どうも、ハクです。

今回は「検索ボリューム」に焦点を当てて解説をしていきます。

記事を読み進めるとこんなことが分かります。

  • 検索ボリュームが何か分かる
  • 検索ボリュームの具体的な扱い方が分かる
  • アフィリエイトで戦略を立てられるようになる

 

「検索ボリューム」はブログの構成を考え、戦略的に作業を進めていく上で1つの指標となります。

 

検索ボリュームを考慮して効率よく検索上位を取得している例↓

 

なので、今回の記事で具体的な活用方法まで理解して、是非とも計画的にブログを作っていって下さい。

 

ちなみに、僕が外注ライターさんに適当に記事を発注し、完全に無秩序な雑記ブログを作ったところ、3000字以上の記事を300本突っ込んでも1日当たりのPVは1000しか集められませんでした。笑

 

 

 

しかし、計画を立てて取り組めば同じ記事数でも1日当たり数万PV集めることも出来るわけ。

 

 

 

これが無秩序で立ち向かうのか、秩序をもって立ち向かうのかの大きな「差」。

どっちが良いですか?って聞いたら答えは1つですよね。

今回の記事では、「秩序を持ってアフィリエイトに取り組む方法」の一端が理解出来ます。

 

では、早速本題に入っていきましょう。

 

検索ボリュームとは

検索ボリュームとは「実際に検索されている回数」のこと。

検索ボリュームを調査するサイトによって色んな表記方法がありますが、一般的なものは「月間の検索ボリューム」を表示します。

つまり、Aというワードで一ヶ月当たり何回検索されているのかを表示するということ。

 

コレを知る事によって何が分かるのかというと、そのワードに対する「需要」です。

どれだけその情報が求められているのかが分かります。

 

例えば「嵐 ライブ」というワードは月間検索ボリュームが5万回近くありますが、「山下智久 ライブ」だと月間平均検索ボリュームは3000回しかありません。

残酷な結果ですが、どっちが多くの人に求められているのかということが明白ですよね。

 

僕らのような情報発信者としては、需要がないところに切り込んでいってもアクセスを集める事は出来ません。

じゃあ、需要があるところに切り込んでいこうと思いますが、たくさんの人が同じことを考えるので情報発信者のライバルも多くなります。

つまり、「検索ボリューム」と「ライバルの多さ・強さ」を天秤にかけながら参入する場所を考えるというのが基本的な方針になります。

 

  • ライバルの強さ:実際にそのワードで検索をしてみて勝てるかどうかを自己判断する
  • ライバルの多さ:実際にそのワードで検索をしてみて表示されるページ件数をチェックする

 

マトリックスで表示すると分かりやすいのですが・・・

 

 

  • 「ライバル弱」で「検索ボリューム多い(需要高い)」部分が一番狙い目。
  • 「ライバル弱」で「検索ボリューム少ない(需要低い)」部分も細かいアクセスを拾うことが出来ます。
  • 「ライバル強」で「検索ボリューム少ない(需要低い)」部分が一番最悪、参入する価値無しって感じです。

 

検索ボリュームに関する基本的な考え方はOKですね。

では、実際に使用するツールをご紹介します。

 

検索ボリュームはツールで調べる

検索ボリュームを調査するツールというのは、なかなか無料で優秀なサービスを提供してくれるものがありません。

今回はその中でも使い勝手の良い3つの無料ツールをご紹介しますが、いつサービスが劣化するのか、いつサービスが終了するのか、いつ有料化されるのかは分かりません。

あくまでも今のところは無料で使える優秀なツールと言うことでご紹介をさせて頂きます。

※以下のツールで数値を計測しても具体的な数字が出てこないことがありますが、その場合は検索される回数があまりにも少ないか、データの蓄積がないほど最近のワードかのどちらかです。

 

アラマキジャケ


http://aramakijake.jp/

 

1つ目は「アラマキジャケ」。

Googleでの検索ボリューム、Yahoo!での検索ボリュームを別々で表示してくれます。

 

無料なのに1桁の検索ボリュームまで出してくれる貴重なサイトです。

しかし集計している期間が不明確なので、そこまで信頼のおけない数値かなあとも感じています。

ただ、色んな有料ツールと比較してもそれなりに正しい数値が表示されているので、今のところは信じています。笑

 

