どうも、ハクです。

このブログでは「資産構築型ブログアフィリエイト」と題して、情報商材を扱ったブログアフィリエイトの手法を余す所なくご紹介しています。

そこで今回は「ブログアフィリエイトでの記事の書き方」をご紹介。

 

正直、僕がおこなっている方法を余す所なく公開するというのはあまり気が進まないところもあるのですが・・・。笑

でも僕がアフィリエイトに取り組み始めた頃は

「こんなブログがあったら・・・」

と何度も思いましたので、このブログを作る事を決意しました。

 

このブログに書かれている内容を実践していけば、おのずと収益化に結びつくように1つ1つ丁寧に解説をしていきますので、どうか熟読して実践して頂ければと思います。

 

質問などがあれば気軽にメールを下さい。

 

ブログアフィリエイトで記事の書き方

 

アフィリエイトではブログが軸。

YouTubeアフィリエイトやTwitterアフィリエイトなどもありますが、正直動画やTwitterなどのメディア媒体はブログを軸にした方が効果が高いです。

つまり、ブログを軸として

  • 動画での解説
  • Twitterでのアクセス

をすることによって収益化が増大出来るということ。

 

しかし、動画だけ、Twitterだけだと軸となる存在が無い為、それぞれのコンテンツを循環させる方法がないわけです。

ですから僕はアフィリエイトを実践しようとしているあなたに、まずはブログを開設する事をお勧めします。

 

さて、そこでブログというメディア媒体に注目してみると・・・圧倒的に文章で構成されていることが分かるでしょうか。

今まさにあなたがご覧になっているこのページには、少しの画像こそありますが、そのほぼ全ての構成が文章によって成されています。

だからこそ「記事の書き方」はブログアフィリエイトを実践していく上で主軸となる作業。

 

そのため、今回解説する内容はもの凄く重要と言うことを肝に銘じて下さい。

そして文章の大切さを理解して下さい。

このビジネスを積み重ねると面白いもので、例えば新刊の本を紹介している書店のPOPに何が書かれているのかも注目をしてしまうようになります。笑

  • どうやってお客さんの心を引っかけているのか
  • どんなネタと結びつけてその書籍を紹介しているのか

なんて部分についつい目が奪われてしまうんですよ。

 

そんな職業病のようなものに取り憑かれる第1歩を踏み出すあなた。

 

しかし・・・

アフィリエイトの記事が書けない

と言う悩みを抱えているのではないでしょうか。

 

ブログアフィリエイトをする上で記事が書けないということは致命的です。

ブログはコツコツと記事を更新していく作業が従軸となるため、その作業がストップしてしまう事は最も大きな損益となります。

 

僕も記事が書けなくなる時期は定期的に訪れます。

「書かなきゃ・・・」とは思うのですが、手が止まり一向に作業が進まないため、ついついアニメの情報を検索してみたり、大人向けの動画をみたり(笑)・・・。

完全に頭が思考することを辞めたがっていくので、そんな日は作業自体を辞めて息抜きをすることも・・・。

 

思考の停止は楽ですからね・・・。

その楽さを覚えてしまうと次の日も、また次の日も影響を受け、気がつけば作業が1週間もストップしちゃうことなんて時もあったりします。笑

 

書けない・・・と悩むのは必要なのですが、あまり「書かなきゃ、書かなきゃ」という思いに取り憑かれるのも作業が進まない原因となるので、自分を責めすぎないで下さいね。

それに、記事が書けないという原因は1つしかありません。

うん、この業界に飛び込んで既に3年以上が経過した僕の経験上、書けないと言う原因は1つだけ。

 

それは「ネタが無い」から。

だから、気になる本やウェブ上の情報にまみれていると、自然と記事が書きたくなるんですよね。

もう書きたくて書きたくてウズウズさえしてきます。笑

 

そこで、まずは記事が書けないという人のために

ブログアフィリエイトにおける記事のネタ集め

をご紹介します。

 

 

「ネタ集め」とはインプットのこと。

「記事を書くこと」はアウトプットなので、このインプットをしなければ当然手が止まるわけです。

インプットをしないと手が止まることは明白なので、アフィリエイト初心者の方もインプットをしないことには何も始まらないと言うことです。

 

インプットをする上で最も効果が高いのは本。

本に記載されている情報は、その多くがウェブ上には記載されていないことがおおいので、より独自性の高い記事の作成、情報提供が可能になります。

 

僕は手が止まると、必ずと良いほど本を読みます。

本は書籍という形で販売されているため、それ相応の質が伴っていますし、確実に著者の主張や意見が反映されています。

そのため、読むと確実に刺激を受けることが可能。

書きたくてウズウズしてきます。

 

