます。笑

 

読者目線で言うと1万文字以上を読むとめちゃくちゃ疲れてしまうので、僕は本来こんなに長い記事を書かないんですが・・・。

ここらで有料級の情報を公開しようと思い、長くなってしまいました。

コミュニティメンバー向けのPDFファイルにしたり、メルマガの特典にすれば良かったとちょっと後悔しています。笑

 

あなたのお役に立てれば幸いです。^^

僕が提唱した目標達成法は以下の5ステップ。

 

<目標設定編>
ステップ1:具体性を持つ
ステップ2:100%コントロールできるものにフォーカスする
<行動実践編>
ステップ3:行動をロックする
ステップ4:思考ノイズの排除
ステップ5:余計な行動の排除

 

文章自体は長いですが、言っている内容はかなりシンプルかなと思います。

何度も読み返して実践に移して頂ければと思います。

 

この記事に関して何か分からない事があれば僕にメールを下さい

今回の記事を読んで「習慣づけ}の重要性に気付いた方は「稼ぐ体験作り」を発信している僕のメルマガへご登録下さい。

では、最後までお読み頂きありがとうございました!

 


 
今ではこうして色んな方に感謝されながらネットビジネスを教えていますが、ココまでくるのにはもの凄く遠回りをしてきました。 
 
その振り幅の広い経験値から、あなたに「稼ぐためにはコレをすべき」とどうしてもお伝えしたい事がありまして・・・ 
今回は僕のメルマガに登録をして頂いた方に無料プレゼントという形でお届けすることにしました。 
 
  • ネットビジネスを実践してもなかなか稼げない・・・という人
  • 初めて取り組むから何から初めてら良いのか分からない・・・という人
には、是非とも受け取って欲しいプレゼントをご用意しています。   
 
僕がうまくいかなかった時期から、どのようにして成功することができたのか。 
ここまで読んでくれたあなたにこっそり教えます。 
 
さらに、シークレット特典もご用意しています・・・詳細はこちらをお読み下さい。