どうも、ハクです。

アフィリエイトを実践していく上で重要なのは、ひたすら質の高い記事を更新し続けていくことです。

僕は年末年始関係なく、これほど文章を書き続けるか、これほど文章と向き合うか・・・ってくらいひたすらキーボードをたたき続けている訳ですが。笑

実際は自分次第で作業をコントロール出来ますので、そこまで追い込んで文章を作成し続けなくても良いのですが、僕は結構文章を書くのが好きみたいです。笑

アフィリエイトを実践してみて始めて気づきました。

 

そんな話をしたわけでは無くて。笑

 

文章を書くということはひたすらアウトプットする作業

なんですよ。

 

「アウトプット」とは、どこかで聞いたことがある言葉だと思いますが、自分の中に取り込んだ知識や情報などを外に向けて発信することを指します。

文字に起こすと何だかまがまがしい感じがしますが、要は話すこともアウトプットの1つです。

昨日見たテレビの話やドラマの話をするのって、「昨日テレビを見た経験」が無いと出来ない行為ですよね。

 

このアウトプットの中で代表的な日常的行為として「話すこと」に並ぶのが「書くこと」

 

あんまり文章を書くことがない人はそこまで思い悩んだりしないと思いますが、いざ文章を書くとなったら自分の中に情報がため込まれていなければ何も書き出すことが出来ない事に気付きます。

 

小学校の時に書いた「読書感想文」だってそうです。

読書感想文は特定の本を読んだ経験が無ければ絶対に書くことが出来ませんよね。

他の「読書感想文」を読んで、何となく真似をして情報をまとめることは出来ますが、基本的にその本を読んだ経験値が無ければオリジナリティのある「感想文」をまとめることは出来ません。

 

こんな基本的な作文でさえ、自分の中に「書くための情報」がインプットされていなければ書くことが出来ないんです。

つまり、文章を書く作業っていうのはただひたすら続くアウトプット作業だということ。

自分の中に吐き出すものがなければ1文字たりとも文章を書くことは出来ません。

 

今、こうして僕は文章を書いていますがこの記事を書くに当たって、

  • いくつかの参考になりそうなウェブページや書籍をピックアップして、
  • その情報と自分の経験値を混ぜ込んで落とし込み、
  • 記事全体の構成を考えていき、

やっとキーボードを叩き始めています。

 

「書く=アウトプット」の作業をするためには、情報をインプットしてまとめていく作業が必要となります。

そしてインプットした情報はアウトプットをすることによって頭の中に定着していきます。

 

つまり「インプット」「アウトプット」は密接に関わっていると言うこと。

これをどんどんやっていくのがアフィリエイトって言うビジネスです。

ひたすらインプットをして、それを頭の中に定着させるために文章を書いてアウトプットしていく。

しかもアウトプットする内容は、読者が読んで為になったと感じてもらえるような一定の質を備えたものを意識します。

 

今の時代、分からないことはスグに検索をして解決が出来る時代なので、頭で考えるって事をしなくなっているように感じます。

その点、アフィリエイトを実践する事でインプットしたものを整理して読者に伝えると言う作業をするため、「頭で考える」ことをひたすら実践しなければいけません。

僕はこの点からもアフィリエイトは現代人が是非とも実践すべきビジネスだと思っています。

 

しかし問題は

アフィリエイトではどうやってインプットするのか

って言う話ですね。

 

インプットをしていくのは「本」や「ウェブページ」が中心となります。

他にも人と話をしていたり、テレビを見ていたり、ぼやーっと待ちを眺めるのもインプットのヒントがあったりします。

 

僕の場合は画像を作る事にも興味があるので、街を歩いていて出てくる看板や、テレビのコマーシャルのデザインや、無料で家にポスティングされるチラシなどもインプットの対象になります。

また、コピーライティングを学んでいくとチラシやコマーシャルに登場する単語のチョイス、文字の並び、どうやって引きつけるのかという点も気になるところですよね。

 

例えば、僕の場合は街中にあるこんな画像とかも撮影しています。

 

 

「人に読まれるために制作されたもの」は何かしら読まれるための工夫が施されているので、意外と「発見」があるんですよ。

 