どんな本を読めば良いのかという質問が良く来ますが、このブログ内でもどんどん紹介をしていきますので、そちらから情報を入手して頂けると思います。

僕がよく読むジャンルは「コピーライティング」についての本。

どのように情報をまとめ上げて、それを読者に伝えていくか・・・という作業の上でめちゃくちゃ役に立つ情報がたくさん書かれています。

 

そこから派生して「人の心理」系の本もよく読みます。

例えば、テレビでも活躍している心理学研究者のDaiGoさんの本や、一流マジシャンが観客を引きつけるために実践している方法が書かれている本。

結局文章を書いて、広告に誘導していくアフィリエイトという職業にも共通したものが多いので、かなり参考になります。

 

ウェブ

ウェブ上の情報は、質の低いものからめちゃくちゃ質の高いものまで千差万別。

そのため、ブックマークはしっかりと整理しておいて、琴線にちょっとでも引っかかるような情報発信の仕方、情報の内容を作り上げているブログを見つけたら、どんどんブックマークしていくことをお勧めします。

 

ウェブ上の情報は無料で読み放題ですからね。

質の高い情報発信者は絶対に何度も何度も触れておき、自分の情報発信に使える内容のものがあればどんどん参考にしていって下さい。

 

それにウェブの情報はGoogleドライブの「スプレッドシート」や「メモアプリ」での整理が簡単なので、

暇な時間があればウェブによるインプットを実践して、どんどんツールやアプリを利用してストックをしておくと良いです。

 

動画

意外と見落としがちなのが動画。

ブログは文章を扱うので、ついつい文章によるインプットをしてしまいがちですが、動画でインプットしたことを文字に起こすと言う作業はあまり実践している人が多くないため、

他のブログと被ることが少なくて狙い目なんです。

 

それに今ではセミナーや自己啓発系の動画も多いですし、ネタとして使えそうな動画は調べれば簡単に出てきます。

一見関係のないような・・・

島田紳助さんのようなロジックでお笑いをしている人や、スティーブジョブズのような突出したプレゼンのテクニックを持っている人、林修先生のような根拠を付けてものごとを見る人などの動画も参考になります。

 

目を付けた動画があれば、「Clipbox」というアプリで音声化するのがお勧め。

音声にしてしまえば何かを「しながら」聞くことが出来るため、動画よりも音声の方が遥かにインプットはしやすくなります。

 

情報商材

あとはやはり情報商材ですね。

情報商材は書籍よりも高いですが、その価値があるだけの情報が記載されています。

得るものが多い分、ストックできる情報も多いため、当然出せる情報も増えていきます。

 

あ、でもあなたが男性用化粧とかの物販アフィリエイトをしているならば別ですが・・・。(^_^;)

その場合は、雑誌やテレビなんかから情報を摂取する事がおすすめです。

例えば、2017年の年末には広末涼子さんがある番組の中で「パオ」という顔のフィットベス器具を紹介したことで爆発的に売上げが伸びたそうです。

 

 

さて、ネタ集めについてはお分かり頂けたでしょうか。

これからブログアフィリエイトを実践していくならば、この「ネタ集め」=「インプット」をしなければ書く事が出来ません。

副業としてアフィリエイトに取り組む人も大勢いると思いますが、隙間時間があればどんどんインプットに費やして下さい。

 

本業が終わって、自宅に帰り、パソコンの前に座って「さあ、インプットするぞ!」じゃ遅いので。(^_^;)

パソコンで作業をする時間は全てアウトプットに使って下さい。

そうじゃなければ遥かに作業スピードが遅くなってしまいます。

 

効率的にインプットがしたい方はこちらの記事もチェックして下さい。

 

 

続いては

どんな記事内容を書くのか抑えるべきブログ構成のコツ

についてご紹介します。

 

ブログの記事内容で抑えるべきコツはたったの3つ。

アフィリエイトのブログ記事の内容は

  • トレンド記事
  • 価値提供の記事
  • レビュー記事

の3つで構成します。

 

今あなたが見ているこのブログもこの構成で作られています。

 

