どうも、ハクです。

うーん・・・出ましたね。

ついに、出ましたね・・・って感じです。

長年「キーワード選定」に関してはCatch the Webさんが一人勝ちしていいた印象ですが、そこに割って入るような美味しいツールが発売されました。

その名も「イージー・ワーズ・アナリティクス(EWA)」。

 

「キーワード選定」に関してはこのブログ内でも幾度となく解説をしてきました。

このスキルはアフィリエイターとして突き進んでいくのであれば、無くてはならないスキルです。

現代は、Googleの検索エンジンの重要度が量やリンク数などよりも「内容の質」へ移行しています。

そのため、タイトルやhタグにキーワードを入れ込む重要度もやや減少しつつあります。

 

つまり、検索ワードがタイトルに入って無くても、その内容が検索ワードに応えているものであれば十分検索上位に表示される条件を満たしているってこと。

そのため、僕のブログの中では新しいSEO時代に対応できるような記事の書き方も解説をしているわけなのですが・・・

それでもキーワード選定のスキルが不要になったというわけではありません。

 

キーワード選定スキルは

  • どんな記事に需要があるのか
  • 似たようなワードがある場合にどっちの方が頭に浮かびやすいのか

という読者の目線を想像し、寄り添う事が出来るスキルなので、このスキルを磨く事でより読者の需要を満たすようなコンテンツを制作する事が出来るようになります。

 

ただ、このスキルを磨くのはそれなりの経験と時間が必要ですし、既にそのスキルを持っている人でも、毎回毎回調査をするのにも時間を要します。

そのため、キーワード選定ツールを導入する事によって時短をして「コンテンツの中身を作り込む」ことに時間をかけようって発想です。

 

僕は今まで「COMPASS」というツールを軸に使用してきました。

その理由は「COMPASSのレビュー記事」を見て頂ければ一目瞭然なのですが・・・

今までキーワード選定ツールはCatch the Webさんが販売していた「キーワードスカウターST」、「COMPASS」、「Pandora2」が主でした。

 

この3種についての比較表も「COMPASSのレビュー記事」で記載しています。

 

そこに割って入ってきたのが「イージー・ワーズ・アナリティクス」。

僕は今後も「COMPASS」を軸にして行くかとは思いますが、用途によっては「イージー・ワーズ・アナリティクス」をどんどん使っていこうと思います。

 

さて、では僕の場合はどんな時「イージー・ワーズ・アナリティクス」を使っていくのか。

この記事を最後まで読んで頂ければその点についてしっかりと理解出来ますし、普段使いのキーワード選定ツールとして「イージー・ワーズ・アナリティクス」を軸にも出来ると言うことが理解出来ると思います。

 

ツールの機能差に伴って価格にも差が如実に現われるので、あなたがどんな機能を求めていてどの程度のお金を払えるのかを明確にしておけばツールの選択はすんなり答えが出ると思います。

判断を下す上でこの記事を活用頂ければ幸いです。

 

イージー・ワーズ・アナリティクス(EWA)とは一体どんなツール?

イージー・ワーズ・アナリティクス(EWA)は、

  1. 「キーワード解析」機能
  2. 「Yahoo!虫眼鏡解析」機能
  3. 「共起語アナリティクス」機能
  4. 「共起語サーチ」機能
  5. 「hタグ解析」機能
  6. キーワード出現率解析
  7. キーワード配置解析
  8. コンテンツ文字数解析
  9. 被リンク解析
  10. 発リンク解析

という10個の解析が1つのツールで出来るというもの。

・・・と言ってもこれだけお伝えしたところで1つも分からないと思いますので、1つ1つご紹介していきます。

 

「キーワード解析」機能

 

この機能は

  • 入力したキーワードで出てくるライバルサイトがいくらあるのか
  • 検索上位10サイトの中に入力したキーワードが全て含まれるものはいくつか ← allintitle
  • 検索上位10サイトの中に入力したキーワードが一部だけ含まれるものはいくつか ← intitle