インプットのポイント

このようにインプットする材料は至る所に転がっているわけですが、問題はそのインプットした材料を整理する能力

「インプット」というと情報を暗記して、いつでも頭の中から引き出すことが出来るようにしなければいけない・・・というイメージを持つ人も多いと思います。

 

しかし、それは必要ないです。

頭の中に情報が入り、いつでも取り出せるような状況は理想的ですが、冒頭で紹介したようにインプットとアウトプットを繰り返す事によって記憶が定着していきます。

そのため、インプットの作業だけで暗記をしよう・・・とか、インプットした情報を忘れないように大切に扱おう・・・とか言うのは論外です。

 

そうやって大切にインプットした情報を扱おうとする思いが、逆にアウトプットをする手を止めさせてしまいます。

そうなったら最悪です。笑

アウトプットしないとインプットした意味がなくなってしまいますから。

 

結構多いんですよね・・・インプットしたらインプットしたまんまになってどんどん忘れて言ってしまう人。

結局記事も書けずにインプットしただけでニヤニヤして終了な人。

 

これではいつまでたってもブログで収益を上げていくことは不可能なので、どんどんアウトプットをしていってください。

 

その上でポイントとなる点は、

  • 「必要な部分だけを吸収すれば良い」程度の認識で軽い気持ちでインプットをすること
  • 暗記をするのではなくて情報を整理して取り出せる事が出来るようにすること

です。

 

そして時間が許すならばそのインプットしたい情報を繰り返し読んだり見たりすること。

この繰り返しの作業によってアウトプットした際の記憶への定着率は遥かに高くなります。

 

  • 頭に情報を入れるのでは無くて、いつでも引き出せる環境を手に入れるために
  • 何度も何度もその情報に触れることが出来るような環境を手に入れるために

重要となる点は、「情報を整理していつでも取り出せる状況にすること」です。

 

そこで今回は僕がインプットをする際に情報を整理している三種の神器を紹介します。

 

僕が使うインプット三種の神器

そこで活用できるのが「メモアプリ」「写真撮影アプリ」「Googleドライブ」です。

僕はほぼ全てこの3つのツールを利用して情報を整理しています。

 

 

まず、メモとして利用するアプリはEvernote(エバーノート)

このアプリの素晴らしいところは、まとめたい情報ごとにメモをまとめていくのが簡単なことと、パソコンとの連携も簡単にできること、そのメモに画像も挿入していける点です。

頭に思い浮かんだことなどを瞬時にメモできる愛用アプリを持っているのかどうかで、情報のストック力が全く異なります。

何でも良いのでメモ系のアプリをスマートフォンに入れておくことをお勧めします。

 

 

次に「写真撮影アプリ」

 

 

これは説明不要ですね。笑

普通にスマートフォンに内蔵されているアプリです。

普通に手書きでメモを取ったり、スマホにメモを入力したりするよりも早く画像として保存できますので、時間が無い時や、後で整理しようという場合などに重宝します。

当然ですが、Evernoteを使用すればその画像さえもメモに挿入できますので便利。

 

 

最後に「Googleドライブ」

意外と認知度が低いんですが、ExcelやWordといったソフトの簡易版をGoogleのページで利用できるんですよ。

まずはGoogleのトップページへ移動。

Googleメールのアカウントを作っていない方はこちらのページをご覧下さい。※アカウントがなければ利用できません。

Googleのトップページにあるこの部分をクリックして、「ドライブ」をクリックします。

 

 

「マルチドライブ」をクリックして表示される「Googleスプレッドシート」を利用します。※「Googleドキュメント」はWordに似たツールです。

「Googleスプレッドシート」はExcelに似たサービスを利用できます。

僕はこんな感じで情報を整理しています。主にウェブページの整理ですね。

 

 

「自分が書きたいネタ」を上げ、

その横に参考になりそうな記事をピックアップしてそのURLを記載し、

必要な補足情報などがあればメモを入力する欄を用意します。

 

既に投稿した記事と、まだ書いていない記事を色分けするのも簡単なのでかなり重宝しています。

この三種の神器を用意するだけでかなり情報の整理が出来るようになります。

 

インプットしたものをアウトプットする

 

こうして整理した情報をアウトプットしていきます。

先ほども記載しましたが、インプットをして満足してしまい一向にアウトプットをしない人がいます。

この状況は最も避けたい状況。

 

インプットして情報をため込んだだけの状況に陥らないためのポイントを解説していきます。

 