記事の種類 内容 割合
トレンド記事 そのブログに関係のあるホットな情報を記載した記事。
トレンド記事はアクセスを集めると言う役割をなうため、そんなに内容について凝る必要はありません。
サクッと書いてサクッと終わらせる。
そして集客という役割だけを果たしてもらえればOK。
10%
価値提供の記事 価値提供の記事はブログの中で最も量が多くなる記事です。
長い期間アクセスが来続けるようなキーワードについて、その情報をまとめた記事や、実際の作業をする上で実践的な画像を多数掲載した記事を書きます。
正直めちゃくちゃ面倒なんですが、その面倒な作業をしてこそ信頼を勝ち取れるブログが作れるようになります。
ブログの構成で多くを占める記事となりますので、ココで手を抜いてしまっては読者は離れていきます。
頑張って作業しましょう。
70%
レビュー記事 レビュー記事はキャッシュポイントとなる記事。
アフィリエイトの広告を貼り、そこから収益化をしていきます。
実際に紹介をする商品を使ってみてどうだったのか、何が懸念点なのかを解説し、読者が手に取りたくなるような記事を作り上げていきます。
20%

 

ブログの構成で抑えるべきコツは分かりましたでしょうか、

ブログの構成はたったの3つ。

「トレンド記事」「価値提供の記事」「レビューの記事」。

 

その上で記事構成を考えていきます。

 

ブログの記事構成

ブログの記事を書いていく上で、どのように記事を構成していくか。

抑えるべきポイントは4つです。

その4つというのは、人の学習タイプに依存します。

 

人には学習タイプが4つあるということをご存じでしょうか。

その4つとは・・・

  1. なぜタイプ(Why)
  2. なにタイプ(What)
  3. どうやってタイプ(How)
  4. 今すぐタイプ(Now)

です。

 

学校の授業・・・おなじ内容の情報を摂取して、同じ人に解説をされているのに、どうして成績に大きな差が出てくるのか不思議に思ったことはありませんか?

もちろん個人の努力の差にもよるのですが、実は人には先ほど示した4つの学習タイプがあるため、同じ授業を受けても

  • それに興味が湧くのか
  • どれだけの理解を示せるのか

が大きく異なります。

 

だからこそ、ブログで記事を書いていくならば全てのタイプの人が興味を持つように、満足感を得られるように書いていく必要があるわけです。

では、それぞれのタイプがどんな情報を欲しているのかを解説していきます。

 

なぜタイプ(Why)

なぜタイプは理由や意味を求めるタイプの人を指します。

 

例えば飲食店のバイトで

「外にある灰皿は20時になったら店の中に仕舞うように」と指示を出されるのと、

「外にある灰皿は夜そこでタバコを吸う人が少ないし、いつまでも出しておくとゴミなどもおかれてしまうので20時になったら店の中に仕舞うように」と指示を出されるのでは

印象の残り方が大きく変わりますよね。

 

なぜタイプの人は、全ての仕事内容に「なぜそのタイミングでやらなければいけないのか」「そもそもなぜその作業をしなければいけないのか」という情報をセットで伝えて上げなければ理解が遅いです。

また、メリットやデメリットの情報を提供すると満足する傾向があります。

 

そのため、記事を書いて行くに当たってこのような事を意識して下さい。

  • その記事には一言で言うとどんな情報が書かれているのかを冒頭で伝える
  • 読むことによって得られるメリットを伝える
  • (レビュー記事ならば)商品のメリットとデメリットを伝える
  • 主張をした場合にはその理由を付け加える

 

なにタイプ(What)

何タイプは根拠や証拠、情報の詳細を求めます。

 

例えばバイト先でこんなことを言われたとします。

「この間、レジ締めの作業で入金帳の記載ミスをしていたから気をつけろよ!慣れてきた時が肝心だぞ!」

しかし「なにタイプ」の人は、自分がどんなミスをしたのか・・・その詳細が気になるわけです。

 

「金額を間違えたのだろうか」「日付の入力ミスか」「そのミスはカバーできたのか」

そんな思考が頭を巡り聞かずにはいられなくなってしまうタイプですね。

 

現在の学校の授業のやり方に最も合っているタイプがこの「なにタイプ」。

僕は割と「なにタイプ」に該当します。

「河童」とか「UFO」とか、そういう都市伝説に対してロマンを感じるだけではなく、その真意・証拠までを追求してしまいたくなるタチなんですよ。(^_^;)

 

そのため、記事を書いて行くに当たってこのような事を意識して下さい。

  • ふわっとした抽象的な情報提供は避け、一段掘り下げた情報提供をする
  • 「やり方」「方法」を解説する記事はスクショを取って実際にやっている画像を掲載する
  • 「書籍からの引用」などの情報を掲載する
  • 客観性がある証拠やデータを掲載する

 

どうやってタイプ(How)

どうやってタイプはやり方や方法論が気になります。

「床掃除をココにある道具を使ってやって下さい」というザックリとした指示を与えられるよりも、

「床掃除は、まずこの箒でゴミを取ります。ゴミを集める場所はココとココの2箇所。ゴミを集めた後は・・・」

と言うように具体的な方法を1つ1つ説明して上げた方が遥かに実行力が高まります。

 

