どうも、ハクです。

僕はアフィリエイトであらゆる手法をおこなっています。

その中でも軸となっているのが「物や情報を販売するアフィリエイト」です。

 

はい、出たー販売系のアフィリエイトー。(;´Д`)

って思う人も多いですよね。笑

僕も以前はそうでした。

 

インターネット上でブログの読者に商品を売り付けるとか無理でしょ。

どうせ詐欺的に宣伝文句で煽って商品を販売しないと結果出ないんでしょ。

 

ホントにそう思っていました。

多分、販売系のアフィリエイトに↑このようなイメージを抱いている人ってめちゃくちゃ多いと思います。

 

その気持ち、すごく良く分かるんですが・・・

実際に販売系のアフィリエイトに取り組んでみた結果、そのイメージは全く変わりました。

 

率直に位言うと・・・ああ、ものを売るってことのハードルを勝手に高く設定してしまっていただけなんだな・・・と感じました。

詐欺的な商法を全く使わずともきちんと売れていきます

っていうか、ブログの読者もどんどん情報を取り入れて賢くなってきていますので、むしろ詐欺的な手法は売れないですし、売れたとしても長く続く手法ではありません。

 

読者が得ている情報は詐欺についての警戒情報だけではありません。

商品や市場についての情報も豊富に蓄えています。

調べたいことは検索をかければスグに出てきてしまう時代ですからね、そりゃ情報弱者が少なくなっているのも頷けます。

 

じゃあ、一体どうすれば商品を売ることが出来るようになるの?って話ですが・・・

アフィリエイトのコツはお客さんを理解する

こと。

 

物販系や情報商材を扱うアフィリエイトをする場合、よくやってしまう失敗パターンがあるのですが、それはとにかく何でもかんでもアフィリエイトをしてしまうということです。

扱う商品が多くなると、色んな種類の商品を求めている人がブログにやってくるため、より多くの商品が売れていく様なイメージが湧きますよね。

 

それは確かに一理あります。

しかし、扱っている商品を本気で勧めているのかどうかは読者にバレてしまう物なんですよ。

たくさんの商品を扱って可能性という分母を高めたいのは分かりますが、扱っている商品全てを本気で勧められますかって話になります。

 

そんなのは無理ですよね。

 

それに読者は基本的に「必要のないものは必要ない」というシンプルなスタンスです。

いくら熱心に「必要のないもの」を売り込んだところで無理なんですよ。

 

アフィリエイトの商品の中にもどうやったって売れない商品があります。

これは本当に上手くやれば売ることが出来るのですが、そこに大きな努力を費やすよりも、たくさんの人に必要とされる「既にニーズがある商品」を売った方が早いですよね。

 

「既にニーズがある商品」は砂漠で差し出される水

のようなものです。

 

普通の状況で差し出される水

別に暑くもない日に、特に喉が渇いている訳では無い状況で見ず知らずの人にコップ1杯の水を差し出されたらどう思うでしょうか。

 

 

「え、何か薬とか入ってそう・・・」

「受け取ったコップとかどうすりゃいいの・・・」

「とにかく危険を感じるから受け取らないのが吉」

 

 

砂漠のど真ん中で差し出される水

しかし、砂漠のど真ん中で喉がカラカラ・・・水もつきてしまった状況で、見ず知らずの人にコップ1杯の水を差し出されたら・・・?

 

 

一切の思考が停止し、一目散にそのコップを受け取りゴクゴクと水を飲み干しますよね。

 

 

コップ1杯の水は「同じ商品」です。

味も量もお得さも色も臭いも・・・何1つ変わらない同じ商品です。

しかし、状況が変わると・・・正確に言うとその人がどんな状況にあるかで「コップ1杯の水」の価値はダイアモンドにもゴミにもなるわけです。

 

多くの人にダイアモンドだと認識されやすい状況を引き起こすのが「既にニーズのある商品」です。

多くの人が認知をしており、商品の圧倒的実績があり、ネット上にもその商品についてたくさんの情報が散らばっています。

つまり、必要としている人が多いということ。

 

しかし、ニーズが少ない商品だと狭い範囲にバカ売れする可能性があり、しかもそれを独占できる可能性さえあるのですが・・・その狭い範囲を特定して売り込んでいくのが難しいんですよ。

ただ売るだけでは、日本の道ばたでコップ1杯の水を差し出すようなもので通行人はどんどん素通りしていきます。

つまり、必要としている人は少ないということ。

 

