林先生が2018年1月28日放送の「初耳学」にて「現金派よりキャッシュレス派は貯蓄額が多い」という事を解説し、賛否両論を呼んでいます。

キャッシュレス思考の人は年々増加傾向にありますが、果たしてその方が貯蓄額は多いのか。

ただ、だからと言ってむやみやたらにキャッシュレスにすればいいってものではありません。

林先生が何を言いたかったのか、僕なりの分析をふまえて解説をし、お金を増やすには結局何をすべきなのかをお教えします。

 

初耳学で林修先生がキャッシュレス派の貯蓄額が多いことを指摘

 

2018年1月28日放送のTBS系バラエティ番組「林先生が驚く初耳学」の中で、林先生が

キャッシュレスで生活をする人の方が現金派よりもお金がたまりやすい傾向があると解説しました。

 

「キャッシュレス派」というのは、現金をあまり持たないで生活をすること。

現金を持たないってことはむやみにお金を使わなくなる・・・という話をしたいのではなくて、日常的にクレジットカード決済で買い物をするという事が論点です。

 

その点、「現金派」は常に現金で支払う事が基本で、少々まとまった買い物をする時だけクレジットカードを利用する人。

 

クレジットカードは「お金を支払った」という感覚があまりないため、無鉄砲に使い過ぎてしまいがち・・・というイメージが強いですよね。

そのため、貯金とは正反対の結果をもたらすという印象を抱いている人が多いと思います。

 

実際、僕の友人でもクレジットカードで好きなものを飼い続けた結果、支払うことが出来ずに100万円の借金を背負い、その筋の業界から信用を失った人がいます。

このような結果を招きやすいのがクレジットカード。

 

だって、現金だったらそこにある紙幣や小銭しか使うことが出来ませんから、借金のしようがないわけですよ。

でも、クレジットカードは「今すぐ支払えるお金」がなくても商品を購入することが出来ます。

過去の人間が聞いたらそれこそ「魔法のようなカード」なわけです。

 

↑ココに書いた内容は、おそらく普通に暮らしている人が普通に抱くイメージ。

しかし、「初耳学」の中で紹介されたデータは以下のものでした。

<現金派の1年間の貯蓄額>
男性:26万円
女性:33万円<キャッシュレス派の貯蓄額>
男性:57万円
女性:45万円

このデータを引き合いに出し、キャッシュレス派の方がお金がたまりやすい事を解説していました。

 

ただこのデータを見ただけでは、あなたは何か言いたいことがありませんか?

ネット上でも物議を醸しているので、その1部をご紹介します。

 

林先生のキャッシュレスが貯蓄できる説にネット上は賛否両論

まずは賛成の意見。

 

キャッシュレスで普段生活をしている人は、林先生を全面的に容認している印象です。

実際、世界的に見て日本はクレジットカード決済の割合が全体の17%と低く、圧倒的に現金で支払う人が多いというデータがでています。

これは世界の平均値以下なので「日本はキャッシュレスが遅れている」と揶揄されることが度々あるのは事実。

 

http://www.huffingtonpost.jp/nissei-kisokenkyujyo/japan-cashless_a_23314783/引用

 

ビットコインの高騰により、今後ますます通貨という概念が物理的なものではなくなってくるのは明確。

それをふまえると「現金」として手元に持ち続けるのはナンセンス・・・という意見も理解できます。

 

また、お金を「現金」として利用する人が多い日本ではATMに割く維持費が年間で2兆円だそう…。

お金の管理のためにお金を2兆円使ってるんですよ。笑

そういう面からも現金ではなく、限りなくお金を「数字」として扱って流れを良くするべき、というのがキャッシュレス派の意見。

 

続いて否定派の意見。

 

否定派意見としては

年収が高い → 余裕があるし信用度が高い → クレジットカードが持てる → キャッシュレスが多い

年収が低い → 余裕がないし信用度が低い → クレジットカードが持てない → 現金支払いしか出来ない

という構図が浮かび上がるという事です。

 

