どうも、ハクです。

最近多くのアフィリエイターがコピーライティングの重要性を唱え始めています。

これは、小手先のSEOテクニックで検索エンジンの上位を総なめして収益化が実現できていた時代から、徐々にコンテンツの質が求められる時代へと移行しているからです。

 

一昔前、それこそアフィリエイトというビジネスが徐々に浸透しだした時代にはブログを構築さえすれば稼げる時代がありました。

そこから徐々にアフィリエイターが増えてきて少しの工夫が必要になってきましたが、それでも文章作成にはそれほど力を入れず力業で検索エンジンの上位を勝ち取ることが出来ましたので、それさえ出来れば収益化は難しいことではありませんでした。

 

しかし、その過程を経てゴミのような情報を扱った無価値のブログが蔓延し、有益な情報が欲しい検索者が欲しい情報を容易に得られない状況に陥りました。

「コレでは駄目だ・・・」、Googleはそう痛感・・・。

検索エンジンを利用する人に優しい世界にすることがGoogleの役目となりました。

 

そこで重要となったのがコンテンツの質。

有益な情報を届けるブログが評価されるような時代となり、そこでアフィリエイターに必要となったのが「コピーライティング」。

コピーライティングを学ぶことによって読者がもとめている情報をしっかりと提供する事が出来るようになり、

それがファン化を促進させて他のアフィリエイターと差別化を図ることが出来るようになるため、多くのアフィリエイターがその重要性を叫ぶようになりました。

 

しかし、コピーライティングの重要性を叫ぶアフィリエイターも増加しています。

そこでさらに差別化を図っていくために・・・

今回はアフィリエイトにおける文章作成のポイントをまとめました。

 

コピーライティングを学んだ事がある人に取ってはお馴染みのポイントもありますが、

アフィリエイトブログならでは、僕が敬虔をしたならではの情報もありますので是非とも最後までご覧下さい。

 

アフィリエイトを実践する際の記事やメルマガでの文章作成のポイント

 

アフィリエイトはとにかく記事を更新していくビジネス。

とにかく文章を書きまくるビジネスです。笑

 

しかし、ただ「記事を書く」といっても、どんな記事を書くのか、どんなポイントを意識するのか、は人それぞれ違います。

アフィリエイト初心者ならば特にどんな点に重きを置いていけばいいのか分かりませんよね。

アフィリエイト玄人でも、意外と記事内の情報が色んなところにとっちらかってしまってまとまりが無くなってしまってる人もいるんですよ。

 

そこで僕が実際に記事を書いていく際にポイントとしている点を1つ1つ紹介していきます。

 

1記事1テーマ

まずは1記事1テーマで書くと言うこと。

情報というのはただ提供すれば良いというモノではありません。

情報を受け取る側というのは意外と頭がこんがらがってしまって、結局何の情報を提供されたのか理解出来ない状況に陥ってしまう場合が多いです。

 

学校の授業でもそうじゃなかったですか?

授業は時間が許す限り進めるだけ進む方針のモノが多いです。

そのため、1つの授業でたくさんの情報を摂取することがあり、それを後からまとめて、情報の整理をしなければ頭に残らないことが多々あるんですよ。

 

そこで意識して欲しいのが1記事は1テーマで書いていくって事。

 

「Wordpressの設置方法」というテーマならば、サーバーとの契約方法、独自ドメインの取得方法、サーバーとドメインの紐付け作業、Wordpressの設置という流れで書いていきます。

でも、↑コレって確かに「Wordpress設置方法」というテーマには合致していますが・・・かなりの情報量になってしまいますよね。

そこで、僕の場合は「サーバー契約方法」「独自ドメインの取得方法」・・・とそれぞれのテーマを個別の記事でまとめています。

 

コレはブログ運営者の好みにもよりますが・・・

見方によっては「Wordpressの設置方法」という単純なテーマに見えるものでも、実際にはその中にたくさんのテーマがありますし、

読者の集中力が続く文章量は1記事あたりおよそ6000字ほどなので、僕はそこで収まるようなテーマを扱います。

 

大きなテーマとなる場合は、

いくつかのテーマについて別の記事へのリンクで飛ばして上げたり、記事の最後に「続きはこちら」というような感じで紐付けをしていきます。

 

情報が多いことは決して悪い事ではありません。

むしろ薄っぺらい情報を提供する記事よりも価値があります。

しかし、一度に情報を与えすぎると結局その記事を読んで何を学んだのか記憶できないし、情報の整理がしずらいです。

 

読む側がそこに書かれた内容を理解できないようでは意味がないため、1記事で扱うテーマは1つだけに絞るようにしましょう。

そのテーマを説明するために中テーマ、小テーマをいくつか設置していって記事・情報の整理整頓を心がけましょう。

 

1文で1メッセージ

1文で1メッセージ・・・何だか「1記事1テーマ」と似たような感じがしますね。笑

これも言いたいことは「1記事1テーマ」で解説した内容と同じ事です。

 

よく見たことがありませんか?