どっちの商品を扱った方が収益化しやすいのかは容易に想像できますよね。

この「明暗を分ける商品」を見分けるために、ひたすらたくさんの商品を扱うブログを運営するという方法はアリです。

ニーズが低い商品をあなただけの独占市場で売ることが出来れば、かなりの収益が見込めますし、それが出来るようになると、マーケティングというものに対してめっぽう強くなることが出来ます。

まあやり甲斐はありますが、はたして多大な時間を費やしてやる価値があるのかは本人次第のところがあります。笑

 

ただ、ひたすらたくさんの商品を扱うブログがあなたの収益の根幹を成すことはありません。

あくまでも実験的なブログです。

 

じゃあ

どうやってニーズが高い商品を探すのか

という話になるわけですが、「商品名」で検索をかけてみれば一目瞭然です。

 

検索をかけてみて分かることは

  • その商品名について書かれたページがどれだけの数インターネット上にあるのか
  • その商品をアフィリエイトしている人がどれくらいいるのか
  • その商品についての情報量はどの程度インターネット上にあるのか

と言うことです。

 

Googleで検索をかけると・・・この部分に「約 480,000 件」って表示出ますよね。

 

 

これが、インターネット上でその検索ワードについて扱っているページ数だと思って下さい。

少し時間が経過してからもう1度検索をかけると微妙にこの数字が変わったりするので正確ではないんですが、ほぼ変わらないので信頼して良い数字です。

 

この数字が大きくなればなるほどメジャーな商品だと考えて良いです。

そのため、同じ市場のいくつかの商品名を検索しみて、ここの数字を比較することでニーズが高い商品であるのかどうかが分かります。

インターネット上にたくさんのページがある商品ほど、その商品の需要は高い・・・とは一概には言えないんですが、その可能性は高いです。

 

さらに、検索ページが多いってことはそれだけ多くのアフィリエイターが紹介をしている商品だと言えます。

実際には、検索結果に表示されたページを上からいくつか読んでいって、公式ホームページとか企業の宣伝ページではなく、アフィリエイターが作成しているブログなのかどうかをチェックしてみた方が良いです。

 

アフィリエイターかどうかは慣れてきたらすぐに分かります。

具体的に何処を見たら分かるの?って言われると説明が非常に難しいのですが、個人でやっているブログ形式のものは全てアフィリエイターです。笑

たくさんのアフィリエイターが紹介している商品は間違いなく売れています。

売れていると言うことはニーズが高い。

 

そしてインターネット上にある情報量の多さも1つの指標。

検索ページの数と同義と言えば同義になりますが、その情報の質・・・と言うのでしょうか。

ニーズが少なくあまり使用者が多くない商品は、公式ホームページで得られる情報程度しか他のページ上でも紹介されていません。

しかし、ニーズが多くて使用者が多い商品は、色んな切り口からの情報が多数掲載されています。

 

こうしてニーズがある商品なのか、ニーズがない商品なのかを簡単に見極めることが可能。

簡単すぎるので、実際にはニーズがある商品なのに上記の条件にあてはまらずにスルーしてしまう場合もあるでしょうが・・・最初はそれで良いと思いますよ。

経験を積んでいくとネット上に情報が少なくても売れるだろうと予想できる商品を見つけることが出来るようになります。

 

他のポイントとしてはA8.netのASPなどにある「発生報酬額/クリック」を確認するという手もあります。

「発生報酬額/クリック」は、文字通りその広告から収益化された金額を、広告がクリックされた回数で割った数です。

つまり1クリックあたり何円の収益を上げているのかが分かるって事。

 

A8.netの場合は、たくさんのバナー広告ごとにこの数字が表示されており、「50以上」という表記がされているバナー広告がどの程度あるのかによってその商品が売れ筋なのかを判断できると言われています。

 

具体的には、A8.netの「提携」した商品一覧のページから「広告リンク」をクリックして

 

 

右側の「発生報酬額/クリック」をチェックします。

 

 

コレ、アフィリエイト業界では売れ筋かどうかを見極める方法として紹介されることが多い方法なんですが、僕はぶっちゃけほぼチェックしたことはありません。笑

ただ、知識として知っておくかどうかは重要だと思いましたのでご紹介しました。

 

ここまででニーズがある商品を見つける事が出来ましたね。

 

では、ここからは

アフィリエイトでニーズのある商品を欲しがっている人と結びつける方法

を解説していきます。

 

 