そのため、記事を書いて行くに当たってコレを意識して下さい。

記事を読んだ後で何をすべきなのかを、より具体的に1~3つくらいのステップで解説する

この実践ステップを提供できないようなテーマを扱った記事もあると思いますが、提供できるテーマなら必ず実践ステップは入れるようにして下さい。

これがあるのと無いのとでは、「どうやってタイプ」を始め、読者の信頼性や興味の持たれ方が大きく変わってきます。

 

今すぐタイプ(Now)

今すぐタイプの人はとりあえずやってみるという傾向が強い人ですね。

 

そのため、記事を書いて行くに当たって

記事を読み終えた人が何をすべきかを明確にする

を意識して下さい。

 

「メルマガへの登録」でも良いですし、「関連記事へ移る」でも良いですし、それこそ先ほどのどうやってタイプで提供した「具体的な実践ステップ」でもOK。

今すぐに行動すべき内容を記事の最後で明確にすることを心がけましょう。

 

 

以上、4つのタイプが満足いくような情報をまとめると・・・

  • その記事には一言で言うとどんな情報が書かれているのかを冒頭で伝える
  • 読むことによって得られるメリットを伝える
  • (レビュー記事ならば)商品のメリットとデメリットを伝える
  • 主張をした場合にはその理由を付け加える
  • ふわっとした抽象的な情報提供は避け、一段掘り下げた情報提供をする
  • 「やり方」「方法」を解説する記事はスクショを取って実際にやっている画像を掲載する
  • 「書籍からの引用」などの情報を掲載する
  • 客観性がある証拠やデータを掲載する
  • 記事を読んだ後で何をすべきなのかを、より具体的に1~3つくらいのステップで解説する
  • 記事を読み終えた人が何をすべきかを明確にする

です。

記事を構成する際には、↑このチェックリストを確認して満たしているのかをチェックして下さい。

 

アフィリエイト記事の文字数の目安は?

この記事で解説をしている情報を読んでいると分かると思いますが・・・文字数は自ずと多く必要になります。

ただ、あまりにも多いと記事の先が読まれません。

 

これは僕の経験上、絶対です。

ウェブの情報は書籍の情報とは違うので、読者が求める最適な長さがあるんです。

 

その目安が6000字程度。

読み応えがありつつ、読む気をなくすような文字数ではないため、6000字くらいの文章量がちょうど良いかと思います。

ただ、ある程度のビックワードで検索エンジン上位を獲得していくとなると、10000字ほどが必要でしょう。

また、トレンド記事の場合はサクッと書いて集客さえ出来れば良いので、2000字程度で良いと思います。

 

記事の種類 文字数の目安
トレンド記事 2000字程度
価値提供の記事 通常の記事は6000字程度
ビッグワードを狙うなら10000字程度
レビュー記事 6000~8000字程度

 

あくまでも目安です。

レビュー記事に関しては「特典」の部分で厚みが出てくるとどうしても文字数が多くなってしまう場合があると思います。

とりあえず、どんな記事を書くとしてもあんまり多くの文字数になってしまうと先が読まれない嫌煙される記事となりますのでご注意下さい。

 

では、続いて

アフィリエイトで記事を書く上で役立つテンプレート

をご紹介します。

 

ただ、テンプレートと一言でいっても「レビュー記事」や「価値提供の記事」ではその目的が若干異なってきます。

そのため、ココでは共通して利用できるテンプレートを紹介します。

ブログアフィリエイトではこの流れで書いていけばOK。

 

①共感

②問題提起

③解決方法

④まとめ

 

このテンプレートはインプットした情報の整理をおこなう上でめちゃくちゃ便利に働きます。

それぞれのセクションの詳細はこんな感じ。

 

共感

「共感」ブロックでは、読者が抱えている悩みや不安を改めて確認して共感を示します。

ブログの記事は、ほぼ確実に検索エンジンで何かのワードについて検索をかけた結果辿り着きます。

そのため、絶対に何か特定の情報について知りたいと思っていると言うこと。

特定の情報を知りたいという事は、何かしらの悩みを抱えていると言うことなので、それを想定して悩みの明確化、共感をします。

例えば、この記事では最初に「記事が書けない人」について触れていますよね。

そして、書けない人はどうすれば良いのか・・・と言う問題提示をおこない「ネタ集め」と言う項目に繋げています。

問題提起 記事を書く際には必ず「問題提起」をして、何が問題となっているのかを言語化して上げる事が大切です。

読者自身、自分で抱えてる悩みがどんな問題なのか分かっていない事が多いので、問題を定義して分からせて上げるということです。

この記事では「記事が書けない」ことの問題は「インプット」が足りないからだと解説をしました。

解決方法 問題を提起した後には必ずその解決策を提示します。

この記事では「記事を書けない人」への解決策が延々と続いていますね。

「インプット方法」「ブログの構成方法」「記事の構成」・・・その全てが書けない人への解決策となっています。

まとめ 記事の最後は必ずまとめを入れるようにします。

読者は最初に読んだ情報なんて忘れていますから、最後にしっかりと思い出させて上げます。

そうすることによって読者の満足感は高まります。

 