だから、同じ年収同士で算出したデータでなければ林先生が引き合いに出した証拠は「証拠にならない陳腐なもの」ってこと。

一見上げ足を取っているようにも見えますが、かなり正論だと思います。

クレジットカードは持てない人もいるというシロモノなので、単純に「キャッシュレスかどうか」だけで比較するのではなく、その背景も踏まえて比較したデータでなければ効力は薄いという事ですね。

 

 

以上を踏まえて、ココからは僕の意見を述べます。

林先生はおそらくデータ派。

論理的思考を好み、裏付けがない主張は限りなく信用しない人物だと思います。

まあ、会って喋ったことはないけど。笑

だから、テレビで紹介するデータはしっかりと裏打ちがされているものだと思います。

 

ただね。

ATMの維持費が2億円とか、日本が世界的に見てクレジットカード決済率が低いとか、そういうことは一旦置いておいて・・・

林先生が言いたかったことはクレジットカードを使用することによって「お金の流れが把握出来る」ということだと思います。

実際、「初耳学」ではそのような主張もしていました。

 

クレジットカードを使用すると、その全ての履歴がインターネット上に残ります。

確認をしたければいつでも何処でも確認ができます。

人は知らず知らずのうちに色んなものに対してお金を払っています。

 

あなたは昨日買ったミンティアを覚えていますか?

今朝買ったタバコを覚えていますか?

さっき買ったアイスの値段を覚えていますか?

 

覚えていないことばかりでしょう。

「お金は大切だ」と思っているのに、そのお金の流れは一切覚えていないんです。

その結果「あれ、今月こんなに使ったっけ?」と毎月毎月思うわけ。

 

しかし、クレジットカードを利用して日常的に買い物をしている場合は

何にどのくらいのお金をいつ使ったのか

が明確にわかります。

 

それが、結果的にお金の無駄遣いをなくして貯蓄の増加を招くということ。

林先生が本当に言いたかったのはこの部分だと思います。

 

ただね。

読んでいてわかったでしょうが、例えクレジットカードを利用していたって履歴なんて確認せずにむやみに使う人間もいるわけ

そういう人間が先ほど紹介した僕の友人のように100万円の借金を背負い、その筋の業界から信頼を失う訳。

 

反対に現金支払い派だったとしても、習慣的に家計簿を付けている人もいますよね。

その場合は、日常的にクレジットカードを利用していなかったとしても遥かに貯蓄金額は増えます。

 

要はその人が「お金の管理」を出来るかという事。

お金を貯めたいならこの管理が何よりも重要です。

その点、クレジットカード決済を日常的にしていると過去のデータをさかのぼることが出来るため、「管理をしよう」と思い立った日よりも前のデータを見る事が出来ます。

 

それをベースに「どうやったらお金をもっとうまくやりくりできるのか」という視点に立つことが出来るため、何もデータを持ち合わせていない人よりも遥かに効率よく実践していけるって事。

林先生が言いたかったのはこう言う事だったんじゃないかなあ・・・って僕は思います。

まあ、最近はキャッシュレスの情報発信がトレンドになりつつあるので、単にその流行に乗っただけだったのかもしれませんが・・・。笑

 

さて、こんな話をすると

お金の管理をするとお金が増える

という勘違いをしてしまう人がいると思います。

 

そんなあなたに・・・

「貯金をしている → お金が増える」事のまやかし

のお話をしたいと思います。

 

お金の管理をしっかりしてお金を貯めておく・・・これがお金を増やす方法だと思っていませんか?