「ニーズのある商品」を手にしただけでは、砂漠のど真ん中でコップ1杯の水をもってただ立ち尽くしているに過ぎません。笑

その水を欲しがっている人を見つけなければ商品を売ることは出来ませんよね。

アフィリエイトではどのように商品と顧客を結びつけるのか・・・。

 

それこそが「キーワード選定」です。

これは僕がアフィリエイト初心者が学ぶべきことの1つだと位置づけています。

それほど重要なスキルです。

 

キーワードとは

ブログなどウェブページを運営したことがない人はピンとこないかもしれませんが・・・例えばTwitterやYouTubeで「桐谷美玲」検索をしたとしましょう。

すると、Twitterでは「桐谷美玲」に関するつぶやきがズラーッと出てきます。

 

 

具体的にはつぶやきの内容やハッシュタグに「桐谷美玲」というワードを含めたツイートが検索結果に現われます。

どんなにツイートをした本人が「桐谷美玲」を称賛した内容のツイートをした意識があったとしても

「きれいだ!美しい!」という内容のツイートをしただけでは、「桐谷美玲」と検索をかけて表示されることはありません・・・。

 

YouTubeでは動画のタイトルに「桐谷美玲」というワードが盛り込まれた動画がひたすら出てきますよね。

しかし、例え動画にどんだけ「桐谷美玲」が出演していようとも、タイトルや動画説明に「桐谷美玲」という言葉を一切使っていない場合は検索をかけても引っかかる事はありません。

 

さて、イメージは湧いてきたでしょうか?笑

以上から、例えあなたがどんなに売れ筋の商品をブログ内で紹介したとしても、その商品の名前を入れなければ検索に引っかかることは無いって事なんです。

 

さらに、検索エンジンにそのキーワードを認知させる「強さ」は

本文 < 見出し <タイトル

の順に強くなります。

つまり、いくら本文に「商品名」をたくさん出したとしても、タイトルに「商品名」を入れた記事には勝てないんですよ。

 

だから、「タイトルにどんな語句を入れるのか」「どんな読者をブログに呼び込むのか」を決定づける大きな要員となる事を覚えておいて下さい。

 

●キーワード選定

キーワードがわかると、次は「キーワード選定」が理解できるようになります。

例えば、男性用のメンズスキンケア用品「スベリ-」をアフィリエイトする場合。※「スベリ-」という商品は実際には存在しません。

 

「スベリ-」をアフィリエイトする場合、

「スベリ-」をもっとも購入したいと思っている人は検索フォームに「スベリ-」という語句を入れる人です。

既にこの商品を知っている上で、さらに商品の深い情報を知りたいって思っている人だということです。

 

その場合、

「スベリ- + 効果」

「スベリ- + 成分」

「スベリ- + 返金保証」

「スベリ- + 口コミ」

とかの検索ワードで調べる人が多いと予想できます。

 

あとは、

「メンズスキンケア + おすすめ」

「男の化粧品 +毛穴」

などのワードでも商品を販売していけますね。

 

ただ、商品名でダイレクトに検索をかける人にくらべると、特定の商品の購買意欲は低いと考えられます。

 

これがキーワード選定です。

どのワードでキーワードをとっていくのか。

それによってどの程度購買意欲が強い読者が集まるのかが決定づけられるわけです。

 

ここまで読んだ方ならばもうお分かりですね。

喉から手が出るほどその商品を欲しがっている人を集客できるかどうか・・・それがキーワード選定にかかってるっていう話。

 

だからどんなに売れ筋の商品を扱っていたとしても、

それを砂漠で売らずに、普通の道ばたで売ってしまったらゴミと化しかねないですし、

逆に砂漠で売れば何もせずともバカ売れになってしまうと言うことです。

 

売れる商品 × 欲しがっている人

を実現できれば普通に収益が上がっていきます。

 

冒頭で販売系のアフィリエイトは詐欺的に煽ったり、難しそう・・・というイメージがあると思うという話をしましたが、少しはイメージが変わったでしょうか。

↑この公式が作れさえすれば、ものは売れます。

 

「売れる商品」に対してたくさんのキーワードを選定することも可能ですし、逆に商品をいくつか扱うことも出来るわけで、

それを確かに積み重ねていくことで収益が発生する場所が多発することになり、普通にサラリーマンの月収を超え出すようになるんです。

 