という解析をしてくれます。

 

allintitleのサイトが多ければそのキーワードで勝負を仕掛けるのは難しく、逆にallintitleのサイトが無ければそのキーワードはお宝キーワードであるという判断の指標になるってことですね。

キーワード選定の基本的な考え方で、手動で地道に調べることも出来ますがツールで一括調査出来るとすごく楽です。

キーワード選定ツールの基本的な機能ですね。

 

「Yahoo!虫眼鏡解析」機能

 

これは入力したキーワードに対して、Yahoo!の虫眼鏡にはどんな関連キーワードがあるのかを自動で取得してくれる機能です。

ココで出てきたキーワードを先ほどの「キーワード解析」機能で調査するってのが一般的な使い方です。

関連キーワードは、特定のキーワードを掘り下げるという視点で基本的なやり方。

 

Yahoo!虫眼鏡を活用するのは典型的な手法で、いろんな教材の中で解説されています。

他にもGoogleの関連キーワードとか色々ありますが、「イージー・ワーズ・アナリティクス」ではあえてYahoo!虫眼鏡だけに限っています。

色んな場所から関連キーワードを取得すると時間がかかるし重複してくるので、これだけで十分という判断なのでしょう。

 

「共起語アナリティクス」機能

 

この機能は特定のページ内でどのワードがどの程度出現するのかを一発で出してくれる機能。

色分けも出来るし、パーセンテージでも表示してくれるのでめちゃくちゃ分かりやすいです。

 

「共起語サーチ」機能

 

この機能は特定のキーワードで検索をかけた場合に、

  • 1~10位にどのワードがどの程度の出現率か
  • 11位~20位にどのワードがどの程度の出現率か
  • 21位~30位にどのワードがどの程度の出現率か

を一発で叩き出してくれます。

 

先ほどの「共起語アナリティクス」機能の拡大版って感じですかね。

これによってコンテンツの中身にどのワードをどの程度の量入れれば良いのか目安が分かります。

ま、そこまで気にすると逆に記事を書くのが大変になるし、真似をしたところで100%の結果が出るとは限らないですが、かなり参考になるデータにはなると思います。

 

「hタグ解析」機能

 

この機能はhタグを丸裸にする機能ですね。

って言ってもそれぞれのページを見ればhタグがどれかってことはスグ分かるのですが、このツールを使用すれば上位10サイトについてh1~h6までを一括で出してくれるので超楽です。

hタグにどんなワードを入れているのか・・・という部分は、タイトルにどんなワードを入れているのかと言うことよりも重要視すべき時があります。

 

と言うのも、今後はhタグで周辺のキーワードをどれだけ拾っていくのかがかなり重要な点になってくると予想できるから。

そのため、この一括取得機能はかなり便利で、上位に表示されているページの理由が見えてくる可能性が高いです。

 

キーワード出現率解析

 

この機能は特定のキーワードについて、検索上位10サイトと1つの比較サイトの中にどれだけそのキーワードが出てくるのか・・・その割合を一括で出してくれる機能です。

「共起語サーチ」機能と似ていますが、1個のワードに限ることによってデータが集まるスピードは早いです。

 

キーワード配置解析

 

この機能はキーワードがどこにどれだけ出現しているのかを現わしてくれる機能。

んー、ココまで分析する必要はあるのかな・・・と言う気もしますが、やはり上位表示されているサイトってキーワードを冒頭に集めている印象が強いです。

 

この機能のスゴいところは出現率が2位~10位のワードについても比較を出来ること。

根気強く分析することで見えてくるものがある可能性は高いです。

 

コンテンツ文字数解析

 

この機能は検索上位10サイトと比較サイトについて文字数を一括で表わしてくれます。

この機能を見て面白いと思ったのが、検索上位10サイトの中で文字数の多い少ないはかなり差があるってこと。

少し前まで「文章量」は検索エンジンにおいて神格化されていたような印象がありましたが、今は「ただ多いだけじゃダメ」という時代になっているってことでしょう。

 