文章は段取りの能力

文章を書くという作業は、段取りの能力。

僕はそう思っています。

 

タイトルを設定して、最後に結論づけたい方向性を決定づけ、その間に配置する情報を構成します。

全ての段取りを設定して、あとはその用意した段取りに文章を投下していけば記事が出来上がります。

 

文章が全く書けない場合は、そもそも書く材料が全く無いという場合を除いて、頭がこんがらがってしまっているからです。

こんがらがっている状態だと文章を書く気になりません。

しかし、それはこんがらがっているだけで、全然文章を書くセンスが無いとか言う話ではありません

 

むしろその絡まっている糸をほどいて上げる事が出来れば、するするーっと一気に素晴らしい文章を書き上げるセンスを持っている場合が多いんですよ。

そこで必要なのが「段取り」。

こんがらがってしまわないように、情報を整理してアウトプットに備えます。

 

段取りを容易にするステップ

段取りを容易にするためのステップは以下の5つです。

STEP1:ネタだし
STEP2:重要なキーワードを書き出す
STEP3:順番を整理
STEP4:最後の文章を決める
STEP5:タイトルを制定

 

STEP1:ネタだし

ネタを出す前に情報収集するのか、ネタを出してから情報収集をするのかはどちらでも良いです。

ネタが出たら先ほどの「Googleスプレッドシート」で情報を整理していきます。

 

ネタを出すのが困難に感じる人は、人に相談をしてみるとネタが見つかりやすくなります。

話をしながらネタを出す際にメモをとるのは先ほどの「Evernote」などのアプリが効果的ですね。

 

相談相手が見つからない場合は僕にメールを下さい。^^

ハクへの問い合わせはコチラ

僕とSkypeでもしましょう。笑

人と話をすると、「自分はこんな記事を書いて読者に情報を提供したかったんだ」とか、「自分が知りたいことはコレだったんだ」とか、「ブログを構築していく上で必要なネタはコレか」などなど・・・

どんどんアイディアが出てくる場合が多いです。

 

 

STEP2:重要なキーワードを書き出す

ネタが出てきて情報が集まると、その中で重要となるワードをピックアップしていきます。

その記事の根幹を成すようなキーワードとなるワードですね。

ここで上げていくワードは何個でもOK。

ただ、重要度別にランクを付けて整理すると効果的。

 

上げたワードの中から、同時に説明をしていった方がいいもの、似ているものをグーループに分けていきます。

似ていなくても「このワードは、コイツにくっつけていこうかな・・・」というゲームのような感覚で設計していっても良いです。

そのグループを3つ~5つ程度用意。

グループの筆頭となるリーダー的存在のワードは重要度の高いものにします。

これが文章全体の骨格を成していきます。

 

要は単語から文章の骨格を作っていくってことです。

それを意識して単語の羅列を整理していけば上手く情報を扱えるようになると思いますよ。

 

 

STEP3:順番を整理

先ほどのステップで書き出したグループの順番を整理します。

これがそのまま文章の構造に。

最初にワードを出して列挙させただけのものがグループに分けられ、重要度や順番が付け加えられると、情報の際立ち方に変化が起こります。

 

文章全体の構造が見えてくると「書くぞ!」という気合いが入ってきます。

っていうか書きたくてウズウズしてくる感覚があるはずです。

 

 

STEP4:最後の文章を決める

ウズウズする気持ちを抑え、まだステップを踏んでいきます。

そこで次に踏むべきステップは「最後の文章」を決めること。

 

「いきなり最後の文章をかくのかよ・・・(゜Д゜)」

と思うでしょうが、ゴールが決まっていると文章の書き出しが安定します。

もちろん人のタイプによってはゴールを制定すると書きにくいと言う人もいると思いますので、合わない人はこのステップを飛ばして欲しいのですが・・・

文章を書いているとふらふら主張がずれてしまい、何処に終着するのか分からなくなってしまうことが多々あります。

 

そのブレが起きる度に手を止めて構想を考えるのでは時間も無駄ですし、記事全体が同じ態度を示すものでは無くなってしまう可能性があるので、「まずはゴールを決めてみる」というのが大きなポイントとなります。

 

