どうも、ハクです。

今回はアフィリエイトで起こる失敗について解説します。

やっぱり「失敗」をしたい人はいないですからね。

 

でも、アフィリエイトで起こる「失敗」がどんなものなのかを認識出来ると、最悪の状況を想定できるようになるため「恐怖」が半減します。

そこで僕が過去に起こした失敗や、アフィリエイト業界を知り尽くした僕が想定する「最悪の失敗」を紹介します。

その上で、それらの失敗が全て同じ原因から派生していることをお伝えし、その対処法もご紹介します。

 

そのために、まずは「アフィリエイト」というビジネスを正しく理解して下さい。

よく分からないという状況から生まれる「恐怖」を取り除くには、正しくアフィリエイトの仕組みを認識するところから始まります。

 

アフィリエイトとは何かを正しく認識しよう

登場する人物は「企業(広告主)」と「アフィリエイター(アフィリエイトする人)」と「中間業者(ASPと呼ばれている)」の3つ。

 

「商品を売りたい~」と思っている企業(広告主)が今流行のインターネットに目を向けました。

で、ネット上に広告を出してたくさんの人に宣伝したい訳です。でも、自分の企業が運営するホームページだけで宣伝していては効率が悪い・・・。

 

そこで「誰か我が社の商品を代わりに宣伝してくれませんか?」と募集をかけたい・・・しかし自社でそれが出来たら苦労しない訳で。

そんな時に重宝されるのが募集をかけるノウハウを持っている中間業者

 

中間業者に依頼して募集をかけることによって「じゃあ私が宣伝しましょう!」と名乗りを上げる宣伝マン達が集まります。

これが僕たち・・・通称「アフィリエイター」。※アフィリエイターというのは、「アフィリエイトをする人」を指します。

 

つまり、企業に変わって「こんな商品ありますよ~」ということを、「その商品を欲しがっている人」に紹介するのがアフィリエイトというビジネス。

 

 

「ネットビジネス」って言う単語を聞いただけで「ひえ~怖い~、お金がだまし取られる~」と怖がっていた人にとってはだいぶ暗闇が晴れた情報じゃないかなと思います。

・・・と言われても、こんな疑念が浮かびますよね。



アフィリエイトって怪しいビジネスなんじゃないの?

なぜ、このような疑問が浮かんでしまうのか・・・。

それは「アフィリエイト」が一切誰とも顔を合わせずに成立してしまうビジネスだから。

 

アフィリエイトでは先ほど登場した「企業(広告主)」と「アフィリエイター」と「中間業者」が全てネット上だけで関わり合うことが可能なんです。

リアルでのビジネスに慣れていて、それが当たり前になっている方からすると「顔を合わさないビジネス」というのはどこか怪しい感じがしますよね?

うんうん、その気持ちは良く分かります。

 

しかし、アフィリエイトは広告を出している広告主も、中間業者もしっかりとした大手の企業が運営しています。

大手中間業者のA8.netを運営する「ファンコミュニケーションズ」の会社概要↓

 

ファンコミュニケーションズはA8.netだけではなく、他にも多数の中間業者サイトを運営しておりアフィリエイトをするならば絶対にお世話になる会社です。

で、A8.netに広告を依頼している会社の中には大手中の大手「楽天」もいるんです。

 

 

楽天は中間業者に広告を依頼しているだけではなく、「楽天ショップ」では独自のアフィリエイトシステムを採用して登録されている1億点以上の商品の宣伝を行なっています。

楽天だけではなくGoogleも独自のアフィリエイトシステムを採用して広告を発信しています。

 

これだけの信用を集めている企業が参入している「アフィリエイト」というビジネス。

そのような「信頼」と「実績」があるからこそ、今現在多くのアフィリエイターが安心して活動することが出来ています。

 

収益を上げたらちゃんと通帳に振り込みがありますし・・・

 

コツコツ作業を続けていけば「一過性ではない収入」が積み上がっていくビジネスです。

でも、アフィリエイトにも怪しい陰は確かにあるんです。

それは「アフィリエイトで簡単に儲けられるよ~」「作業は1クリックだけ!それで月に10万円入るよ~」という甘い話をしてくる人達。

先ほど説明したアフィリエイトというビジネスモデルには一切関係ありません。しかし、「え!何か私にもアフィリエイト出来そう!」って思った人達を業界へ引っ張り込もうとする「詐欺」と言われるような人達・・・これは要注意です。

 

アフィリエイトで最も避けたい失敗の実例「大金を失う」

何度も言いますが、詐欺に引っかかってしまうというのは別にアフィリエイトに限った話ではありません。

先日も以下のようなメールがお問い合わせから送られてきました。

 

 

高い金額を支払うと「絶対に上手くいく」とか思うでしょ?