しかし上位を狙うのであれば、上位のサイトよりも文章量を多く備え、さらに高い質を備える必要があると僕は判断していますので、かなり参考になる指標となります。

あとは文字数が少ないのに上位に表示されているページと言うのは個別で調査をする価値がありますね。

何故故に2000とか3000字で上位に表示されているのか・・・必ず理由があるはずなので、その理由を突き詰めてさらに文章量も多くしていけば検索上位は見えてきます。

 

被リンク解析

 

これは言わずもがな被リンクの数をチェックする機能です。

 

発リンク解析

 

この機能は発リンクの数が分かるもの。

個人的にはなかなか面白い機能だなと思っています。

今のところこの機能から見える法則性はありませんが、意外と発リンクをしてもドメインパワーは逃げなくなったのかな・・・って印象です。

 

イージー・ワーズ・アナリティクス(EWA)と他のキーワード選定ツールの比較

イージー・ワーズ・アナリティクスの主な機能はこんな感じです。

イージー・ワーズ・アナリティクスの特色としてハッキリしているのは、ラバルサイトとの比較・ライバルサイトの分析に特化していると言うことです。

 

例えば僕が主に利用している「COMPASS」ではライバルサイトの分析は「被リンク」しか出来ないわけです。

しかし、「イージー・ワーズ・アナリティクス」の場合は文字数からhタグからキーワード出現率まで一括で調べることが出来ます。

被リンクとは違ってどれも手動で調べる事は出来るものではありますが、一括で出してくれると言うのはめちゃくちゃ時短に繋がります。

 

今の時代、読者目線を追求してコンテンツの質を高めていくことが重要視されているので、ライバルサイトの調査は必要ないという意見も確かにあるのですが、

ライバル達が一体どのようにして読者目線を追求しているのかを調査することは初心者でも玄人でもかなり大事だと僕は思っています。

 

だって、めちゃくちゃ参考になるでしょ?

しかも、やったことがない初心者ならば「一体何が読者目線になるのか」なんて分からないですよね。

 

だからこそ、最初は真似ていけば良いと思います。

その上で「イージー・ワーズ・アナリティクス」はかなり使えるツール・・・というかココまでライバルを分析できるキーワード選定ツールは他にはありません。

 

 

 

僕が「COMPASS」を軸にしているのは、

  • 関連キーワードを取得する
  • トレンドワードを取得する

という点で「COMPASS」は「イージー・ワーズ・アナリティクス」よりも優れていて、なおかつ機能が絞られているからです。

機能がありすぎると目移りしてしまって、やるべき本質を見失う場合もありますので普段使いのツールとしては「COMPASS」を活用しています。

 

しかし、「イージー・ワーズ・アナリティクス」で出来る機能を考えれば、十分普段使い出来る機能を備えているのでこっちに絞ってもいいって話で。

アフィリエイトに取り組み始めたばかりならば複数の似たようなツールにお金は使いたくないでしょうから、どっちかに的を絞って使い倒すって判断で良いと思います。

 

それぞれのツールの選択基準については以下の表でまとめています。

この判断基準に従って選択すれば基本的に間違いはありません。

「イージー・ワーズ・アナリティクス」は多機能の反面、価格が高めに設定されていますのでよりシビアな判断が求められますね。

 

EWA Pandra2 COMPASS(コンパス) キーワードスカウターST
PPC広告の分析機能 × × ×
キーワード発掘機能

※上位youtube動画解析はない

順位チェック機能 × ×
ライバルチェック機能
価格 19,800円 29,800円 8,618円 5,378円
選択の理由 ライバルを徹底的に分析したい場合 PPC広告を利用している場合 標準的なキーワード選定ツールを選択したい場合 金銭的に厳しい場合