1つの文に情報を詰め込みすぎて結局何が言いたいのか分からなくなってしまうようなヤツ。笑

たいていの場合、そのような文章は主語が複数登場し、何について言いたいのかがこんがらがっている状態に陥っています。

 

そのため、1つの文章では1つのメッセージを伝えると言うことを心がけて下さい。

要は、あんまり1文を長くするなって事。

たくさんの情報を詰め込んだ文章は長くなってしまいがち・・・長い文章を読んでいると情報の整理をしながら読むことが困難になります。

 

小まめに文を区切りながら文章を書いていくことを心がけましょう。

 

どうしても文章が長くなってしまう場合は、

  • どこかで切ることが出来ないかを考える
  • 「、」で改行をして情報がごっちゃにならないように整理する

ことを意識して下さい。

 

この記事でも文章が長くなってしまう場合は「、」で区切って改行をして読みやすくしています。

 

なぜ

 

文章を作成しているとついつい忘れがちになってしまうのが「なぜ」です。

ここまで「1記事1テーマ」「1文1メッセージ」を解説しましたが、そのどちらにも理由を付け加えました。

 

「1記事1テーマ」にする理由は、読者が情報の整理が出来ないため。

「1文1メッセージ」にする理由は、何が言いたいのかこんがらがらないようにするため。

実際はもっと深くまで理由を説明しましたが・・・もしも理由がなかったらどう思うでしょうか。

 

それはとても幼稚な主張となってしまいます。。

「文章を作成する際には1記事1テーマにすべき!」とだけ喚き散らしているだけの、オオカミ少年のような人間に・・・。

 

そのため、1つ1つの主張には必ず理由を付け加えます。

なぜそのように主張をするのか、その根拠を示す訳。

 

文章を書いたなら、必ず理由付けをする癖を付けましょう。

そして、文章を書いた際に、主張をした際に「なぜ」と共にチェックをしたいのが「どうやって」です。

 

どうやって

「どうやって」は、情報の具体瀬を高めます。

例えばこんな文章があったとします。※これは僕のプロフィール記事の1部です。

 

「僕はどうしてもクソみたいな会社の上司との付き合いや、やりたいことを老後まで取っておかなければいけない現状に嫌気がさしました。

どうしてもこのままあと30年も同じ事を繰り返して、我慢に我慢を重ねることは耐えられなかったんです。

だから踏み出したんです・・・ネットビジネスの第1歩を。

僕はアフィリエイトを始めることにしました。」

 

この文章の中に「だから踏み出したんです・・・ネットビジネスの第1歩を。」という1文がありますよね。

ここで「どのような1歩を踏み出したのか」、「どんな手順で1歩を踏み出したのか」、「具体的にどうやって1歩を踏み出したのか」という情報が抜けているんですよね。

それを解説することによって「どうしてアフィリエイトを始める事になったのか」という理由が付け加えられます。

 

そこで、僕のプロフィール記事ではこのような文章になっています。

「だから踏み出したんです・・・ネットビジネスの第1歩を。

会社に勤めながらも空いた時間でコツコツと収益を上げることが出来て
パソコンさえあれば何処でも作業が可能で
始める際の初期投資が1万5千円で済み
なおかつ誰の手にも依存せず「自分がやった分だけ収益が発生する」方法を模索した結果・・・

僕はインターネットビジネスの中でも代表的なアフィリエイトを実践する事にしました。」

 

実際のプロフィールの記事はコチラ。

 

これが「どうやって」のパワー。

 

この「どうやって」が活躍するシチュエーションがもう1つあります。

それが何かを否定した時。

 

例えば、僕はこのブログで「自動化系のツール」を否定しています。

しかし、ただ否定しているだけでは意味がありません。

まずは「なぜ」で理由を付けていきます。

 

その上で「自動化ツール」を活かすにはどうすれば良いのかを代替案として展開します。

 

自動化を宣伝文句にして文章を書かずに稼ぐ事が出来るツールは、

に質の高いどっしりとしたブログを軸とした場合に、それを補佐する形で収益化を増幅することが出来るようになる・・・

だからまずは軸となるブログを構築しましょう

というのが僕の主張です。

 

つまり「自動化ツール」は楽をして稼ごう!と思って手に入れてもゴミとなってしまうだけだから、まずは軸となるブログを構築して、その上で自動化ツールを利用して利益を拡大すべきという案を展開しているわけ。

ただ否定をするだけではなく、否定をした理由、そして否定したものに替わる代替案(←どうやって)を展開していくということ。

 

そして、その代替案をより具体的にしていくのが次で紹介する「アクションステップ」です。

 

アクションステップ

 

アクションステップは、読者が具体的にどのような方法を実践していけば良いのかを示した段階的作業です。

 

例えば、先ほどから例に出している僕のプロフィール記事の中には、アフィリエイトで重要な要素として「継続すること」を上げています。

しかし、ただ「継続が大事である」と言うだけでは情報としては薄いですよね。

そこで、まず「なぜ」を付け加えてその主張にパワーを付けます。

 

それだけでも普通は十分ではあるのですが・・・「継続」っていうテーマは意識をしてもなかなか出来る事ではありませんよね。

 