Googleキーワードプランナー

https://ads.google.com/aw/keywordplanner/

 

2つ目は「Googleキーワードプランナー」。

Googleでの検索ボリュームのみ表示してくれます。

 

天下のGoogle様が提供してくれている無料のサービスです。

広告運用費用を入れないと具体的な数字が表示されず、「100-1000」みたいに曖昧な数字しか表示されないのがデメリット。

数百円でも良いので広告運用費を入れて上げて、しかるべき設定を行なえば具体的な数字が表示されるようになります。

 

Ubersuggest


https://neilpatel.com/jp/ubersuggest/

 

3つ目は「Ubersuggest」。

GoogleとYahoo!の合計の検索ボリュームを表示してくれます。

 

具体的な検索ボリュームが表示されるだけではなく、サジェストワード、関連ワードも一覧で表示してくれるし、それらのワードに関しても検索ボリュームが表示されます。

今のところ超有能なサービスなんですが、おそらくそのうち有料化されます。笑

無料のうちに使い倒しておくのが吉かと思います。

 

以上3つのツールを利用して検索ボリュームを調べることが出来ます。

では、具体的に数値で線引きしてどのような取り組み方をしていけば良いのか・・・その目安を提示しましょう。

 

アフィリエイトで狙うべき検索ボリュームの目安

検索ボリュームを数値によって3つのカテゴライズに分類します。

3つのカテゴリは小・中・大と名付けます。※ここで表示するボリュームはGoogleキーワードプランナーで表示される検索ボリュームです。

  • 小:検索ボリュームが100未満
  • 中:検索ボリュームが100~1000
  • 大検索ボリュームが1000以上

 

小:検索ボリュームが100未満

検索ボリュームが100未満と言われるとさぞかし需要が低いと感じますよね。

Googleキーワードプランナーでは月間あたりの検索ボリュームが表示されるので、1日当たり3回しか検索されないということになります。

 

しかし、コレが意外と侮れない。

アクセスの数に依存しない成約型広告を利用している場合は、1アクセスでもすごく貴重な顧客。

この「小」のカテゴリと如何に向き合うのかが、アフィリエイトで結果を出して行くにはスゴく重要です。

 

中:検索ボリュームが100~1000

検索ボリュームが100~1000と言われると「そこそこ需要があるんだろうな」って感じがしますが、実際には1日当たり3~33回程度しか検索されないということです。

そう考えるとあんまり需要はないですよね。

しかし、情報発信者側からするとこのくらいの需要の規模が1つの線引き。

 

何の線引きかというと、1つの記事単体で1位を狙える線引きです。

 

検索エンジンで1位をとるというのは本当に大変。

需要の規模とライバルの関係、そして渾身の記事が組み合わさってやっと10位以内に入ることが出来ます。

そこから1位に上げていくには、そのワードで検索した人の悩みに他の記事よりもドンピシャで解決出来ている内容であり、なおかつブログの運営状況なども関係してくるので一筋縄ではいきません。

 

大検索ボリュームが1000以上

じゃあ検索ボリュームが1000を超えてしまうと上位をとるのは無理なのか・・・というとそうではなくて。

周辺のキーワードで記事を作成して、内部リンクを飛ばしてやることで少しずつ強化してやるという方法をとります。

1つの記事単体という「点」ではなく、複数の記事という「面」で勝負していくようなイメージですね。

 

以上の小・中・大の規模を上手く利用してブログを設計します。

ここからは実際にその小・中・大のキーワードをどのように活用していくのかを解説していきます。

 

検索ボリュームの具体的なアフィリエイト活用方法

ここまで検索ボリュームとは何かを知り、調べるツールを知り、それぞれのボリュームの目安によってどのような考え方を持てば良いのかを解説しました。

ここからはいよいよその材料を活かしていく話。

 

具体的には・・・

  • アフィリエイトで集客のための検索ボリューム活用法
  • アフィリエイトで成約のための検索ボリューム活用法

という「集客」と「成約」に関して、どのように検索ボリュームと接していけば良いのかを解説します。

 