そうじゃないのが現実なんです。

 

他には某有名な「アフィリエイト塾」みたいなものに入塾した方からこんなご連絡も頂いています。

 

 

有名な塾に入れば成功出来ると思うでしょ?

ホント、現実はそうではないんですよ。

 

このような人達は一体何を買わされたのかというと、「アフィリエイトを始める時に役立つツールや情報」です。

何か新しいことを始める際には「教科書」のような存在は必要不可欠ですよね。

それを言葉巧みに高額で売りつけられたというわけ。

 

実際にはとても優良で優秀な商品もあるんですよ・・・でも中には本当に使い勝手が悪いクソみたいなツールや教材があったり、セールスページに書かれているようなサービスをしない業者もあるんです。

僕自身このような詐欺まがいのサービスを提供しないように「いかに読者目線にたてるか」を意識して情報を発信するように心がけています。

そうすることが、最も自分へのリターンが大きいことを知っているから。

 

このように「読者」を「金をむしり取る道具」として見ているのか、「成長の糧」として見ているのかによって発信している内容は全く変わります。

その違いを見極めて教えを請うたり、商品を購入して下さい。

 

ドコに明確な違いが現われるかというと・・・良い情報発信者は

  • 「簡単」とは言わず、「努力」の必要性を説いている
  • 読者の声の大切さを理解しているため問い合わせのリンクが至る所にある
  • セールス感が薄い
  • セールスと関係の無い価値のある情報が多い

こんな特徴がある情報発信者は読者のことを大切に思っています。

しかも、この項目を埋めるためにはたくさんの努力と時間が必要なので、読者から大金だけをむしろうと思っている人は絶対に真似出来ません。

 

なので、甘いお誘いに引っかかりたくない方は先ほどのポイントをしっかり押さえて下さい。

もしも「これやばいヤツかも・・・」というセールスを仕掛けられそうになったら僕に相談をして下さい。

僕への問い合わせはコチラ

 

「アフィリエイトは怪しい!」というイメージは少し払拭出来たでしょうか?

・・・まあ、そうは言ってもまだ恐怖の感情はぬぐえない人もいるかと思いますので、そんな方のために僕がアフィリエイトで陥った失敗の体験談をシェアします。

「え・・・失敗!?お金をだまし取られたの?」とまた恐怖を刺激してしまいそうですが、どんな失敗をしたのか気になる方はどうぞ先を読み進めて下さい。



実際に僕が陥ったアフィリエイトの失敗

僕がアフィリエイトで失敗した体験談を2本立てでお送りします。

 

第1話:弁護士事務所から封筒が送られてきた

まずは弁護士事務所から封筒が送られて来たというエグみが多めの話。

僕がした事というのは・・・

「芸能人の旦那さん(一般人)の名前をさらし、しかも信憑性が曖昧な情報を垂れ流した」

ということです。笑

 

いやあ今考えると恐ろしい事をしている訳ですが、「他のウェブページもやってるし」くらいの軽い考えで情報発信をしていた天罰ですね。

あとあと分かりましたが、この方は「他のウェブページ」も1つ1つ弁護士事務所からの封筒によって天罰を喰らわせていたようです。

 

封筒は中身もろとも既に捨ててしまったので手元には無いのですが

「即刻ページをアクセス出来ない状態にし、1週間以内にその旨を返信用封筒にてお知らせ頂ければ法的な対処はいたしません」

と書いてあったので、僕はなんとか今でも情報発信者を続けることが出来ています。

 

今となってはビジネスをしている自覚を持たせてくれた良い経験なのですが、ご迷惑をかけた方に対してはお詫びの気持ちしかありません。

 