 

これはどんな記事に対しても有効なテンプレート。

特に、「問題提起 → 解決策」の流れは記事の根幹であり、基本的な流れとなりますので抑えておいて下さい。

インプットした情報をどのセクションで提示するのかは整理して行く必要があります。

 

実際に記事を書いていくとなるとインプットした情報だけでは足りなくなると思います。

そこで検索をかけたりしてどんどん情報の肉付けをしていくことになると思いますが、そこで得た情報を「共感」「問題提起」「解決方法」の何処で使っていくのかを整理します。

整理するには得た情報を1度箇条書きにして、どれがどのセクションに当てはまるのかを考えて行けば上手くまとまります。

 

記事を書く際には、手を動かす前にこの構成を考える作業が重要となるので、面倒だとしても実践して下さい。

記事の構成さえ出来れば、あとは手がどんどん動いていって文章が書けるようになります。

僕の場合は、この記事の構成にかける時間の方が多いですね。

文章のわかりやすさ、記事を読んだ後の満足感はこの構成の部分でほぼ決まっていきます。

 


 

まとめ

以上が、「ブログアフィリエイトでの記事の書き方」解説まとめ。

僕が実践しているそのままの内容となります。

 

インプット

記事を書く手が止まる・・・という悩みは絶対に出てきますが、その悩みは確実にインプット量が足りていないことから発生します。

質の高い情報をインプットしていると自然と書きたい気持ちがわき上がってきますので、手が止まる人は1度インプットに力を入れる事をお勧めします。

 

インプットを何からおこなえば良いのか・・・それは、

  1. ウェブ
  2. 動画
  3. 情報商材

の4つでしたね。

 

この4つを活用していけば情報が枯渇することは、まずあり得ません。

効率よくインプットをしていくことによってネタ切れする事はありませんのでご安心を。

 

ブログ構成

インプットをしたら、いよいよ記事を書いていくことが可能となります。

記事を書く上でまず考えるべきは「ブログの構成」です。

ブログはこの3つの記事・・・

  • トレンド記事:10%
  • 価値提供の記事:70%
  • レビュー記事:20%

で構成します。

 

記事構成

そのブログを構成する記事を書いていく上で「4つの学習タイプに訴求する要素」と「テンプレート」を活用しましょう。

4つの学習タイプとは・・・

  1. なぜタイプ(Why)
  2. なにタイプ(What)
  3. どうやってタイプ(How)
  4. 今すぐタイプ(Now)

でした。

 

テンプレートは・・・

①共感

②問題提起

③解決方法

④まとめ

でした。

 

実践ステップ

実際に記事を書いていくステップはこうです。

ステップ1:インプットをする(情報の肉付け)
ステップ2:テンプレートを確認して情報の整理をする
ステップ3:手を動かして文章作成
ステップ4:4つの学習タイプに訴求しているかチェックリストを確認

 

今すぐ記事を書く気になれなくても大丈夫。

それはインプットをしていないからです。

まずは隙間時間にインプットをしてどんどん情報を蓄えましょう。

 

この記事に関して何か分からない事があればスグにメールを下さい。

ハクへの問い合わせはコチラ

 


 
今ではこうして色んな方に感謝されながらネットビジネスを教えていますが、ココまでくるのにはもの凄く遠回りをしてきました。 
 
その振り幅の広い経験値から、あなたに「稼ぐためにはコレをすべき」とどうしてもお伝えしたい事がありまして・・・ 
今回は僕のメルマガに登録をして頂いた方に無料プレゼントという形でお届けすることにしました。 
 
  • ネットビジネスを実践してもなかなか稼げない・・・という人
  • 初めて取り組むから何から初めてら良いのか分からない・・・という人
には、是非とも受け取って欲しいプレゼントをご用意しています。   
 
僕がうまくいかなかった時期から、どのようにして成功することができたのか。 
ここまで読んでくれたあなたにこっそり教えます。 
 
さらに、シークレット特典もご用意しています・・・詳細はこちらをお読み下さい。