アフィリエイトの広告の種類に関しては既に理解をしているかと思いますが、まだご存じでない方はこちらの記事をご覧下さい。

アフィリエイトの仕組みを図入りで解説した結果分かる衝撃の事実

 

上記の記事で説明していますが、「クリック型広告」に関しては収益がアクセスに依存しますし、「成約型広告」に関してはアクセス以外の要因が大きく関係します。

つまり扱う広告によってアプローチが違うということ。

 

だから「集客」と「成約」に分けて検索ボリュームとどのように付き合うのかをお話しします。

・・・とは言っても、自分に必要そうなものだけを読むのではなく、全て読んで理解するようにして下さい。

その理由は、相互的に関わり合う要素があるので必ず役に立つからです。

 

では、まず「集客編」の話をしていきます。

 

アフィリエイトで集客のための検索ボリューム活用法

「集客」をするためには無闇矢鱈に記事を書いても効率が良くありません。

キーワードを意識して記事を書けばそれなりのアクセスは来るのですが、無秩序で手を付けると冒頭で紹介したブログのように、記事をたくさん突っ込んでも1000程度のPVしか集められないブログが出来上がります。

 

アフィリエイトの情報発信をしているブログに1日1000PVが集まれば普通にサラリーマンの月収以上稼げることが見込めます。

しかし、クリック型広告を利用しているブログに1日1000PVしか集められない場合は、月辺りの収益が1万円いくかいかないか程度

とても生活していくことが出来ませんよね。

 

僕が失敗例に出したブログはばりばりクリック型広告で運用していたので大失敗です。笑

そうならない為にも、それぞれの検索ボリュームのキーワードをどう捉えていくのかを理解して下さい。

 

小:検索ボリュームが100未満を狙っていくメリット

この「小」を狙っていくメリットは確実に安定したアクセスを集めることにあります。

検索ボリュームが小さいと言うことは、ライバルが参入してくる可能性も少ないと言うこと。

そのため、ライバルと競合せずに楽に集客することが出来ます。

 

さらに、ライバルが参入することが多いキーワードは、新しく参入してくる人も多く入れ替わりも激しいです。

そうなると昨日までは3位だったのに今日は6位かよってことが普通に起こります。

ずっと上位に居続けるということが難しいんですね。

 

そのため、「小」をコツコツと狙っていって中長期にわたり安定したアクセスを集めるというのは十分効果的な方法なんです。

特に「成約型広告」でブログを運営している場合は、5や10のアクセスは本当にバカに出来ません。

それだけで成約件数が2件3件増えることだって普通にありますからね。

 

検索ボリューム100~1000は検索1位を狙う

「検索1位を狙う」とか簡単に書きましたが、それは簡単なことではありません。

しかし、検索順位によってアクセスの数というのはコレだけ変化するというデータがあります。

 

検索1位を狙う為にはまず基本的なSEOの要素を押さえます。

キーワードをタイトルや見出しに盛り込み、文章の質を上げる・・・などなど色んな要素がありますよね。

Googleが求めているのはユーザーファーストの情報発信。Googleが掲げる10の事実があるのでまずはこちらに目を通して下さい。

  1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
  2. 1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
  3. 遅いより速いほうがいい。
  4. ウェブ上の民主主義は機能します。
  5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
  6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
  7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
  8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
  9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。
  10. 「すばらしい」では足りない。
    引用元: http://www.google.com/intl/ja_JP/about/company/philosophy/

 

今回の記事では「検索1位をとる」という話はちょっと焦点がずれますので深掘りはしませんが、Googleは「事実」と「解釈」を同時に満たした記事の必要性を訴えている様に感じています。

実際それを徹底的に追求した記事は僕の経験では上位に食い込んでいます。

 

「事実」というのは「機能的価値」であり、おおよその概要は誰が話しても同じになります。

ただ、情報を発信する側によって「情報を提供する順序」や「表現の噛み砕き度」が変わる為、受け手の理解のしやすさが大きく変わります。

 