そのため、「継続が大事」という主張を投げっぱなしにして、具体的にどのようにしていけばいいのかを提案しなければ

読者としては「じゃあ、継続をする方法を調べよう」と手間になってしまうわけです。

これを先回りして、継続をするアクションステップを付け加えます。

 

先ほど解説をした代替案を提案する際も、代わりの案により具体性を持たせるためにアクションステップを当てはめていくと

「あ、このブログの運営者はただやたらめったらに否定をしている人ではないな」

と高い信頼性を獲得することが出来るようになります。

 

僕は可能な限り全ての記事にアクションステップを設けようとしています。

 

その記事で提供した情報を実現するために、具体的にはどうやっていけばいいのかを読者に提供したいからです。

実際には取り入れる事が出来ていない記事がたくさんありますが・・・(^_^;)

しかし、可能な限り入れていきたい・・・それほどアクションステップがあるのか無いのかでは、得た情報が高まるのかどうかに大きな影響を及ぼします。

 

方向性

「方向性」とは、その記事を読んで読者がどんな行動をして欲しいのか、ということを意識すること。

 

記事を書く目的って言うのは情報を読み手に提供することな訳ですが・・・ここで言う「方向性」とは、記事を読んだ後に

  • メルマガに登録して欲しいのか
  • 他の記事への誘導をするのか
  • 情報商材に興味を持って欲しいのか

を明確に持つと言うことです。

 

これを明確に持つかどうかでは、その記事の締め方やリンクの置き方が全く変わってきます。

 

せっかく記事を読んでくれたのですから、そこで「×」ボタンを押して離脱されたくは無いわけです。

記事を読んだ後にはしっかりと意図した行動をしてもらう。

それによってブログのファンが増え、メルマガ読者が増えていきます。

 

メルマガを運営できるようになったら、1番意識して欲しいのはメルマガへの登録。

それが情報商材の購入、ブログ内の巡回にも繋がってきます。

 

メルマガをまだ運営できない状態ならば、ブログ内を巡回してもらえるように意識をして下さい。

そして全てのリンクの終着点には情報商材をレビューした記事を用意します。

その導線を全ての記事に施していくことで確実に購入率は上がっていきます。

 

「記事を読んで、読み手にどのような行動を取って欲しいのか」を意識して記事を作成しましょう。

 

読み手目線

 

そこで読み手目線を意識します。

文章を書く側というのは、ついつい書き手目線で書いてしまいがち。

そこで文章を書いた後は読み手の視点で文章を読み返すことが必要です。

 

この記事で解説をしてきたポイントがしっかり抑えられていて、読者が読みやすい文章になっているかをチェックします。

  • 専門用語を多用していて理解しづらくないか
  • 記事で提供している情報は整理されているか
  • 1文で1つのメッセージを提供しているか
  • 主張には理由があるか
  • 否定をしたら代替案を提案しているか
  • アクションステップはあるか
  • 提供している情報の内容は具体的か

こうしたチェック項目をクリアしていれば読みやすい「読者目線」の記事が作成できています。

 

また、読者目線という事で言うと・・・常に読者に問いかけているような工夫も必要です。

具体的には「あなた」という代名詞を使っていきましょう。

 

「あなたはこの記事を読んで記事を書いていく上で抑えるべきポイントが分かったと思います。

この記事を読んだと言うことは、あなたは既に他のアフィリエイターよりも1歩前に進んでいるということ。

自信を持って文章を書いていきましょう。」

↑みたいな感じで読者に訴えかけているような文章を作成して下さい。

 

「あなた」と言うことによって読み手は自分に訴えかけられているような感覚になります。

些細なことだと感じるかもしれませんが、この些細な事を積み重ねることによって、確実に読者に響く文章となります。

 

 

まとめ

以上が文章の書き方のポイント。

今回僕が紹介したポイントは

  1. 1記事1テーマ
  2. 1文1メッセージ
  3. なぜ
  4. どうやって
  5. アクションステップ
  6. 方向性
  7. 読み手目線

の7点です。

 

文章を書く際、書いた後にはこの7点を意識して下さい。

それだけで比較にならないほど読者が理解しやすい記事が制作できます。

 

この記事に関して何か分からない点などありましたら、何でもメールを下さい。

疑問点はスグに解決をしてどんどん作業をしていってくださいね。^^

ハクへの問い合わせはコチラ

 

 


 
今ではこうして色んな方に感謝されながらネットビジネスを教えていますが、ココまでくるのにはもの凄く遠回りをしてきました。 
 
その振り幅の広い経験値から、あなたに「稼ぐためにはコレをすべき」とどうしてもお伝えしたい事がありまして・・・ 
今回は僕のメルマガに登録をして頂いた方に無料プレゼントという形でお届けすることにしました。 
 
  • ネットビジネスを実践してもなかなか稼げない・・・という人
  • 初めて取り組むから何から初めてら良いのか分からない・・・という人
には、是非とも受け取って欲しいプレゼントをご用意しています。   
 
僕がうまくいかなかった時期から、どのようにして成功することができたのか。 
ここまで読んでくれたあなたにこっそり教えます。 
 
さらに、シークレット特典もご用意しています・・・詳細はこちらをお読み下さい。