 

 

イージー・ワーズ・アナリティクス(EWA)のデメリット

順位チェック機能はない

「イージー・ワーズ・アナリティクス」の機能で最も気になるのはこれ。

Catch the Webが販売しているツールには、「キーワードスカウターST」を除いて基本的に順位チェック機能が付いています。

この機能は特定のキーワード、特定のURLにおいてその順位を一括でチェック出来る機能です。

詳しくはCOMPASSのレビュー記事で記載しています。

 

僕としては自分で作ったコンテンツが狙ったキーワードでどの順位にいるのかという事はすごく重要視しています。

その結果、なかなか上位表示が出来ない場合はライバルをチェックするって感じ。

その時に「イージー・ワーズ・アナリティクス」が重宝するんですよね。笑

 

なかなかツールというのは上手いこといかないものです。

合体してくれれば1番良いんだけどなあ・・・。

 

ウィンドウズでしか使えない

今後、Macの勢いが何処まで増すのかは分かりませんが、現状パソコンを使い倒す人に取ってはMacの方が頭1つ飛び出ています。

Windowsはもう少し技術改革の努力をして欲しいというのがユーザーとして正直なところ。

そのため、Mac版でも使用出来る方が良いかな・・・というのが僕の個人的な思い。

COMPASSはMacでも使用が可能なので、そちらに軍杯が上がります。

 

 1つのパソコンで1つのライセンスが必要

これはキーワード選定ツールの場合は仕方のない事だと思います。

2台目を希望する場合は8,000円引きの11,800円にてお求めいただけます。

 

初心者でも使いやすい

とか言われているけれど、初心者にとって優しいのはCOMPASSです。

と言うのも、イージー・ワーズ・アナリティクスは機能が多すぎます。

それに値段もお高め。

初心者向けのキーワード選定ツールはCOMPASSの方が良いでしょう。

 

作業を大幅に短縮できる

イージー・ワーズ・アナリティクスの場合、おそらく作業が増えるかな・・・という印象。笑

というのも、機能が多いのでついつい動かしたくなっちゃうんですよね~・・・しかも、何か気をそそられる機能ばかり。

実際にキーワード選定だけに特化している機能は

  • Yahoo!虫眼鏡解析
  • hタグ解析機能

くらい。

 

あとはそこまでダイレクトには必要のない機能です。

ただ、ライバルを分析して、どのようなコンテンツが求められているのかを分析するにはめちゃくちゃ面白い機能がたくさんあるわけです。

 

ネットサーフィンみたいなものですね。

文字数は~とか、共起語は~とか調べたくなっちゃいますから。

その結果、ついつい動かしちゃいますよね。笑

 

アクセスが集まるキーワードの収集力

んー、コレに関してはCOMPASSに軍杯が上がります。

イージー・ワーズ・アナリティクスの場合はYahoo!虫眼鏡しか関連キーワードが取得できませんが、COMPASSの場合は「YouTube関連ワード」「はてな/kizashi」なども入ってくので多様な関連キーワードが取得出来ます。

シンプルで使いやすいのがCOMPASSの特徴。

それぞれに特色があって面白い部分ですね。

 

イージー・ワーズ・アナリティクス(EWA)のメリット

サイト作りの方向性がわかる

イージー・ワーズ・アナリティクスの最大のメリットはコレに尽きるのかな・・・と思います。

向上心がある人に取ってはめちゃくちゃ使い倒したい機能が満載。

まあ、それを解析したところで100%有効活用できるかと言うと・・・それはセンスやデータの解析の仕方に寄るところがあると思います。

と言うのも、今Googleはキーワードよりもコンテンツの質を重要視することにかじを切り替えているところ。

 

そのため、キーワード出現率というのがどこまで検索順位に関わってくるかは不明ですし、今後どうなっていくのかも全く不明。笑

 