「解釈」というのは「感情的価値」であり、発信する人によって個性が大きく出ます。

エンターテイメント性を意識して、オリジナリティがある主張や体験を交えることによって、読者に新たな発見や気づきを与えます。

それこそ情報発信者の人生そのものがコンテンツに影響を与えると言ってもいい部分。

 

この「事実」と「解釈」をバランス良く配合することが検索上位には必要不可欠。

タグとか文章中にキーワードを入れるとか、すごい細かいSEOの要素はたくさんありますが、そんな細かい事よりも情報の中身が「事実」に基づき、それを「解釈」を交えて発信することが重要。

長くなりそうなので、このあたりの話はまた別の機会にお話ししましょう。笑

 

検索ボリュームが1000以上はサジェスト・関連キーワードを利用する

検索ボリュームが1000を超える規模になると、1つの記事単体では検索上位を狙うことが難しくなります。

そこで行なう戦略は、サジェストワード、関連ワードをキーワードにして記事を作成し、内部リンクを飛ばしてやるということです。

1つの「点」を下から「面」で押し上げてやるようなイメージ。

 

サジェストワードとはGoogleの検索窓に語句を入力すると出てくる予測ワードのこと。

関連ワードは検索をしたら下に表示されるワードのこと。深掘りするならば「関連キーワード取得ツール」によって一括で出すのがおすすめ。

 

関連キーワード取得ツールで「薄毛」のキーワードを調査した場合↓


https://www.related-keywords.com/

 

 

以上がそれぞれの検索ボリュームに対する「集客」の考え方。

着手すべきところが見えてきたのではないでしょうか。

ブログ開設当初は「小」のキーワードを狙っていくことをおすすめしますが、別に「大」に挑戦してはいけないと言うことではありません。

どのボリューム規模に対してどうやってアプローチをすれば良いのかが分かっていることが最も重要。

あとはボリュームとキーワードを整理して、どのようなライバルがいる中でどのレベルで書けばどのような結果を得るのかを把握していけば確実に上を目指していくことが出来ます。

 

記事を公開した後のにデータを見てフォローする方法はこちらの記事で解説していますので避ければ参考にして下さい。

 

では続いて「成約編」へいきます。

 

アフィリエイトで成約のための検索ボリューム活用法

「成約編」を解説するに当たって、「検索ボリューム」ともう1つの指標を合わせて考えて行きます。

そのもう1つの指標は「行動の意欲」。

どういう事かと言うと、キーワードによって「行動の意欲」の強弱があるんですね。

 

例えば行動の意欲が強いキーワードは・・・

  • FX 口座開設
  • アフィリエイト おすすめ 商材
  • オールインワン おすすめ ランキング
  • アフィリエイト 始め方
  • ブログ 稼ぐ 方法

などは、すぐに行動をしようという意思が見えますよね。

 

しかし、こんなキーワードはどうでしょうか。

  • アフィリエイト やめとけ
  • アフィリエイト 仕組み
  • ダイエット 意味
  • クレジットカード 大学生

このようなキーワードは行動の意欲があると言うよりも、どんなものなのかよく知りたいってイメージですよね。

 

もちろん、このよう行動の意欲が弱いキーワードから細かな集客をかけて、誘導をしていって成約に至ることもあります。

しかし、成約のしやすさで言うと遠回りだと言えますよね。

行動の意欲が強い方が、記事を読んだ後に行動に移す実行力が段違いだからです。

 

ここで分かりやすくする為に、「検索ボリューム」と「行動の意欲」を指標にしてマトリックスを作ってみます。

 

こんな感じ。↓

 

4つのカテゴリが出来たのがお分かりでしょうか。

  • 検索ボリューム「大」、行動の意欲が「強」
  • 検索ボリューム「大」、行動の意欲が「弱」
  • 検索ボリューム「小」、行動の意欲が「強」
  • 検索ボリューム「小」、行動の意欲が「弱」

 

「成約」を考える上で最も避けたいのは、検索ボリュームが大きいのに行動の意欲が弱いところ。

例えば「アフィリエイトとは」で検索をかけてきたとしても、

  • アフィリエイトという言葉自体の意味を知りたいのか
  • アフィリエイトの仕組みが知りたいのか
  • アフィリエイトで稼ぎやすいジャンルが知りたいのか

何の情報を発しているのか不鮮明になります。

 