確かに「先月は5万円貯金に成功」、「今月は4万円貯金に成功」・・・ってやっていけば、コツコツとお金は積み重なります。

お金は増えていますね。

 

しかし、お金の価値を考えたことがあるでしょうか。

例えば・・・

 

大玉トマトが1個100円で売られています。あなたはその大玉トマトを10個買って帰ってきました。

 

1カ月後同じスーパーに行くと、大玉トマトが1個200円で売られていました。

あなたはその大玉トマトを5個買って帰ってきました。

 

↑この話、どちらも支払った金額は1000円

しかし、持ち帰った大玉トマトの量は半分になっています。

お分かりでしょうか。

物価が上がったんです。

そして、お金の価値が下がったんです。

 

これが俗にいう「インフレ(インフレーション)」。

インフレとは、ある期間において物価が持続的に上がる現象のこと。

 

反対に物価が下がり続ける現象は「デフレ(デフレーション)」と言います。

その場合は、同じお金でも飼えるものが増えるため、お金の価値が上がるととらえることが出来ます。

 

経済はこのインフレとデフレを繰り返すのが普通ですが、長期的にみると物価って確実に上がってるんですよ。

例えば昭和49年の公共交通機関の運賃を見てみましょう。

  • 国鉄(現・JR)山手線1区間:30円
  • バス運賃(都営バス):60円
  • タクシー初乗り:220円

駄菓子みたいな値段ですね。笑

 

今ではこのような価格設定になっています。

  • JR山手線1区間:140円
  • バス運賃(都営バス):200円
  • タクシー初乗り:730円

確実に同じ料金で出来る事が少なくなっていることがお分かりでしょうか。

つまり何が言いたいのかと言うと、お金は寝かしておけばどんどん価値が下がっていくということ。

どんどんそのお金でやれる事が制限されていくということ。

 

これが「貯金=お金が増える」のまやかし。

だいたい、増やしたと思っているそのお金って緊急事態用に備えているだけのお金に過ぎないんですよ。

  • 事故を起こした
  • 病気になった
  • 冠婚葬祭

↑このような事が起きると貯金は吹っ飛んでいきます。

 

だから貯金に対する意識を変えて欲しいんですよね。

貯金はただ備えているだけのお金に過ぎないということを理解して下さい。

 

じゃあ、

お金を増やす方法って?

という話になります。

 

実はお金を増やす方法って2つしかないんです。

その2つとは・・・

  1. インカムゲイン
  2. キャピタルゲイン

です。

 

インカムゲインとは

インカムゲインというのは「何かしらの資産を持つことでそれが発生させる利益を得ること」です。

分かりやすい例を出すならば「家賃収入」。

これは不動産という資産を持つことによって発生する利益です。

 

資産を持っているだけで利益を得ることが出来ますが、その資産を持つためにはお金を使う必要があります。

何に投資をするかによってリターンの大きさや、どの程度の期間そのリターンを得られるのかが決まります。

当然、投資先を間違えれば損益となる場合もあるため知識が必要になります。

 

キャピタルゲインとは

キャピタルゲインというのは「何かしらの資産を持つために支払った金額と、その資産を売り払った時に得た金額差によって利益を得ること」です。

分かりやすい例をだすならば「FX」。

FXは「外貨が安いときに買い、高いときに売る」という単純な構図によって利益を得る投資方法です。

 

外貨という資産をもっているだけでは利益とはならず、それを売り買いすることによって直接的な利益を確保することが出来ます。

この方法も資産を持つためにはお金を使う必要があります。

売るタイミング、買うタイミングによっては損益となる場合もあるため知識が必要になります。

 

「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」についてはお分かりいただけましたか?

お金を増やす方法は、この2つしかないと言われています。

注目してほしいのは、どちらもお金を資産に変えている事。

 

つまりね。

「お金は使わなければ増えない」ってこと。

つくづくお金というアイテムは不思議な存在ですね。

増やすためには使わなければいけないなんて、もはや一休さんで出てくるトンチのような感じがします。(;´∀`)

 

まあ、でも資本主義経済に生きているあなたならば薄々感づいていたのではないでしょうか。

守ってばかりではチャンスは転がってこない。

守ってばかりではお金は増えない。

誰もが人生経験の中で学ぶことだと思います。

 

ここまで読んだあなたが抱く思いはこれでしょう?

お金は寝かすのではなく、使わなければ増える事はないという事は分かった・・・じゃあ、何に使うの?