僕が実際キーワード選定のスキルを高めた方法は、トレンドアフィリエイトです。

瞬時に爆発的なアクセスを求めるトレンドアフィリエイトの手法は、少しのキーワードのズレが致命的になるため、ユーザーがどんなワードで検索をかけるかを予測して記事を作成していくスキルが身に付きます。

その様な理由で僕はアフィリエイト初心者が実践する方法としてトレンドアフィリエイトはお勧めしている訳ですが、いろいろ気をつけないと僕みたいに大きく遠回りする事にもなりますので・・・それについては別の記事で解説をしています・・・。笑

 

トレンドアフィリエイトなんか実践してらんねーよ!と言う人は、キーワード選定のツールを使うことをお勧めします。

 

実際、トレンドアフィリエイトには時間を割く価値があるのか・・・

って聞かれたら、確かな資産としてブログを残せるならばやる価値があると思いますが、もしもGoogleから検索外へ飛ばされてしまったら時間の無駄になってしまう可能性もありますので、

ツールを使ってキーワード選定を楽にするっていうのはアリです。

 

先ほど売れ筋の商品は多くのアフィリエイターが扱っているということを解説しましたが、それはつまり売れ筋の商品は売れるが、ライバルのアフィリエイターが多いということを指しています。

そのため、ツールを利用することでライバルと被らないようなキーワードを選定して、売れ筋の商品をライバル不在で販売していくことが出来れば、かなり楽に収益を上げていくことが可能になります。

 

僕のお勧めのキーワード選定のツールは「COMPASS」。

 

 

アフィリエイター専用SEO分析ツール「COMPASS」

「COMPASS」は、あなたのブログの検索順位も簡単に調べることが出来ます。

検索順位が上位になると、当然集まる読者も増えますので、アフィリエイターにとっては知っておくべき情報です。

無料のサイトでも検索順位をチェックできるサービスを提供しているものはあるのですが、一括にチェックできないし、キーワード選定の機能は搭載されていないので、

作業の効率化を図るのならば有料のツールをゲットしておいた方が良いと思います。

 

アフィリエイターの最大の仕事は「良質な情報を無償で読者に提供する」ということ。

そのために省ける作業は徹底的に省き、どんどん良質な情報を提供することに時間を割くことに重点を置いて下さいね。

 

ツールを使用せずにキーワード選定をしていくならば、Googleの検索ページの下にある検索候補の欄や、Yahoo!の虫眼鏡ワードをチェックすることをお勧めします。

他にはどんなワードで検索をかけているのかがわかるため、どんな記事を書いていけばヒット出来るかの予測を立てることが出来るようになります。

 


 

まとめ

今回はアフィリエイトで学ぶべき最重要スキルの1つに位置づけている「キーワード選定」と「売れる商品」の発掘方法をご紹介しました。

「売れる商品」は

  • その商品名について書かれたページがどれだけの数インターネット上にあるのか
  • その商品をアフィリエイトしている人がどれくらいいるのか
  • その商品についての情報量はどの程度インターネット上にあるのか

という3点やASPサイトをチェックすることによって見つけ出すことが可能です。

 

それを効率的に販売していくためには「キーワード選定」をしていく必要があります。

「キーワード選定」をして行くに当たり、僕がお勧めする手法は

  • トレンドアフィリエイトの実践
  • キーワード選定のツールの使用
  • 検索ページ下部の検索候補を確認する

という方法をご紹介しました。

 

以上の情報を合わせ

売れる商品 × 欲しがっている人

を実現させましょう。

 

この記事に関して何か分からないことがあったり、僕に聞いてみたいことがある人は何でもメール下さい。

ハクへの問い合わせはコチラ

 

 


 
今ではこうして色んな方に感謝されながらネットビジネスを教えていますが、ココまでくるのにはもの凄く遠回りをしてきました。 
 
その振り幅の広い経験値から、あなたに「稼ぐためにはコレをすべき」とどうしてもお伝えしたい事がありまして・・・ 
今回は僕のメルマガに登録をして頂いた方に無料プレゼントという形でお届けすることにしました。 
 
  • ネットビジネスを実践してもなかなか稼げない・・・という人
  • 初めて取り組むから何から初めてら良いのか分からない・・・という人
には、是非とも受け取って欲しいプレゼントをご用意しています。   
 
僕がうまくいかなかった時期から、どのようにして成功することができたのか。 
ここまで読んでくれたあなたにこっそり教えます。 
 
さらに、シークレット特典もご用意しています・・・詳細はこちらをお読み下さい。