第2話:3回もペナルティを喰らった

「ペナルティ」という言葉はどんな業界にも共通して使用される言葉。

しかし、アフィリエイターの間で「ペナルティ」と言う言葉を出せば誰でもスグに通じます。

それが表わす意味は「検索エンジンから除外された」ということ。

 

「検索エンジン」というのは皆さんがいつも使ってるコレだと思って下さい。↓

 

Googleという企業は「利用者」のことを第一に考えておりまして、

  • 分からない事を検索する人が疑問を解決出来る情報
  • 他には掲載されていないような情報
  • 正確な情報

を優先的に表示させています。

 

じゃあ、その真逆に位置するものはどうなるのか、つまりこんな情報です。↓

  • 分からない事が解決出来ない情報
  • 他のページにも掲載されているような量産型の情報
  • 正確では無い情報

・・・このようなものは「利用者」にとって必要が無い情報ですよね。

その結果、「検索エンジンから除外」されるんです。ないものにされる。

 

プロ野球などのスポーツの世界だと使えない選手をチームから「抹消登録」しますが、そんな感じです。笑

僕はこの抹消登録を3回宣告されました。その残酷な通知がこちら。↓

 

 

この通知を頂くと、検索エンジンから全くアクセスが来なくなります。

アクセスが来なくなると収益がガタ落ちします。

このペナルティもまた、プロの情報発信者としての自覚を芽生えさせてくれた良い肥やしとなっています。

 


以上が僕が陥ったアフィリエイトの失敗談です。

では、ここで僕の失敗談を元に最悪の状態を想定してみましょうか。



要はアフィリエイトのデメリットとは

僕の失敗談から分かることは・・・

  • 情報発信者・ビジネスとしての自覚が無いと大きな痛手を負う
  • アクセスがゼロなら収益がゼロ

と言うこと。

 

情報発信者・ビジネスとしての自覚が無いと大きな痛手を負う

アフィリエイトというビジネスは無料で始める事が出来るビジネスなので、ビジネスとしての自覚が0の状態で参入する人が非常に多いです。

先日も「ハンドルネームは何にしたら良いでしょうか?」という相談が来たんですが、ビジネスをする自覚を持っている人ならばそんな事で相談はしてきませんよね。笑

 

でね、「ビジネスであるという自覚」と共に持つべきなのが「情報発信者としての自覚」。

まずは不特定多数の人が読むものを発信しているという自覚を持って下さい。

そこから徐々にプロの情報発信者としての自覚を持てるようになると、「情報発信者の山」を登ることが出来るようになります。

 

情報発信者の山 ↓

 

僕が考える「情報発信者として自覚を持っている人」というのはレベル3以上が該当します。

そこら辺にある情報を拾い集めたり、組み合わせたりして情報を発信している人がすごく多いのが現状です。つまりレベル2止まり。

しかし、それは小学生でも出来ることなので本当に辞めて欲しいし、後々僕のように大きな痛手を負うのでお勧め出来ません。

 

アクセスがゼロなら収益がゼロ

アフィリエイトはアクセス数に依存してしまうビジネスモデルです。

アクセスの数が0ってことは、ラーメン屋を開店したのにお客さんが0って事なので、そりゃあ売上げが伸びるわけないんですよ。

 

「アクセス0状態」を引き起こす要因は2つあります。

 

1つ目は、何も作業しないこと。

当たり前の話なんですが、作業をしなければアクセスはやってきません。

「情報を仕入れて発信する仕事」というのは地道な作業の積み重ねによって成り立っているので、心が折れてしまう人が多いのも事実。

単発的な作業は出来ても、それを長期的におこなう事が苦手な人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、花屋をやって花が売られていないって事が無いように、情報を扱う仕事である以上、情報をしっかりと取りそろえなくてはビジネスにはなりませんよね。

しんどいからと言って情報を発信することをしないというのは、これもまた情報発信者としての自覚が欠如している証拠。

情報を仕入れてそれを公開する・・・花屋も本屋も同様に仕入れてそれを売っているビジネス。

アフィリエイターは仕入れが0円なんだから、商品を揃える努力はしっかり取り組んで下さい。

 