しかし、不明だからこそ常に解析をしておくことでGoogleの動向を分析できます。

コレは今の時代を生きるアフィリエイターにとってかなり大きな収穫になるし、独自の経験値となるので読者に提供出来る価値あるコンテンツの作成に役立ちます。

 

個人的には、「文字数」と「キーワード出現率」の合わせ技の分析機能に関して多いに興味がありますね。笑

内容がタイトルに沿っていて、文字数の量が多ければどの順位に位置するのか。

内容が沿っていて文字数が多いのに1位になれないのであれば、何処が劣っているのか。

コレを分析できればかなり優位に立てます・・・今からヨダレが止まりません。笑

 

被リンクに関しては・・・既に大きな影響力を発揮しないと考えられている点なのでね。

正直あまり興味はないのですが、もしも内容が沿っていて文字数が多いのに1位になれない場合に関して、そこに被リンクが関係してくるとコレは大きなポイントになります。

で、そのページを徹底的に調べ上げて被リンクを自然に集めているのか自演なのかも合わせて調査していくと見えてくる答えがあるはずです。

 

発リンクはドメインパワーが流出すると言われているので、その数の多さと順位に関しては興味深いポイントですね。

色んな要素を上げて解説しましたが、コレが1個のツールで分析可能だと言うのはかなり美味しいと思います。

まあ値段はそれなりにしますけどね・・・。(^_^;)

 

解析速度が速い

キーワード選定系のツールは解析速度が遅い印象がありますが、イージー・ワーズ・アナリティクスに関しては早いな・・・と感じています。

まあキーワード選定ツールは遅くても裏で動かしておけば良いという面があるので、そんなに気にしないところなのですが、早いに越したことはありませんので。笑

 

 

以上が「イージー・ワーズ・アナリティクス」の全て。

んー、個人的にはキーワード選定ツールの軸として活用するのは「COMPASS」にしておこう・・・という判断ですが、「イージー・ワーズ・アナリティクス」にもめちゃくちゃ魅力があります。

 

欲を言えば僕のように

「COMPASS」で自サイトの順位をチェック  順位が上がらないものに対して「イージー・ワーズ・アナリティクス」でライバルをチェック

という流れが理想かな、と思います。

そういう意味では「イージー・ワーズ・アナリティクス」は必須のツールと言えるかも。

 

イージー・ワーズ・アナリティクス(EWA)特典付きで購入する方法

今回、「イージー・ワーズ・アナリティクス」にお付けする特典は、「COMPASS」にお付けしているものをご用意しております。

詳しくはCOMPASSのレビュー記事をご確認下さい。^^

 

記の特典が確認できたらインフォトップの決済へ進んで下さい。

 

 

特典の受け取り方がわからない場合はコチラから連絡ください。

 

上記の特典付きイージー・ワーズ・アナリティクスは、下記のリンクを経由すればGET可能です。

イージー・ワーズ・アナリティクスはコチラ
(上記のリンクを経由するとハクの独自特典を無料でゲット出来ます)

 

この記事に関する質問はコチラから気軽にどうぞ!

 

 

 


 
今ではこうして色んな方に感謝されながらネットビジネスを教えていますが、ココまでくるのにはもの凄く遠回りをしてきました。 
 
その振り幅の広い経験値から、あなたに「稼ぐためにはコレをすべき」とどうしてもお伝えしたい事がありまして・・・ 
今回は僕のメルマガに登録をして頂いた方に無料プレゼントという形でお届けすることにしました。 
 
  • ネットビジネスを実践してもなかなか稼げない・・・という人
  • 初めて取り組むから何から初めてら良いのか分からない・・・という人
には、是非とも受け取って欲しいプレゼントをご用意しています。   
 
僕がうまくいかなかった時期から、どのようにして成功することができたのか。 
ここまで読んでくれたあなたにこっそり教えます。 
 
さらに、シークレット特典もご用意しています・・・詳細はこちらをお読み下さい。