ちなみにこの記事の最後の文章はコレです。

「インプットとアウトプットを如何に効果的に進めていくかが記事作成の大きなポイント。

情報を整理して段取りを組み、1つ1つのステップを踏んでいくことによって容易に進めていくことが可能になります。

文章を書くこと(アウトプット)は段取りの能力が重要。

そのために、情報を日頃から整理する習慣を心がけましょう。」

1文ではないですが・・・(;゜ロ゜)

 

僕がこの記事で最も伝えたいのは文章を書く事は段取り力だってこと。←コレ、あんまり主張している人いないから斬新で頭に残りやすいでしょ?笑

「文章を書く」事と「段取り能力」という結びつかないものを掛け合わせた主張はインパクトが大きいです。

このように、最後を締める文章はふわっとした内容で終わらない方が良いです。

 

例えば

「アウトプットはインプットが大切です。

インプットは情報をとにかく読み込むことが大切なんです。

読み込めば記憶に残りやすくて書きやすくなります。」

↑これだと超絶ふわっとしているでしょ?笑

 

これでは絶対に読者の記憶に残りません。

最後の文章は記事の中で最も言いたいことを凡庸さから抜け出した伝え方で書き出すことが大切です。

最初はそこまで意識しなくてもいいですが、記事を書くのになれてきたら凡庸さを脱する工夫も忘れないで下さい。

 

 

STEP5:タイトルを制定

タイトルを決めたらあとはゴールに向かって1直線に進んで行けばOKです。

 

 

以上の5ステップが文章を書く際の段取りを容易にするステップです。

インプットした情報、整理した情報をアウトプットしていくのが苦手な人は上記のステップを意識して文章を書いてみて下さい。

必ずこのステップじゃなきゃ駄目!とかではないので、適宜自分でやりやすいように形を変えながら実践してみて下さい。

 

 

まとめ

今回はアフィリエイトでひたすら繰り返す「インプット」と「アウトプット」について解説をしました。

「文章を書く」ということはあなたの中にある情報を紡ぎ出すアウトプット作業そのもの。

そのため、インプットした情報が無ければ記事を書くことは出来ません。

 

インプットをする際のポイントは以下の2つでした。

  1. 「必要な部分だけを吸収すれば良い」程度の認識で軽い気持ちでインプットをすること
  2. 暗記をするのではなくて情報を整理して取り出せる事が出来るようにすること

 

インプットに必要なのは暗記力ではなく情報の整理なので、僕は3つの情報整理ツールを紹介しました。

その3つのツールとは「メモアプリ」「写真撮影アプリ」「Googleドライブ」です。

 

そして整理した情報を段取りを組んで記事化していきます。

記事にしていく上で踏んでいくステップはこの5つです。

STEP1:ネタだし
STEP2:重要なキーワードを書き出す
STEP3:順番を整理
STEP4:最後の文章を決める
STEP5:タイトルを制定

形式にこだわらず、参考程度に留めて自分なりのスタイルを決定づけて行って下さい。

 

インプットとアウトプットを如何に効果的に進めていくかが記事作成の大きなポイント。

情報を整理して段取りを組み、1つ1つのステップを踏んでいくことによって容易に進めていくことが可能になります。

文章を書くこと(アウトプット)は段取りの能力が重要。

そのために、情報を日頃から整理する習慣を心がけましょう。

 

この記事に関して何か分からないことがあったり、僕に聞いてみたいことがある人は何でもメール下さい。

特にネタ出しでつまづく人は僕を有効的に活用してみて下さいね!

ハクへの問い合わせはコチラ

 


 
今ではこうして色んな方に感謝されながらネットビジネスを教えていますが、ココまでくるのにはもの凄く遠回りをしてきました。 
 
その振り幅の広い経験値から、あなたに「稼ぐためにはコレをすべき」とどうしてもお伝えしたい事がありまして・・・ 
今回は僕のメルマガに登録をして頂いた方に無料プレゼントという形でお届けすることにしました。 
 
  • ネットビジネスを実践してもなかなか稼げない・・・という人
  • 初めて取り組むから何から初めてら良いのか分からない・・・という人
には、是非とも受け取って欲しいプレゼントをご用意しています。   
 
僕がうまくいかなかった時期から、どのようにして成功することができたのか。 
ここまで読んでくれたあなたにこっそり教えます。 
 
さらに、シークレット特典もご用意しています・・・詳細はこちらをお読み下さい。