2つ目は、Googleから信頼を失うこと。

Googleが信頼を失うような薄っペらい情報発進をしていると先ほどのペナルティが起こってしまうよって話。※他のページでは「アルゴリズムの変動」とか言ってますが同じようなこと。結局はGoogleから信頼されるかどうかです。

勘違いして欲しくないのは、アクセスというのは検索エンジン以外から集める方法があります。

メールアドレスを取得してリストにすることでもビジネスを展開出来ます。

 

しかし、アフィリエイト初心者ならば「検索エンジンからの出会い」をまず大事にして下さい。なぜなら、その出会いを満たすことが出来なければ他の手法を実践しても意味がないから。

一人の女性さえも満足させる事が出来ないのに、いきなり一夫多妻の国に行って複数の女性を満足させる事が出来るのかって言ったら無理ですよね。

それと同じです。

 

メルマガだと効率よく稼げるらしい・・・とか、SNSやったら爆発的なアクセス稼げるんじゃ・・・とか思うかもしれませんが、まずは

  • Googleが信頼してくれるようなレベル3の情報発信をする
  • 一人の読者さんを満足させる情報発信者をする
  • 読者さんがどんな情報を欲しているのかを知る

ことが大切だと肝に銘じて下さい。

 

以上がアフィリエイトのデメリット。

要は、アフィリエイトでの最悪の状態は「自覚を失い、作業が出来なくて、収入が0」ってこと。

その結果、焦ってしまい先ほどのような怪しい話に飛びつき「大金を支払って済ませようとする」思考に陥ってしまうサイクルになると僕は分析しています。

焦ってしまうと一攫千金思考になってしまうのが人間の性なので・・・。

 

つまりアフィリエイトの怪しい部分に自分から踏み込んじゃってるって話。

その発端となっているのは「自覚の欠如」なんです。

 

で、もう1つ認識して頂きたいのが「作業が出来ない」という状態を生むのもまた「自覚の欠如」ということ。

「作業が出来ない」ということは「継続出来ない状態」を引き起こします。

継続出来ないことは、アフィリエイトで稼ぐためには絶対に超えなければいけない壁だと言われています。

その壁を越えられずにアフィリエイト初心者の半分以上は1万円すら稼ぐ事が出来ずに挫折していきます。

 

ここまで色んな話をしてきました。

アフィリエイトというビジネスが引き起こす失敗を軸に情報をお届けしましたが、僕が最終的に何が言いたいか分かるでしょうか。

それは「自覚を持て」と言うことです。

 

アフィリエイト失敗の全ての原因

「アフィリエイトでの失敗」というテーマで語れば、他にも

  • アフィリエイトで収益を上げられない
  • 情報商材を購入したけど上手く活用出来ない
  • ノウハウコレクターになっちゃった

・・・などなど上げればキリがないわけですが、そのような全ての失敗に繋がるのは「自覚の欠如」だと僕は感じています。

 

アフィリエイトというのは「情報を発信するビジネス」なんですよ。

「ビジネス」であるという自覚。

商品が「情報」であるという自覚。

 

それが欠如しているからこそ、

  • 継続するのがキツいとか
  • 甘い話に飛びついちゃったりとか
  • 収益を上げられない

という失敗が生まれるわけ。

 

これがね、もしも情報発信者としてのプロ意識がある場合はどうなるのかというと・・・

  • ノウハウコレクター → インプットするものがたくさんある
  • 収益を上げられない → それさえも発信する体験談になる
  • 継続出来ない → その壁を突破する独自法を開発出来れば読者も興味を抱く

こうなるんですよ。

 

つまり、限りなく「失敗が失敗じゃなくなる」んですよ。

そしてどんな逆境にあっても作業を進める事が出来るようになります。

その意識・根性があれば「稼げない」というループから絶対に抜け出すことが出来る様になります。

だって、「稼ぐためのスキル」なんてものはそこら中にたくさん転がってますから。

何ならこのブログでも公開しまくってます。

 

そこら中に転がっているスキルを上手く活用出来ずに「稼げない」という状態に陥っている人は、結局「自覚」がないために必至に情報を摂取していないってことになります。

プロの「自覚」があると、獲得した情報はより自分の体験ベースに落とし込んだ上で発信しようとするので、やり込む意識が全く変わってきます。

その結果、何が本当に稼ぐためのスキルなのかというのが自然と分かっちゃうようになるんですよ。

 

いつまでも中途半端な意識でやってるからたくさんある情報に振り回され、結果を出せずに挫折しそうになり、終いには怪しい甘い話に乗っかってしまう。

この話の意味が分かったでしょうか?