勘違いして欲しくないのは「集客」を考えると、このような大きなワードで狙うのは常套手段であること。

今はあくまでも「成約」までの導線を考えているので、「アフィリエイトとは」で検索をした人は検索の意図が読みにくいのでたくさんの情報を用意しておかなければいけないんですよ。

なので、手を付けるならば「集客のため」と割りきった上で、質の高い情報発信をして検索上位を狙います。※でも、全ての記事から「成約の導線」は考えて下さい。僕らは趣味で情報発信しているわけではないので。

 

「成約」を考える上で狙い目なのは、検索ボリュームが少なくて高度の意欲が強いところ。

この部分を狙っていく場合、検索ボリューム「大」、行動の意欲「大」のキーワードに1つか2つキーワードを足してやることがおすすめです。

 

例えば「FX 口座開設」だと検索ボリュームが4000近くありますが、

とな

  • 「FX 口座開設 楽天」の検索ボリュームは10程度
  • 「FX 口座開設 おすすめ」の検索ボリュームは300程度
  • 「FX 口座開設 必要なもの」の検索ボリュームは30程度

ります。

 

ワードを足しやることによってマトリックスの右上から右下に下げてやるイメージですね。

 

 

検索ボリュームが100以下だと、正直「集客」の面ではコツコツとした確実なアクセスしか期待出来ません。

しかし、だからこそ狙い目。

その数少ない濃厚なアクセスを成約に結びつける事が出来れば、確実に収益額も上がっていきます。

 

また、2語、3語、4語のような複合キーワードを使ってアクセスを集めると、訪問者のニーズを掴みやすくなります。

「こんな情報を欲しているんだ」とか「こういうワードから成約に結びつくんだ」ということが推測しやすくなります。

その結果、「何を欲しているのか」が分かり、提供する商品やサービスの選択肢が狭まり、アフィリエイターとして成長できます。

 

「成約」を考えるのならば、どれだけ行動の意欲が強い読者を集められるのかが勝負。

そのようなキーワードを見つけて、もう1つキーワードを付け加えてさらに行動の明確さを絞る。

それが出来れば着々と収益額を上げていくことが出来ます。

 

検索ボリュームの具体的なアフィリエイト活用法まとめ

今回は検索ボリュームの具体的な扱い方をご紹介しました。

検索ボリュームの扱い方が分かると、具体的な戦略が立てられるようになります。

  • 今記事を書いているけど、それは「集客」がしたいの?「成約」させたいの?
  • 手当たり次第に記事を書いているけどアクセスが集まらないよ

みたいな漠然とした作業を続けているアフィリエイターはもの凄く多いです。

 

作業には1つ1つ意味があるので、それを明確化させてとりくまなければ無秩序なブログが出来上がります。

その結果、冒頭でご紹介した最悪の結果を引き寄せることになるので・・・正直時間が無駄になります。

もちろんその経験のお陰で今の僕があるのですが、わざわざあなたが同じ轍を踏まなくても良いと思います・・・って言うか踏まないで。笑

 

既に経験した人間に聞けば、そのような回り道はしなくて済みますから。

今回の記事を読んで何か分からない事があったり、僕に聞いてみたことがあれば何でも言って下さい。

僕へのお問い合わせはこちら

 


 
今ではこうして色んな方に感謝されながらネットビジネスを教えていますが、ココまでくるのにはもの凄く遠回りをしてきました。 
 
その振り幅の広い経験値から、あなたに「稼ぐためにはコレをすべき」とどうしてもお伝えしたい事がありまして・・・ 
今回は僕のメルマガに登録をして頂いた方に無料プレゼントという形でお届けすることにしました。 
 
  • ネットビジネスを実践してもなかなか稼げない・・・という人
  • 初めて取り組むから何から初めてら良いのか分からない・・・という人
には、是非とも受け取って欲しいプレゼントをご用意しています。   
 
僕がうまくいかなかった時期から、どのようにして成功することができたのか。 
ここまで読んでくれたあなたにこっそり教えます。 
 
さらに、シークレット特典もご用意しています・・・詳細はこちらをお読み下さい。