ってこと。

 

さて、ではココからは僕のブログの色を前面に出しましょう。

実はアフィリエイトも「インカムゲイン」

という話をしていきたいと思います。

 

はい出たー誘導ー(;´∀`)

とか思う人もいるでしょうが、そう思ったらここでページを離れていただいても構いません。

ただ、アフィリエイトという言葉から抱くイメージだけで判断をしているなら勿体ないです

アフィリエイトはどんなビジネスなのか・・・よくよく考えてみたことがあるでしょうか。

 

僕が実践している方法は「資産構築型ブログアフィリエイト」。

 

アフィリエイトには色んな手法がありますが、僕が実践している方法って

インターネット上に資産を構築する

ということなんです。

 

その資産とはブログ。

「ブログかよ(;´∀`)」って思うかもしれません。

まあ、でしょうね・・・。笑

 

しかし、ブログという資産を構築するために

  • レンタルサーバー
  • 自分だけのドメイン
  • 正しいノウハウ

に対してお金を払います。

 

そうして構築された質を伴ったブログはキャッシュ(収益)を上げ続けてくれます。

不動産を購入して「家賃収入を得る」みたいな感じ。

 

同時にブログは「資産」であるので「キャピタルゲイン」も生み出します。

事実、構築したブログはその筋の人が買い手になってくれるんですよ。

「ブログ 買取り」「ホームページ 買取り」で検索をかければ買い取り業者がたくさん出てきます。

 

 

僕は1度も見積もりを出してもらってことはありませんが、とことん外注化してアドセンスを実践している友人はこのような業者に見積もりを出してもらったことがあったのですが・・・

売却価格400万円

という査定結果が出ました。

 

ブログ開設には年間あたり1万5000円程度の運営コストがかかります。

それが400万円で売れるって・・・どんだけの利益かわかります?笑

 

その価格程度ならば自分で運営していた方が遥かに高いキャッシュを得られるため、実際には売却には出しませんでしたが、

成長させたブログには普通に「高級な部類に入る車」の価格程度の価値があるって事。

 

たかがブログです。

しかし、ブログはインターネット上に構築できるあなただけの資産。

インカムゲインもキャピタルゲインも生み出すインターネット上に構築できるあなただけの資産なんです。

 

だから。

この記事で言いたいことは林先生の言っていることが間違っているのか、正しいのか・・・という事ではなくて、

自分がお金を使うものはしっかり把握して、何にお金を使うのかをよく考えてほしいという事です。

 

「資産」と言うと、自分には構築することのできないシロモノというイメージを抱く人が多いと思います。

しかし、インターネットがどんどん普及した現代では、リアルだけではなくてインターネット上にも「資産」を構築できるんです。

 

お金を増やしたくない人なんて一人もいないと思います。

しかし、お金というのは都合の悪いもので「使わないと増えない」んですね。

もしも、インターネット上に資産を構築する方法を知りたいと思った方は何でも僕にメールで質問をしてください。

お応えできることには最善の内容でお答えさせていただきます。

基本的に48時間以内には返事をさせて頂きます。

ハクへの問い合わせはコチラ

 

 


 
今ではこうして色んな方に感謝されながらネットビジネスを教えていますが、ココまでくるのにはもの凄く遠回りをしてきました。 
 
その振り幅の広い経験値から、あなたに「稼ぐためにはコレをすべき」とどうしてもお伝えしたい事がありまして・・・ 
今回は僕のメルマガに登録をして頂いた方に無料プレゼントという形でお届けすることにしました。 
 
  • ネットビジネスを実践してもなかなか稼げない・・・という人
  • 初めて取り組むから何から初めてら良いのか分からない・・・という人
には、是非とも受け取って欲しいプレゼントをご用意しています。   
 
僕がうまくいかなかった時期から、どのようにして成功することができたのか。 
ここまで読んでくれたあなたにこっそり教えます。 
 
さらに、シークレット特典もご用意しています・・・詳細はこちらをお読み下さい。