 

アフィリエイトで失敗しない為の考え方

つまり、失敗しない為には「自覚」を持つことから始まるってことです。

例え初心者であっても「自分はプロの情報発信屋である」「自分はプロのアフィリエイターである」と思って行動して下さい。

そうしないと、上手くいかない結果が出た時に他の何かのせいにしてしまいます。

 

そんなヤツはプロではなありません。

堀江貴文さんがビジネスの失敗を他の誰かのせいにするでしょうか。

ジョブズがビジネスの失敗を他の何かの要因のせいにするでしょうか。

 

全ての結果の責任は自分なんです。

その「自覚」こそが良い結果を出す最短のルートです。

 

そこでおすすめのアクションがります。

それがアファメーション。

アファメーション(affirmation)とは肯定的な断言をする事。個人的な「誓約」をする事。
具体的には「~したい」「こうなれば良いな…」という願望を「~なっている。」と断定して繰り返し唱える事で、潜在意識に働きかけ、変化や成長が遠くの未来にあるものではなく「今・ここにあるのだ」という現実を作り出す事と言われている。
はてなキーワードより引用

 

最近ではマインドを強化する術としてよく見かけるようになった言葉ですね。

このアファメーションを利用します。

具体的には作業する直前、パソコンの前に座りますよね。

その際に「私はプロの情報発信屋です」もしくは「私はアフィリエイトで飯を食っています」と3回唱えて下さい。

その際に「プロ」としてイメージしやすい人物を想像するとさらに効果が高い。

 

現状としてそうなっていなかったとしても、先にこのようなゴールを呟くことによって自然と意識がそっちに持っていかれます。

すると無意識的に集める情報が変わってくるし、無意識レベルの行動が変わってきます。

何より「自覚」は芽生えますからね、それだけで計り知れない収穫となります。

 

アフィリエイトの失敗まとめ

今回はアフィリエイトに取り組む全ての人が陥りたくない「失敗」をテーマに解説してきました。

アフィリエイトというビジネス自体は別に何も怪しくないのですが、詐欺のような黒い影は存在します。

その甘い罠にかかる時というのは「自覚」を欠いてビジネスに取り組んだ時。

そして、他にも起こるあらゆる「失敗」が「自覚」を欠いた時に起こるという話をしてきましたね。

 

僕は本当にたくさんの方とやり取りをしてきましたが、

  • アフィリエイトにこれから取り組もうとしている人
  • アフィリエイトに取り組んでいる人
  • アフィリエイトを挫折しようとしている人

・・・などなど、どんな段階にあっても「自覚」を持ってアフィリエイトに取り組んでいる人は0です。

 

そりゃ失敗するよね、と思うような人ばかり。

僕の経験上、この業界にいる人で9割以上は「自覚」がない人ですね。

そのため、この記事を読んでくれた時点であなたは残りの1割に入ることに成功しました。

 

どうか、この貴重な機会を活かしてこの業界で活躍して頂けることを願っております。

この記事に関して何か分からない事があれば何でもお問い合わせ下さい。

僕への問い合わせはコチラ

 


 
今ではこうして色んな方に感謝されながらネットビジネスを教えていますが、ココまでくるのにはもの凄く遠回りをしてきました。 
 
その振り幅の広い経験値から、あなたに「稼ぐためにはコレをすべき」とどうしてもお伝えしたい事がありまして・・・ 
今回は僕のメルマガに登録をして頂いた方に無料プレゼントという形でお届けすることにしました。 
 
  • ネットビジネスを実践してもなかなか稼げない・・・という人
  • 初めて取り組むから何から初めてら良いのか分からない・・・という人
には、是非とも受け取って欲しいプレゼントをご用意しています。   
 
僕がうまくいかなかった時期から、どのようにして成功することができたのか。 
ここまで読んでくれたあなたにこっそり教えます。 
 
さらに、シークレット特典もご用意しています・・・詳細はこちらをお読み下さい。